七夕にそうめんの由来は!そうめんの理由には


節分では大豆、雛祭りは菱餅、子供の日には柏餅等
季節の行事には行事にあった食べ物があります。

七夕は自分の家だけで行う行事と言うより幼稚園や学校、イベント等で七夕を行う
事も多い事から、その日の食事に七夕の行事食を食べる事は少ないかもしれません。
実は私も七夕に七夕にちなんだ食べ物を食べた記憶がありません。

スポンサードリンク


七夕にも七夕だから食べるべき食べ物があり、それは七夕らしい意味も加えられ
江戸時代頃から食べられていました。

七夕の行事食

七夕の時に食べる食べ物は「そうめん」
七夕の時には短冊にお願い事を書き、織姫と彦星の年に一度だけの出会いに
心がときめきます。

他の麺類よりも細いそうめんは「天の川」のイメージになり、七夕の由来でもある
織姫こと織女(しょくじょ)のように針仕事の上達を願い始まった事からそうめん
を糸に見立て食べられるようになります。

針仕事の上達を願う時には5色の糸を通してお願いをしていたのですが、この5色は
陰陽五行説の五色(ごしき)になり、5色揃うと厄除けの意味になる事から
昔はそうめんも5色供えていたようです。

現在では普通の白色の場合がほとんどで、色を使う場合は5色の中のどれかを選び
ます。
もし色を選ぶ場合色の意味から選ぶとそうめんにも意味を持たせる事が出来ます。
 色の意味には「七夕飾り意味は!短冊の由来には

「そうめん」と「索餅(さくべい)」

江戸時代になってから貴族や宮中以外の庶民でも七夕をするようになります。
貴族や宮中では「そうめん」の他に一緒に食べられていた物に「索餅(さくべい)」
があります。

江戸時代に食べられていた索餅(さくべい)は油を使って作られる
唐菓子と言うお菓子。そうめんと一緒に索餅(さくべい)と言うお菓子も並べられ
食べられます。

七夕にそうめんと一緒に索餅(さくべい)が食べられるようになったのは
七夕はもともと中国から伝わったのですが、中国から伝わった七夕に

「牽牛(けんぎゅう)と織女(しょくじょ)」そして7月7日に亡くなった
子供の伝説があります。

無病息災の願い

三世紀末の中国の風土記にもあり、中国で伝説として伝わっている話には

7月7日に亡くなってしまった高辛氏(古代中国の伝説上の帝)の子供が鬼神となり
人々に瘧(おこり)・熱病を流行らせます。その事から子供が生前食べていた
索餅(さくべい)をお供えし祭るようになります。

子供の好物だった索餅(さくべい)をお供えして、食べる事で霊を鎮める事ができ
この1年瘧(おこり)・熱病にかからないと言われ食べられるようになります。
この伝説は日本では1214年以降の書物「年中行事抄」にもあります。

平安時代の事が書かれている「宇多天皇御記」には

正月十五日の七草粥、三月三日の桃花餅、五月五日の五色粽、七月七日の索餅
十月初餅等は宮廷の歳事とする

民間行事の一つに「七月七日の索餅」が加えられています。

「そうめん」の「索餅(さくべい)」

江戸時代にそうめんと一緒に食べられたのは菓子の中の唐菓子「索餅(さくべい)」
なのですが、七夕が中国から伝わった奈良時代では
唐菓子としての「索餅(さくべい)」と言うより麺類の「索餅(さくべい)」
だっだと言われています。

◎麺類の索餅(さくべい)
日本では奈良時代に中国からたくさんの事が伝わりその中に「麺類」や「唐菓子」が
あります。

中国では小麦粉に水を加えた物を「餅」と言い その中に日本での麺類が含まれます。
餅の中には湯餅(饅頭・点心)焼餅(煎餅)油餅(揚げパン)湯餅(餃子、こんとん)
があります。

日本のイメージになる細長い麺と言うより小麦を練った物を「麺」と呼び
スープの中に入れる麺は湯餅に入ります。

中国の餅の中には小麦粉と水を練った物
中国の辞書「釈名」では小麦と米粉を練った物とあります。

そして、中国では形で名前がつけられる事から
縄状の形から縄を意味する言葉「索」が使われ「索餅(さくべい)」が生まれます。

平安時代に日本では麺料理に「はくたく」「ほうとう」小さな塊の麺が食べらたと
言う記述があり

奈良時代の貴族の生活が記載されている木簡(木に文字がかかれている物)に
もち米・小麦粉、水で細長く練って2本にし油げた油餅・揚げパンのような物が
書かれており、恐らく分類で言うと「油餅」だったのではないかと思います。

日本に索餅(さくべい)が伝わった時には油で揚げた菓子、唐菓子と言うより
小麦と米粉、水で練った物や縄状の麺であったようです。

食べ方として醤油や酢につけて食べたり、平安中期の事がまとめられて
いる「延喜式」ではごま油で和えたり茹でた小豆を付けて食べられいたと言う事です。
索餅(さくべい)は乾燥して保存食としても食べられます。

◎そうめん
日本の麺は索餅(さくべい)から始まりだと言われ、その中でも索餅(さくべい)は
そうめんの事を指していたと言う事です。

今の麺類になる索餅(さくべい)は索餅(さくべい)と言う以外に
「索麺」「素麺」も用いられ、これらが混じり最終的に「素麺・そうめん」の名が
定着します。

唐菓子と索餅(さくべい)

奈良時代頃に麺と一緒に唐菓子も日本に伝わるのですが、実際の歴史資料はとても少
く、奈良時代や平安時代の日本での菓子は「果実」「果物」の事を指し
その加工品が食べられています。

果物の「果」をより植物となるようにくさかんむりを加え「菓」とし
「菓」は果物を指す意味としても使われていました。

果物の菓子以外の菓子とてい唐菓子が伝わりるのですが、菓子が果物である事から
「からくだもの」と呼ばれるようになり、その後「からがし」や「とうがし」等と
呼ばれます。

平安時代の書物「倭名類聚抄」に唐菓子として八種唐菓子が記載されています。
八種唐菓子は小麦粉で練って揚げた物や焼いた物、小麦粉の団子等があり
主に貴族や宮中、公家の人々の間で儀式のお供え物や食事等で食べられていました。

唐菓子の索餅(さくべい)が現れたのは江戸時代。八種唐菓子に対して十種唐菓子
が現れ、その中に唐菓子の索餅(さくべい)が含まれています。
その事から日本では江戸時代になって菓子として索餅(さくべい)が出始めたようです。

七夕の行事食

七夕の時の行事食になる「そうめん」「索餅(さくべい)」
麺が重なっているように感じるのですが
麺のそうめんと菓子になる唐菓子は別の物になり意味も違いう事から

そうめんは「麺」で「天の川」「糸」のイメージ
索餅(さくべい)は「菓子」で「無病息災」の願い事

そうめんには「収穫を神に報告する」等もあり
最近では風水で恋愛には長い物が良いとされる事から「恋愛運を高める」等も
加えられているようです。

七夕の行事食は「そうめん」と「索餅(さくべい)を食べる事に意味があります。

tanabata soumen sakubei 430 現在も美味しいそうめんを購入しようとすると、他の麺類に比べると少し高価なイメージ
があります。このイメージは昔も同じでそうめんを食べる事が出来たのは庶民以上の事が
多かったようです。

私自身は七夕の時にそうめんやお菓子としての索餅(さくべい)を食べる事がなか
ったのですが、古くから伝わる行事食は是非子供達にも経験してほしいと思っています。

食べ物に三月三日や五月五日のように華やかさはないのかもしれませんが
今年は是非そうめんと索餅(さくべい)を一緒に食べたいと思います。
今年の七夕の日が晴れますように。

スポンサードリンク
 

関連記事

ホワイトデーのお返し義理でもこだわりを感じる物は

ホワイトデーのお返しにもらうと嬉しい物に必ず入っているのは 「スイーツ等のお菓子」「チョコレート」

記事を読む

冬至のかぼちゃ由来には!冬至に食べたいかぼちゃとは

思いのほか好きな人と苦手な人(食べたくない人)がはっきりと分かれている 「かぼちゃ」芋のようなほく

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃと由来には!意外な事実を発見!

毎年10月31日に行われる「ハロウィン」 アメリカでは民間的な行事として定着しています。 毎

記事を読む

七夕の飾りの意味と5色の短冊とは

七夕の時期になるとお店や街の中でのイベントで短冊にお願いごとを書ける コーナーを見る事があります。

記事を読む

ひな祭りの意味と由来は!ひとつひとつの意味には

3月の行事「ひな祭り」春の季節と華やかな雰囲気が女の子の節句にぴったりです。 今では見る事も触れる

記事を読む

こいのぼりの意味は!吹き流しの色飾りの意味には

5月5日は「端午の節句」1948年(昭和23年)には 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる

記事を読む

バレンタインプレゼントの意味は!思いを伝えるプレゼントには!

バレンタインでチョコレートを渡す時には、チョコレートだけではなく一緒に何か プレゼントをしたいと思

記事を読む

冬至にゆず風呂なのは?赤ちゃん敏感肌でも安心なゆず湯には

ゆずはみかんやグレープフルーツのように果肉を食べる果物ではなく 果汁を調味料、皮を香辛料として使う

記事を読む

節分の豆まきやり方は!福を家に入れるためには!

節分になるとスーパーやコンビニエンスストア等で鬼のお面と一緒に販売している 大豆。袋には「福豆」と

記事を読む

冬至のかぼちゃ地域で違う?!かぼちゃレシピの違いには

冬至にかぼちゃを食べたい、かぼちゃ料理を用意しようと思った時に ふと感じたのが「かぼちゃ料理、レシ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る

PAGE TOP ↑