おみくじの順番と平(たいら)!?知るべき事には!


初詣に行くと必ずといっていい程引いてしまう「おみくじ」
内容より気になってしまうおみくじの順番「半吉(はんきち)」「平(たいら)」
が出た場合どのくらい良いのか、良くないのか悩んでしまいます。

スポンサードリンク


「どちらにしても結んだので大丈夫」自分を納得させる事が多いのですが、気
になる順番を確認をしてみると

おみくじの順番

初詣で引くおみくじは、この1年の運勢を決定づける位の気持ちでを引いている
方が多く、どのくらい良くてどのくらい良くないのかが気になります。
おみくじの順番や内容は神社によって変わるのですが、一般的なおみくじは7種類
になり順番は「大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶」

おみくじ_350 もっと細かく分かれている場合では12種類になり
大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

おみくじ_600 凶の多さに驚いてしまいます。
半吉(はんきち)」とは中吉・小吉・吉より良くなく、末吉・末小吉・凶より良い
事を言い、どちらの部分も半分持ってる「吉凶が年間を通じて半々ある運勢」になり
ます。
さらに神社によっては17種類や20種類の吉凶がある場合や、明治神宮では明治天皇の
詩文や和歌をおみくじに、平安神宮では桜の開花状況をおみくじにしたりしています。

「平(たいら)」とは

神社によって内容も様々のですがその中で気になる「平(たいら)
場所に寄って出る事があります。「平(たいら)」がある神社には埼玉県の氷
川神社、京都の下鴨神社、大阪の住吉大社等があります。

埼玉県の氷川神社では「平穏で穏やかな状態なので今の状態が保つのが良い」
真中あたりが「平(たいら)」になります。
「大吉・吉・吉平・平吉・小吉・末吉・・凶向吉・凶末吉・初凶末吉・吉凶未分
・吉凶相交・凶」の13種類。

京都の下鴨神社は「のぼりでもくだりでもなく普通であること」下鴨神社では「凶」
がなく「平(たいら)」が最後になります。

大阪の住吉大社では「良くも悪くもなく凶よりは上」の位置になります。
「大吉・吉・末吉・・吉凶相交・凶末吉・凶向吉・凶」

おみくじ発祥の地と言われている長野県の戸隠神社では「吉と凶の間になり中吉や半
吉とも違う」香川の金刀比羅宮では「大吉・吉・・小吉・末吉」
広島の厳島神社(いつくしまじんじゃ)では「吉でも凶でもなく波風の立たない穏や
かな状態」
京都の石清水八幡宮では「吉と凶が判別しにく状態であるが、運気が安定している状
態なので今の状態がしばらく続く」と言う意味になります。

「平(たいら)」の順番と意味には

「平(たいら)」があり凶がない場合は「凶」の意味になり、「凶」がある神社では
「悪くもなく良くもなく今の状態と変わらない」「普通」の意味で順番は真中辺りに
なる事が多いようです。

「凶」があっても「平(たいら)」がある場合もあり神社によって変わる事になりま
す。順番が気になる場合はおみくじを販売している巫女(みこ)さんに聞く事をおす
すめします。読み方は一般的には「たいら」と呼ぶのですが場所によっては「へい」
「ひら」と読みます。
075806_150 おみくじに「平(たいら)」がある場所とない場所がある理由には、昔は
建(たつ)・除(のぞく)・平(たいら)・満(みつ)・定(さだん)・執(とる)・
破(やぶる)・危(あやぶ)・成(なる)・収(おさん)・開(ひらく)・閉(とづ)

12種類で吉凶を表していた事で、現在のほとんどの神社では「平(たいら)」を抜い
ておみくじを作っているのですが、入れている神社もある事であるなしが生まれまし
た。

◎「平(たいら)」と「平吉(たいらきち)」
神社によっては「平吉(たいらきち)」と言う物もあり平吉(たいらきち)は「平
(たいら)」とほぼ同じ順番になる事が多くなり、場所によっては真中や凶の扱いに
なり、埼玉県の氷川神社では「平(たいら)」も「平吉(たいらきち)」も入ってお
り「吉平(きっぺい)」というのも入っています。☞埼玉県の氷川神社

京都の伏見稲荷大社では「吉凶未分末大吉」(よしあし未だ分からず末大吉)
「向大吉」「平吉」「凶後大吉」「吉凶あいまみえず」となり、順番はないようです。

おみくじとは順番よりも書かれている内容がとても大切になります。大吉を引いても
内容は大吉だと思えない内容の場合もあり、凶でも自分にとって悪いことだと感じな
い事もあります。

おみくじを引いた後は「結ぶ」「持ち帰る」神社によって違います。おみくじに書か
れている場合もありますがわからない時には、結んでいるおみくじがあったとしても
是非巫女(みこ)さんに聞いて確認して下さいね。

スポンサードリンク
 

関連記事

2018年ゴールデンウィークのお休み 新幹線回数券の期間

待ちに待ったゴールデンウィーク、お正月以来やっと訪れる長いお休みです。 寒さも和らぎ、暖かくなって

記事を読む

あやめ しょうぶ かきつばたの違いは!特徴には

菖蒲園で花を見ていたり、菖蒲を育ててみようと探してみると 同じように見える花でも種類が何個かあると

記事を読む

節分恵方巻きの由来とは!意外な意味には

今では節分になるとスーパーだけではなく、コンビニエンスストアでも恵方巻きが 販売されていてます。昔

記事を読む

秋バテの予防は!秋バテとは?症状を今すぐチェック!

夏に夏バテがあることで体重が減って冬の太りやすい時期に備えることができる。 夏バテは体重調整にちょ

記事を読む

冷え性対策飲み物には!選ぶ時には確認を!

普段飲む事が多い紅茶やコーヒー、お茶 いつもあまり気にせず選んでいるのですが、冷え性が気になる場合

記事を読む

水仙の球根育て方は!掘り起こし植え付け時期には

同じ方向を見ている様子がくるくる回る風車飾りのような「水仙」 緑の葉と花の色のコントラストと清楚な

記事を読む

京都 葵祭(あおいまつり)2018年!見やすいポイントは!

京都三大祭の一つ「葵祭(あおいまつり)」 昔には「賀茂祭」、または「北の祭」とも呼ばれ 「春日祭

記事を読む

月見団子はいつ食べる?ベストなタイミングには

竹取り物語や月の中のうさぎ、日本人にとって月は神秘的で神聖な物のイメージ があり、何と言っても月見

記事を読む

朝顔の種まき時期は! 7月でも大丈夫?

学校の教材にもなっている「朝顔」大きな花と緑の葉が夏を感じさせます。 とても身近に感じる「朝顔」い

記事を読む

お盆の仏壇飾り 飾り方は!お供えには

お盆は御先祖様を家に連れて帰り供養をする事から宗派や風習によって お盆の時に仏壇飾りをする事があり

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

ハロウィンが終わり11月になるとクリスマスを感じさせる商品やディスプレ

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑