ざるそばもりそば違いは!?簡単チェック!


そばを選ぶ時「ざるそば」「もりそば」「せいろそば」「かけそば」等があり
そばだけを見ると同じに見えるのですが、そこには違いとこだわり
歴史がありました。

スポンサードリンク


そばの歴史は古く約400年以上前から食べられており、日本では高知県でソバの花粉が
発見された事から弥生時代から利用されていたと考えられています。

「ざるそば」と「もりそば」の違い

現代では海苔がついている物を「ざるそば」、海苔がついていない物を「もりそば
と区別する事が一般的になっています。「せいろそば」「かけそば」も加えると
ざるそば もりそば  かけそば_500 そばを食べるようになったのは天候の影響で稲が取れなくなった時、気候や冷夏
どんな土地でも育ちやすい事で食べ物がなくなった時のための代用食品として
食べられていました。

なかなか稲を食べる事ができない庶民や農民には日常的な食べ物になり
そばを食べていた当初はそば粉を湯で溶いた塊、餅のようにした物を食べていました。

実をそのまま食べる「そば米」湯で溶いた「蕎麦掻き(そばがき)」
鍋に入れて食べると「鍋がき」焼いた物は「蕎麦焼き(そばやき)」と呼ばれ
そば粉100%で作られています。

そばを切るようになったのははっきりとした事はわかっていません。
江戸時代の中期頃、そばより早く食べられていたうどんを真似て切るようにな
ったとも言われ、包丁で細長く切る事から「蕎麦切り(そばきり)」と呼ばれて
いました。
庶民や農民の間では太くて黒色(そば粉の色)の蕎麦切りを食べていました。

かけそば

かけそばの始まりはそばを細く切るようになった江戸時代と言われています。
奈良時代、平安時代、江戸時代麺類がどんどん中国から伝わり、中国の麺は小麦で
作られた物を意味します。

その頃からそば粉に小麦粉や各地方で手に入れやすい山芋や卵、海藻を加えて麺にし
細くて色の薄い見た目も上品なそばを食べるようになります。

「蕎麦掻き(そばがき)」はそばつゆや醤油を付けて食べていた事から
細く切った蕎麦切り(そばきり)もつゆに付けて食べることが普通だった
のですが江戸時代中期以降、この頃人口や消費がどんどん増加している江戸で

つゆをつけて食べる事がめんどくさいと言う事から「ぶっかけそば」後に
かけぞば」と言われるそばが誕生します。
a0002_001204_150 ぶっかけそばは立ったまま食べる事ができるように冷たいつゆをかけて食べていた
のですが、寒い時期には温かいそばとつゆで食べるようになります。

かけそばはそばを一度湯がいて冷水や氷水でしめてぬめりをとり、もう一度熱湯で
ゆがき取り出して、そこに温かいつゆをかけて食べるのが正式になります。

もりそば

「ぶっかけそば」は「つゆをかけて食べる蕎麦切り(そばきり)」を指し
つゆをかけて食べる事は上品ではないことから区別するため
もりそば」が生まれます。

もりそばはお皿に盛って出していた事から「もり」と呼ばれていたとも言われ
そばを蒸して出す調理方もあった事から蒸籠(せいろ)をお皿にして出す事から
せいろそば」とも呼ばれるようになります。

ざるそば

竹ざるにそばをのせて出した所、竹ざるは水切れも良く見た目も豪華でお洒落で
ある事から評判になり、明治以降ざるそばのつゆはざるそば用の特性のつゆが作られ
ます。

もりそばとの違いをはっきりさせるためにそばの上に海苔を載せ、もりそばより高級な
そばの事を「ざるそば」と呼ぶようになります。

ざるそば もりそば_450 ◎ざるそばの欠点
出前の時昔はそばを何枚も重ねて運んでいたのですが、ざるそばの場合重ねる事が
難しくその場合蒸籠(せいろ)を使っていたと言う事です。

出前のざるそばは蒸籠(せいろ)を使うことから、ざるそばの内容のまま
「せいろそば」にしようとしたのですが「さるぞば」の名前があまりに広がり過ぎた事で
変更する事が難しかったと言われています。

「ざるそば」「もりそば」「せいろそば」の混乱のはじまりはここからかも
しれません。

今では老舗やこだわりを持ち販売しているお店を除いて、ざるそば用の特別なつゆを
作る事は少なく、ざるにのっていても「せいろそば」海苔がのっていても「もりそば」と
呼ばれ「ざるそば」「もりそば」「せいろそば」の差別化をする必要は少なくなって
います。

ぶっかそば

「ぶっかけ」と「かけ」の違いは汁の濃さ、ぶっかけは濃いめの出し汁を麺の半分位
に入れ、かけは薄めの出し汁を麺にかぶさるようにかけます。

現在では麺と出し汁は温かい物も冷たい物もあり好みで選び、そばだけではなくうどん等の
麺類にも使われます。

スポンサードリンク
 

関連記事

らっきょうの効能とダイエットは!驚くべき効能すぐにチェック!

カレー等に一緒についている事が多いらっきょう、普段食べる機会が少ないのです があれば必ず食べてしま

記事を読む

ごぼう茶の効能効果は!ダイエットに良い理由には

・子供の頃から便秘気味 ・便は固い事が多い ・水分は摂る事を忘れがち どちらかと言うと便秘

記事を読む

冬の土用2018年は!冬の土用うなぎには

土用と言えば「土用の丑の日」、その日には「うなぎを食べよう!」とスーパー等の お店やテレビ、チラシ

記事を読む

シナモンシュガー作り方は!シナモンスティックの使い方には

シナモンシュガーやシナモンパウダー、シナモンスティック 色々使い分ける事ができる「シナモン」加える

記事を読む

バーベキューの準備食材は!インパクト系からデザートまで

いつものバーベキューの食材でも十分に美味しいのですが 大人だけのメンバーであったり、子供が多かった

記事を読む

年越しはそばうどん!?理由で選ぶならこれ!

12月31日になるとスーパーやお店、そば屋やうどん屋それ以外の飲食店でも そばを販売しています。地

記事を読む

初心者向き!アロニアの育て方は実の食べ方には

果実の中では多く含まれている食物繊維、疲労回復に効果が高いリンゴ酸はりんご より多く、鉄分はプルー

記事を読む

グレープフルーツジュースの効果!飲み過ぎに効く理由は

送別会や歓迎会、新年会や忘年会等飲み会が多くなるとつい飲み過ぎてしまい 翌日には「二日酔い」やそれ

記事を読む

端午の節句ちまきと柏餅の由来には

早い所では2月頃から和菓子屋さんに出ている柏餅、端午の節句のころには粽もお 店に並び出します。

記事を読む

おにぎりダイエット効果は!ダイエットの方法には

食事制限や運動をしてダイエットする、体重を減らすのでなく おにぎりと野菜を食べてダイエットする「お

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2017年~2018年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る

PAGE TOP ↑