膝の黒ずみのケアは!どうにかしたい黒ずみには


正座をする事は少なく、膝をつく事もほどんどない、どう考えても膝が黒くなる
習慣は見当たらないのですがいつの間にか黒ずんでいる膝。

スカートを履く事が多くなったり、膝を出す事になった時に膝の黒ずみが気になり
一度気になるとどう見ても黒く感じます。

スポンサードリンク


どうにか黒ずみを減らしたい、黒ずみを消したい
そんな時に一度挑戦してほしい膝の黒ずみのケアの方法です。

目 次
膝の黒ずみ
膝の黒ずみケア
  レモンパック / ヨーグルトパック
膝の黒ずみケア「重曹」
  重曹とグリセリン / 重曹とレモン汁 / 重曹とヨーグルト
  塩でスクラブ
膝の黒ずみケア「保湿」
衣類

膝の黒ずみ

膝の黒ずみの原因はほとんどの場合「摩擦」になります。
摩擦を繰り返すとなぜ黒ずんでしまうのかと言うと、皮膚は何度も同じ場所に摩擦
を感じると摩擦から皮膚を守ろうと炎症を起こします。

そして皮膚を守ろうとした炎症を抑えようとしてメラニン色素を発生させます。
何度も繰り返す摩擦から発生したメラニン色素は肌の内側に定着してしまい
茶色や黒褐色として膝に現れる、肌に色素沈着してしまいます。

炎症と効くと皮膚に何が出来たり、虫に刺されて皮膚が盛り上がったりする事だけ
ではなく皮膚をたたくと赤くなる事も炎症になります。

摩擦から肌を守ろうとして起ってしまった色素沈着の他に、摩擦をする事でいつも
と違う皮膚の生まれ変わりになり、それを修復しようと皮膚の過角化と呼ばれる
皮膚が厚くなる、固くなる事が起ります。

皮膚の過角化、厚くなる固くなる事には摩擦以外に「乾燥」も影響します。
皮膚は乾燥をすると皮膚のバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると皮膚
を守ろうと角質を厚くして守ろうとします。

皮膚の内側に定着してしまった色素沈着は角質が厚くなると消えにくいと言う
特徴があります。

 膝の摩擦は「色素沈着」「皮膚の過角化」これらの事が起りやすくなります。
 皮膚の過角化は摩擦だけではなく「乾燥」からも起り、過角化は膝の黒ずみを
 消えにくくします。

膝の黒ずみケア

「摩擦から守る」「乾燥をしないようにする」

膝の皮膚を守る事から膝の黒ずみや皮膚が厚くなったり、固くなったりしてしまい
ます。膝が守っているのは摩擦と乾燥を防ぐためにまずパックをして膝の皮膚の
状態を整えます。

皮膚の厚さや固さはそんなになく、黒ずみを少しでも白くしたい場合は美白効果も
期待出来る成分でパックをします。

レモンパック

レモンには「漂白効果」「古い角質の除去」「新陳代謝の促進」
これらの働きがあります。

(レモンの汁)
①レモンの汁を膝につけ、くるくると角質となじませます。
②10~15分置き、蒸しタオルで拭き取ります。

(レモン)
①レモンの輪切りや使った後のレモンを膝に擦りつけます。
②その後蒸しタオル等で拭き取ります。

お風呂上がりにレモンを擦ると効果的になります。
続ける事でレモンのビタミンが黒ずみを少しずつ消してくれます。

all

ヨーグルトパック

ヨーグルトから出ているように感じる少し粘りのある水のような液体、その液体は
乳清・ホエーと言いそれを使いパックをします。

乳清・ホエーは美白に必要なビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。
肌の奥まで浸透しやすい成分になる事から、皮膚に乗せるだけで黒ずみを消しやす
くします。

①テッシュ又はコットンにヨーグルトの上にある透明な水分
 乳清・ホエーを染み込ませます。
 スプーンを使って染み込ませたり、お皿に乳清・ホエーを入れて
 その中にテッシュやコットンをつけたりします。

②染み込ませたテッシュ又はコットンを膝に貼り10~15分置きます。
③水やお湯で良く流すか、タオルで拭き取ります。

乳清・ホエーだけでは垂れやすい場合はヨーグルトも少し加えると垂れにくくなり
ます。注意する事はヨーグルトが多くならない事。
乳清・ホエーの方が美白効果が高くなります。

ツフ?ツδ環δ督ト 今まであまりケアをしていない、膝の角質は厚い、固い場合は角質を柔らかくして
パックをします。

膝の黒ずみケア「重曹」

皮膚は弱酸性になる事から重曹の弱アルカリ性を乗せると軽いピーリング効果が
あります。その事から擦り過ぎると過度な摩擦になるので擦りすぎややり過ぎには
十分注意する必要があります。

軽いピーリング効果のある重曹と保湿にも効果がある成分を合わせて
パックをします。

重曹とグリセリン

グリセリンは保湿クリームや乳液、化粧水にも含まれるベースとなる成分です。
グリセリンは肌への浸透率が高い事から肌を潤しながらパックをする事が出来ます。

①重曹(小さじ2)とグリセリン(小さじ1)をよく混ぜ合わせます。
②膝につけ、優しくマッサージします。
(マッサージする事で角質を取ります)

③水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取ります。

重曹とレモン汁

レモン汁の「漂白効果」「古い角質を除去」「新陳代謝を促進」と
重曹のピーリングを合わせてより効果的にパックをします。

①重曹(小さじ2)にレモン汁を加え、よく混ぜてペースト状にします。
 レモン汁の量は好みのペーストによって調整をします。

②膝に塗り、柔らかく膝の角質と混ぜ合わせるように
くるくると約1分マッサージし、20分そのまま置きます。

③水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取ります。

重曹とヨーグルト

ヨーグルトにも乳清・ホエーが含まれている事から美白に必要なビタミンや
ミネラルも含まれており角質を柔軟にする作用もあります。
保湿力もあるヨーグルトと重曹を一緒にしてパックをします。

①ヨーグルト(小さじ2)に重曹(小さじ1~2)を加え混ぜてペーストを作ります。
②膝に塗り、柔らかく膝の角質と混ぜ合わせるように
 くるくると約1分マッサージし、20分そのまま置きます。

③水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取ります。

まずはどうしても角質を柔らかくしたい、保湿する物はすでにある場合
スクラブだけが必要であれば家庭に必ずある塩を使ってスクラブを作る事が出来ます。

塩でスクラブ

①ボディーソープや石鹸を泡立て、そこに塩を加えます。
②膝につけ、優しくマッサージします。
③水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取ります。

重曹や塩を使う場合皮膚の表面を擦っている事になるので、やり過ぎてしまうと逆効
果になります。擦りすぎると皮膚はまた守ろうとしてしまい厚くなったり固くなった
りします。

重曹や塩を使う場合は「週1回」
重曹やパックをした使った後は必ず「保湿」をします。

膝の黒ずみケア「保湿」

パックをしても、パックをしなくても必ずする必要があるのは
「保湿」と摩擦から「皮膚を守る事」

膝が黒ずむような事をしているように感じていなくても、膝が黒ずんでいる場合
いつの間にか摩擦が繰り返されている事が多くなります。
膝を摩擦から守る事が必要です。

膝の黒ずみケア「ワセリン」

皮膚を守る作用に優れているのは「ワセリン」
ワセリンは少しの量でもべたついてしまうので薄いかなと思うくらいの量が
ちょうど良くなります。

ワセリンは外の乾燥から皮膚を守る事は出来るのですが、肌に保湿をする働きは
ありません。膝の皮膚が厚くなっていたり、固い場合はまず保湿をしてから
ワセリン塗るようにします。

保湿成分

皮膚の保湿に優れているのは「グリセリン」「セラミド」
グリセリンは水分を吸着しセラミドは水分を挟み込む働きがあります。

肌に浸透しやすい成分にヒアルロン酸があるのですがこれだけでは浸透しにくく
グリセリンとの組み合わせで水分を保持する力が高まります。
セラミドは水分を保持する作用に優れており、高い保湿効果があります。

 保湿をするなら「グリセリン」「セラミド」
 保湿しながら水分も逃がさないのは
 「グリセリンとヒアルロン酸の組み合わせ」

保湿をした場合しっかりと肌に浸透するように蓋をする必要があるので
「ワセリン」「乳液」「クリーム」等を使い必ず蓋をします。

保湿やワセリンの他にはハンドクリーム(ニベア等)やボディークリームも
「摩擦」「乾燥」から膝を守ってくれます。


スポンサードリンク



衣類

衣類の場合スカートよりパンツ、ストッキングは膝への摩擦は多くなります。
立つ・座る・歩く・走る等膝に布が擦れる事が多くなり膝に摩擦が起りやすくなり
ます。

その事から膝だけではなく「ビキニライン」「ヒップ」等擦れる事が多い場所
は黒ずみになりやすくなります。

特にしっかりとした生地になるデニム、ジーンズは摩擦は激しくなります。
比較的ジーンズ(膝が擦れるデザイン)で過ごす事が多い時には、いつの間にか膝が
黒ずんでいるかもしれません。
hiza kurozumi hoka 300 これらの方法は今日ケアしたから明日黒ずみがなくなる方法ではないのですが
まずはこれ以上黒くならないようにする、来年には黒ずみが減っているように行う
ケアです。

私の場合ですがこの夏に黒ずみを減らしたかったので、春頃からスクラブは1週間から
2週間に一度、パックは半年くらいほぼ毎日行っていました。

なぜ半年だったかと言うと季節が冬になり、寒さからパックをする事が難しくなりまし
た。しかし、膝への保湿は必ず行っていました。

冬は体全体に保湿をするタイプだったので使用したのはボデイィークリームになり
朝晩膝には意識して保湿していました。


パックをした夏には間に合いませんでしたが次の春には黒ずみは減ったように感じてい
ます。効果を感じたのはどちらかと言うと「膝の保湿」

クリームを塗ると言う事は摩擦から皮膚を守る事になり、摩擦がないと膝も黒ずむ事は
無くなります。パックをすると感じるのが、パックをした後は白くなっても時間がたつ
とまた元に戻っているように感じる事が多くなります。

これらのパックはして次の日に白くなる言う事はない、今すぐ効果があるケアではあり
ませんが、積み重ねる事で効果が期待できるケアの方法です。

皮膚は細胞になります。細胞は新しく皮膚、古い皮膚、新陳代謝をしているので必ず生
まれ変わります。良い状態にしていると自然に黒ずみは消えて行くはずです。

スポンサードリンク
 

関連記事

家庭用中性洗剤とは 中性洗剤の効果には

そろそろ衣替えだと思い洗濯の仕方を調べたり、スニーカーも汚くなってきた ので洗おうと思い調べてみる

記事を読む

シアバターでクリームを手作り!使いやすくコスパも最高!

肌荒れや乾燥している時は肌は敏感になっている状態になり、その時に使うクリーム はこれ以上悪くならな

記事を読む

リネン 麻の違いは!ラミー ヘンプの違いには

夏が近づく6月頃から登場する事が多い「麻」 麻素材の衣類だけでなくシーツやベットカバー等の寝具や小

記事を読む

食後寝る向きは?覚えておく価値あります!

食事をした後いつの間にか横になり「このまま寝てしまうと太ってしまう!」 と思いながらなかなか起き上

記事を読む

スカートの種類や丈 簡単にわかりやすく解説!

パンツからワンピース、そしてスカートへ 今を感じさせるコーディネイトに欠かす事の出来ないアイテム「

記事を読む

熱中症対策の飲み物は!選ぶべきポイントには!

5月に入り気温が急に上がる時期から注意する必要がある「熱中症」 種類がたくさんあると悩んでしまうの

記事を読む

食後の腹痛下痢が辛い・・・わかりやすく症状を解説!

食後腹痛が起り、下痢になってしまったり軟便が続いている場合には 体が異常を発しているのかもしれませ

記事を読む

日焼け止めノンシリコンは!肌に優しい日焼け止めには

紫外線予防のために日焼け止めや日焼け止め効果が含まれている商品はほぼ1年中 販売されています。

記事を読む

あせもに効く薬は!子供や大人におすすめの薬には

湿度が高かったり汗をかきやすい時になりやすい「あせも」 突然感じる痒みなのですが、実はいつの間にか

記事を読む

静電気防止スプレーは手作り!アレンジも簡単

顔や足にまとわりつきヒップに吸い付く「静電気」 空気が乾燥している時期や 物と物が擦れる事で発生

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2017年~2018年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る