結婚式の服装 男性は!いつもと違うポイントには


結婚式に出席する事が決まった時必ず悩む事が多い「服装」
特に男性の出席者の場合ビジネススーツや比較的正装に近い服装、礼服風でも
出席出来ればと思うのですが

スポンサードリンク


結婚式・披露宴に出席する正式なスーツの事を「礼服」と言います。
礼服には「正礼装」「準礼装」「略礼装」があり、立場で種類が変わります。

「正礼装」 「準礼装」 「略礼装」
新郎、父親として出席
仲人と媒酌人として出席
直属の上司として出席
伯父や親戚、親族とし出席
仲人と媒酌人として出席
直属の上司として出席
会社の同期として
後輩や先輩として出席
友達として出席

親族は
 父母の兄弟(おじおば)の子供(いとこ)、その子供(いとこ)の子供
 自分の兄弟の子供(おじめい)、その子供(おじめい)の子供
 自分のひ孫までが親族になります。

最上級正礼装になるのは「正礼装」、正礼服を簡単にしたのが「準礼装」
準礼服を簡単にすると「略礼装」少しずつ格が下がります。

◎目 次
▪正礼装
  モーニングコート
  燕尾服(テイルコート) / タキシード
▪準礼装
  ディレクターズスーツ / ファンシータキシード
▪略礼装
  ブラックスーツ / ダークスーツ / 学生服
▪和装
  正礼装 / 準礼装 / 略礼装
結婚式の服装

正礼装

昼はモーニングコート 夜は燕尾服、どちらも後ろが長く前が短い
ジャケットが特徴的です。

昼の正礼装「モーニングコート」

結婚式・披露宴での新郎・新郎新婦のお父様や祖父、主賓
入学式・卒業式の教職員
「ホワイトタイ」と指定がある場合

皇室主催の園遊会・叙勲の授賞式での出席者
内閣発足では男性は「モーニングコート」を着用しています。

一般的には
ジャケット :黒無地、 1つボタン 、衿はピークドラペル
       裾は前から後ろに曲線的に長い

パンツ   :グレーにストライプの柄「モーニングコート」
       裾はシングル(折り返し無し)後ろ裾が長いモーニングカット

ベスト   :黒色又はグレー無地、前はシングル又はダブル

シャツ   :白無地、レギュラーカラー又はウイングカラー
       ダブルカフス又はシングルカフス

ネクタイ  :シルバーグレーや淡いグレーに黒めのストライプ柄
      (レジメンタル柄)アスコットタイ

       


     :黒色、キッドレザー、カーフレザー
       ストレートチップやプレーントゥ

ソックス:黒色 白黒のストライプ

カフスボタン:シルバー又はゴールドの台に真珠・白蝶貝等の白石

サスペンダー:白黒のストライプ

      
チーフ:白無地 麻又はシルク素材 スリーピーク

手袋:一般的は白手袋の布製又は革製、正式には鹿革のグレー

夜の正礼装「燕尾服(テイルコート)」

恐らく一番着用する機会が少なくなる燕尾服、アメリカでは燕尾服を着用するべき
時でも現在ではほとんど着用することはないようです。

一般的には
ジャケット :黒無地、 衿はピークドラペルで拝絹
      (衿に光沢のある生地を張った物)
       前裾はほぼ水平にカット、後ろは長く伸びている       
       前は開けて着用、左右に飾りボタン

パンツ   :黒無地、脇に2本にライン(側章)、股上が深い
       裾はシングル(折り返し無し)後ろ裾が長いモーニングカット

ベスト   :白色 ピケ織り(フラットではなく表面に織り模様がある)
       衿付き 前はシングル又はダブル

シャツ   :白無地、前にUに布を張り付けた(イカ胸)ウイングシャツ
       ボタン部分は飾りボタンが付けられる物
      (スタッドボタン又はスタッズを付ける事が出来る)
       ダブルカフス


ネクタイ  :ベストと同じ生地
       白色 ピケ織り(フラットではなく表面に織り模様がある)の
       蝶ネクタイ

     :黒のエナメル
       内羽根式のプレーントゥ

ソックス       :黒色無地、長め
カフス・スタッドボタン:白蝶貝が最適。スタッド釦はお揃いを
サスペンダー     :白無地

チーフ        :白無地 麻又はシルク素材 スリーピークス
手袋         :白手袋の布製又は革製

結婚式・披露宴での新郎・新郎新婦のお父様や祖父、主賓
入学式・卒業式の教職員
「ホワイトタイ」と指定がある場合

結婚式以外で現在着用するのは
宮廷行事、オーケストラの指揮者、社交ダンスダンス等で着用してます。
昼の場合でも「ホワイトタイ」とある場合は燕尾服を着用します。

夜の正礼装「タキシード」

タキシードは燕尾服の裾を切った物が始まりです。
イギリスでタキシードは「ディナージャケット」とも言われ
どちらも同じタキシードです。

一般的には
ジャケット :黒無地、 衿はピークドラペルで拝絹
       (衿に光沢のある生地を張った物)
        1つボタン、前はシングル
       衿はピークドラペルやショールカラー
       後ろはノーベンツ(後ろの裾に切りこみ無し)

パンツ   :黒無地、脇に1本にライン(側章)
       裾はシングル(折り返し無し)
       後ろ裾が長いモーニングカットにする場合がある
          
ベスト・カマーバンド
       近年ではベストよりもカマーバンドを着用する事が多い
       黒色無地
       午後からタキシードを着用する場合はシルバーやグレー等
       カマーバンドのヒダの折り目の向きは上向き

シャツ   :白無地、レギュラーカラー又はウイングカラーのプリーツ付き
       ボタン部分はボタンを見せない仕様比翼仕立て
       又は飾りボタンが付けられる物
      (スタッドボタン又はスタッズを付ける事が出来る)
       ダブルカフス又はシングルカフス

       
ネクタイ  :黒の蝶ネクタイ、場所によってはクロスタイ、バロックタイ



     :基本的には黒色のオペラパンプス
       黒のエナメル
       内羽根式(紐を結ぶ部分下の部分が上に出ていない)の
       プレーントゥ

ソックス  :白黒のストライプが基本 又は黒無地
カフスボタン:シルバーやゴールド台に黒蝶貝やオニキス

サスペンダー:黒無地
チーフ   :白無地、綿や麻、シルク素材 スリーピークス


タキシードは基本的には「夜の正礼装」なのですが、1970年以降夕方からも着用
するようになります。
現在では午後2時以降(夕方から夜にかかる)から着用している場合もあります。

結婚式・披露宴での新郎・新郎新婦のお父様、主賓
式典やパーティの出席者
「ブラックタイ」と指定がある場合

準礼装

昼の準礼装「ディレクターズスーツ」

日本のディレクターズスーツは
正礼装「モーニング」のズボンと略礼装「ブラックスーツ」のジャケットを一組と
した衣類を「ディレクターズスーツ」と言い準礼装、セミフォーマルな装いになり
ます。

一般的には
ジャケット :黒無地又はダークグレー、濃紺
        2つボタン、衿はピークドラペルやノッチドラペル
       後ろはノーベンツ(後ろの裾に切りこみ無し)

パンツ   :明るめのグレーに黒のストライプの柄
       裾はシングル(折り返し無し)
       後ろ裾が長いモーニングカットにする場合がある

ベスト   :ジャケットと同じ素材又はウール・シルク素材
       グレー又はオフ(白ではなくアイボリー、やや黄色ががった物)
       無地
       前はシングル、衿付き又は衿無し


シャツ   :白無地、レギュラーカラー又はウイングカラー
       ダブルカフス又はシングルカフス
       
ネクタイ  :シルバーグレーや淡いグレイーに黒や黒めのストライプ柄
      (レジメンタル柄)アスコットタイ       

     :黒色、キッドレザー、カーフレザー
       ストレートチップやプレーントゥ
ソックス  :白黒のストライプが基本 又は黒無地
カフスボタン:シルバー又はゴールドの台に真珠・白蝶貝等の白石

サスペンダー:白黒のストライプ
チーフ   :白無地又はシルバーやグレー
       綿や麻、シルク素材 スリーピークス

略礼装

昼夜の略礼装「ブラックスーツ」

昼夜に着用出来る略礼装「ブラックスーツ」
ブラックスーツは海外での「ディレクターズスーツ」の黒のジャケットを組み合わ
せたスーツを参考に日本で登場します。ブラックスーツは日本だけの略礼装です。

昼夜用の装い
結婚式や披露宴、式典やパーティ
一般的なお通や葬儀ならびに告別式に着用します。

一般的には
ジャケット :黒無地
       前はシングル1ボタン、2ボタン、3ボタン
       ダブルでは4ボタン、6ボタン等
       後ろは基本的にはノーベンツ(後ろの裾に切りこみ無し)       
       衿部分にはステッチは無し
          
パンツ   :ジャケットと同じ生地・同じ色
       裾はシングル(折り返し無し)
       後ろ裾が長いモーニングカットにする場合がある

ベスト   :ジャケットがシングルの場合にはベストを着用
       ジャケットと同じ素材で黒色、又はグレー無地
       ベストの前もシングル、衿無し
       場所によってはベストに白衿を付ける場合があります


シャツ   :白無地
       レギュラーカラー又はウイングカラー
       ダブルカフス又はシングルカフス
       
ネクタイ  :白黒のレジメンタル柄(斜めのストライプ)
       シルバーグレー、淡色無地やレジメンタル柄、蝶ネクタイ
       ウイングカラーのシャツの場合はアスコットタイ、クロスタイ

     :黒色、キッドレザー、カーフレザー
       ストレートチップやプレーントゥ
ソックス  :黒無地

カフスボタン:シルバー又はゴールドの台に真珠・白蝶貝等の白石
サスペンダー:白黒のストライプ、黒色
チーフ   :白無地又はシルバーやグレー、綿や麻、シルク素材 スリーピークス
       パーティ等では色ものでも可

場所や地域によって異なるのですが
 シングル:若い人  独身
 ダブル :年配の方 既婚者

に分けられている場合もあります。ダブルの着こなしに必要な体型は年配の方に
多い事から若い人がダブルを着用する事が少なくなります。

これらの礼装に加え、海外での礼装になる「ダークスーツ」やアジアで着用する事
がある「ファンシータキシード」があります。


夜の準礼装「ファンシータキシード」

タキシードは基本的に黒(ブラック)や濃紺(ネイビー)なのですが、それ以外の
色のタキシードを言います。

無地からチェック柄、プリント柄(花柄やペイズリー柄)白色のタキシードは
礼装としては認められない事から日本やアジア独自のタキシードになります。

夜の披露宴での新郎、カジュアルなパーティやステージ衣装等に使われる事が多く
新郎の父親との差別化として新郎が黒(ブラック)や濃紺(ネイビー)以外の
ファンシータキシードを着用する場合はあります。

昼夜の略礼装「ダークスーツ」

日本ではビジネススーツとして主に着用しています。
海外では略礼装として良く使われ、黒のスーツをお祝いや結婚式等に着用する習慣
がない事からタキシードやダークスーツが主に着用されます。

ジャケット:濃いグレー・チャコールグレー、濃紺
      一般的には昼の場合はグレー系、夜は濃紺
      前はシングル
      基本的には無地、柄がある場合はシャドーストライプまで
     (同じ色でストライプの柄を表現している)
kekon stripe 400 パンツ  :ジャケットと同じ生地・色
      裾はシングル(折り返し無し)

ベスト  :基本的にはジャケットと同じ色
      午前中や午後の早い時間から始まる場合はジャケットより薄い色
      濃いグレーのジャケットに薄いグレーやシルバーグレーの
      ベストは可ですが夜は不可

シャツ  :白色無地
      レギュラーカラー又はウイングカラー
      ダブルカフス又はシングルカフス

ネクタイ :シルバーグレー、小紋柄やドット柄
      ウイングカラーではアスコットタイ、夜は蝶ネクタイ
    :基本的には黒色、ストレートチップやプレーントゥ
      夜はエナメル等

ソックス  :黒無地又はスーツに合わせた色
カフスボタン:シルバー又はゴールドの台に真珠・白蝶貝等の白石
サスペンダー:黒色
チーフ   :白無地又はシルバーグレー、綿や麻、シルク素材 スリーピークス

学生服

学生の場合制服があれば「正礼装」「準礼装」「略礼装」の礼服になります。
制服が無い場合大人と同じスーツを用意する必要はなく、華美になり過ぎない
白・黒・グレー・濃紺等で洋服を用意します。

「正礼装」 「準礼装」 「略礼装」
昼は
「モーニングコート」
夜は「燕尾服」
  「タキシード」
学生服
昼は「ディレクターズスーツ」
夜は「ファンシータキシード」
学生服
昼夜「ブラックスーツ」
昼夜「ダークスーツ」
学生服
新郎、父親として出席
仲人と媒酌人として出席
直属の上司として出席
伯父や親戚、親族とし出席
仲人と媒酌人として出席
直属の上司として出席
ファンシータキシードは主に新郎
会社の同期として
後輩や先輩として出席
友達として出席

和装

正礼装

五つ紋の色紋付き羽織、仙台平の縞袴の和装が最上級正礼装になります。
結婚式以外で最上級正礼装を着用する時は
成人式や卒業式、式典等改まった場所の主となる時に着用します。

羽織    :白地を黒に染めた羽二重
       羽織の裏は新郎は必ず白羽二重が正式
       白羽二重以外では色羽二重又は絵羽模様の額裏等 
       紐は丸組み・平打ちの白色
       夏は絽

長着    :紋付き、白地を黒に染めた羽二重
       白羽二重の下着又は衿だけ重ねる「比翼仕立て」
     :羽織・長着に日向紋に染め抜いたもの 
       正式には家紋、わからない場合は好みでも可
 
(はかま):仙台平の縞柄
       仕立ては馬乗りと行灯どちらでも可
       夏は絽の袴

長襦袢   :白羽二重や色羽二重の派手な色以外、半衿は塩瀬羽二重の白
       夏は絽
     :博多や西陣などの角帯、無地・紋織・献上柄の薄い色

足袋    :綿・羽二重の白足袋
履物    :白鼻緒の畳表の草
     :竹骨の末広(白扇)

袴の柄には若い人は太めの縞柄、年配は細め等があるのですが「細めの方」が
上品です。袴の仕立ては「馬乗り」の方足さばきがしやすく見た目も素敵です。

準礼装

「五つ紋付き羽織袴」「三つ紋付き羽織袴」
紋の数によって格下がり、仙台平の縞袴になると最上級正礼装になる事から
準礼装では仙台平の縞袴ではなく無地、紋は五つ又は三つにします。

羽織    :黒以外の「お召」、紐は紐は丸組み・平打ちの羽織と同じ色
       夏は絽や羅、紗

長着    :黒以外の「お召」
     :羽織・長着に五つ又は三つの日向紋
       正式には家紋、わからない場合は好みでも可
 
(はかま):仙台平の無地、夏は絽や羅、紗
長襦袢   :半衿は白、又は羽織や袴に合う色
       又は衿だけ重なって見える「比翼仕立て」
     :博多や西陣などの角帯、無地 袴と同じ色

足袋    :綿・羽二重の白足袋
履物    :着物に合わせた色の鼻緒の畳表の草
     :竹骨の末広(白扇)

お召の場合上下が同じ色で着用する事はなく、羽織と少し色を変えると
お洒落になります。

略礼装

略礼装では一つ紋の色紋付き羽織袴

羽織    :黒以外の「お召」、紐は紐は丸組み・平打ちの羽織と同じ色
       夏は絽や羅、紗

長着    :黒以外の「お召」お召の場合上下が同じ色で着用する事はありません。
       羽織と少し色を変えるとお洒落に

     :羽織・長着に背に一つの紋又は無紋
       正式には家紋、わからない場合は好みでも可
 
(はかま):仙台平の無地、夏は絽や羅、紗
長襦袢   :半衿は白、又は羽織や袴に合う色
     :博多や西陣などの角帯、無地 袴と同じ色

足袋    :綿・羽二重の白足袋
履物    :着物に合わせた色の鼻緒の畳表の草
     :竹骨の末広(白扇)

一つ紋の色紋付き羽織無地の袴は小物に「色がある物」「白色」にする場合が
あります。基本的にはどちらも間違いではないのですが、人や場所でも変わる
場合があります。

和装の場合正礼装以外の着方は場所や地域等で変わる事が多くなります。
出席する際には失礼にあたる着こなしではないか聞く事をおすすめします。
 ☞礼装・略礼装

「正礼装」 「準礼装」 「略礼装」
「五つ紋付き羽織 仙台平の縞袴」 「五つ紋付き羽織袴」
「三つ紋付き羽織袴」
「一つ紋付き羽織袴」
新郎、父親として出席
仲人と媒酌人として出席
直属の上司として出席
伯父や親戚、親族とし出席
仲人と媒酌人として出席
直属の上司として出席
会社の同期として
後輩や先輩として出席
友達として出席

結婚式の服

ジャケットの衿

kekkonshiki eri 5002

ビジネスーツ、リクルートスーツ、カジュアルジャケット等の衿は
ノッチドラベルデザインが多くなります。

シャツ

kekkonshiki shatueri 5502

シングルカフスはボタンでとめるのですが、ダブルカフスはカフスボタンを使います。

ネクタイ「レジメンタル柄」

レジメンタル柄は斜めのストライプ柄になるのですが、ネクタイを正面から見て
 イギリスと日本は右上がり、右が上になるストライプ
 アメリカは左上がり、左が上になるストライプになります。
kekkonshiki tai 180 例えばイギリスで左上がりのストライプ柄のネクタイをすると、一般的には間違っ
た柄と言うイメージになってしまうようです。

日本ではあまり気にする事がないのかもしれませんが、海外でネクタイを購入した
物を使う場合右上がりのストライプかどうか確認する方が安心です。

内羽根式の靴とは紐を通す所の下の部分が表から見えません。
kekkonshiki shose 200 紐で幅を調整しにくいのですが見た目がスッキリとして上品になります。
いつも履く事が多い靴は基本的には「外羽根式」紐で幅が調整できます。

身近にあるスーツと明らかに違う
 「モーニングコート」「燕尾服」
 「ディレクターズスーツ」のパンツ
 拝絹ピークドラペルの「タキシード」のジャケット

それ以外の場普段着ている黒ジャケットや黒の長パンツで代用できるように感じる
のですが、いつものスーツと礼服の違いには

▪黒色
▪ベルトをしない(サスペンダーをする)
▪パンツはシングル
▪ベスト又はカマーバンドを着用

シャツの袖口は出来ればダブルでカフスの装飾
パンツの裾は足が綺麗に見える後ろが長いモーニングカットが好ましい

基本的な色はシルバーグレー、グレー、黒、白、濃紺
靴は黒色、内羽根式の方がエレガント

代用出来やすい物には
 シングルカフスのレギュラーカラー(ボタンダウンは不可)
 黒色、ストレートチップやプレーントゥの靴
 黒のサスペンダー
 スリーピースのチャコールグレーや濃紺のスーツ

礼装として一番重要な「黒色」
普段の黒の靴下を使う場合はスーツの黒に合わすようにします。
 黒色については☞「スーツと礼服の違いは!黒のスーツとの違いには
226464 180 20歳代と30歳代に結婚式のピークを迎える事が多く、30歳代には中途半端な装いは
難しくなります。

「モーニングコート」「燕尾服」「ディレクターズスーツ」「タキシード」
「和装」は一般的には何回も着用する事はない事からレンタルする方が確実なので
すが、日本では結婚式だけでなくお葬式にも使うブラックスーツは礼服として揃
えておく方が安心です。

スポンサードリンク
 

関連記事

父の日ポロシャツのブランドは!着心地で選ぶならこれ!

毎年父の日を迎えると、毎年本当に悩む事の多いプレゼント。さんざん悩むので すが、何枚あっても便利な

記事を読む

ミモレ丈スカートの作り方♪チュール生地の場合

スカート丈が短いと少し幼く感じてしまうチュールスカート。 大人っぽく着こなすには、ミディ丈がエレガ

記事を読む

麻ジャケットのシワは!簡単便利な方法には

麻素材の衣類「ジャケット」や「パンツ」等汗が出ても肌に付きにく事から、好ん で着る事も多くなります

記事を読む

父の日のプレゼント甚平!名入れも出来る甚平には

父の日になるとプレゼント用、ギフトとして箱に入ってパジャマや部屋着売り場 アウター売り場、催し物と

記事を読む

ブレザー ジャケットの違いは?見るとわかる簡単な違いには

洋服を購入しようとお店に入ると 「このジャケットはカジュアルな時も少し改まった時でも使えますよ」

記事を読む

七五三親の服装何を選ぶべき?母親父親の服装には

10月の中旬頃から始まる七五三、特に初めての七五三になる年には気合も入ります。 子供の服装は七五三

記事を読む

ニットとセーターの違いは!呼び方が違う理由には

お店でショッピングをしている時や友達との会話の中、雑誌によっても違う事 がある「ニット」「セーター

記事を読む

チュールスカート作り方♪驚くほど簡単!

チュールスカートはギャザースカートと同じ作り方。 ギャザースカートは作ってみると、とても簡単です。

記事を読む

服の静電気には組み合わせが大切!

▪ドアノブ ▪手と手が触れた時 ▪着替える時 「確実に

記事を読む

スーツと礼服の違いは!黒のスーツとの違いには

男性の場合は特に  結婚式の式や披露宴に呼ばれた時  どちらかと言うと正式なパーティに出席する場

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る