ハロウィンのかぼちゃと由来には!意外な事実を発見!


毎年10月31日に行われる「ハロウィン
アメリカでは民間的な行事として定着しています。

毎年盛り上がる仮装が注目されている事から
アメリカから始まったと思われる事が多いのですが
中央アジアからヨーロッパに渡ってきた「ケルト人」によって
ヨーロッパから始りました。

スポンサードリンク


ケルト人にとって
10月31日は1年の終わりになり11月1日は新年にあたります。

10月31日をサウィン(Samhain)と呼び「サウィン祭」を
行っていました。

目 次
ハロウィンの始まり「サウィン祭」
「サウィン祭」から「ハロウィン」
かぼちゃは「ジャック・オー・ランタン」
アメリカに伝わったのは
お菓子


ハロウィンの始まり「サウィン祭」

この時期この世とあの世の門が開き
自由に行ききが出来ると信じられていました。

前年に亡くなった死者が今後の姿を決める日でもあり
ケルト人の間ではこの世に戻る霊は「悪い霊」と信じられ
「サウィン祭」は死者の祭りとしていました。

新しい年は日没から始まることから
10月31日の夜から行われます。

サウィン祭の前には作物の収穫を終え、家の暖炉等の火を消し準備を始めます。
ケルト人の僧達は神聖な木であるオーク(樫)の木に集まり
悪い精霊を追い払うために大きなかがり火を焚き
作物や動物をかがり火に捧げ踊ります。
かがり火_138 朝になった所で
サウィン祭で清められた神聖な火を持ち帰り
各家の暖炉等に新しく火をつける、神聖な火で家を暖める事で

▪悪い霊を自由に操れる
▪家族を悪い霊から守る
▪家の中に悪い霊が入らない

悪い霊は家族を守ってくれる精霊に変わると信じられていました。
サウィン祭」は秋の収穫をお祝いすると同時に
悪い霊を追い払う、家族を守るお祭りになります。

仮装は「変装」
家の周りを徘徊する悪い霊が驚くように、仲間だと間違うように
魔女や幽霊の格好をし家の周りや街の中を歩きまわった事から
ハロウィンでは仮装するようになりました。

各家では中に入り込まないように
▪家の前には供え物の食べ物
▪提灯(ちょうちん)・鬼火

家を家族を守り、家の中には神聖な火がある事で
家に取り付く事はありません。

「サウィン祭」から「ハロウィン」

ケント人はキリスト教からカトリックになり
カトリック教会では11月1日を「諸聖人の日」聖人を記念する祝日になります。

ハロウィンが11月1日の前後であった事で
「諸聖人の日」は「万聖節(ばんせいせつ)」とも言い
英語では「Hallowmass」「All hallow mass」「All Hallow’s」

ハロウィンは前日である事から前日のEve
All Hallow’s Eve」と呼ばれていました。

「All Hallow’s Eve」から「Hallow E’en」となり
現在の「Halloween」となったと言われ「Hallowe’en」と表記する事もあります。

神聖な「Hallow」+前日の夜の「evening」「een」から
「Halloween」と呼ばれるようになったとも言われています。

かぼちゃは「ジャック・オー・ランタン」

ジャック・オー・ランタンは「ランタン(提灯)を持っている男」の意味。
▪火の玉
▪かぼちゃ頭の男
▪提灯ジャック
とも言われています。

食べ物が無い時に貴重な食料として使われていた「カブ
冬の貴重な食糧になり
アイルランドやスコットランドでは「カブ」でランタンを作ります。

ハロウィン カブ 提灯(ちょうちん)・鬼火は「悪い霊」は
▪びっくりさせる
▪驚かす
▪退散させる

悪い霊が家に入らないようにするために
出来る限り怖い顔や変な顔にしていたと言う事です。

アメリカに伝わったのは

ハロウィンが広く普及していたアイルランドやスコットランド
主食としていたジャガイモが取れなくなってしまい食糧難になった事から
カナダや北アメリカに大量に移住してきた事により伝わりました。

寒い土地で栽培される事が多い「カブ」
かぼちゃの原産地でもあるアメリカでは
手に入りやすく扱いやすいかぼちゃを使うようになります。

ハロウィン 地図_600_2

お 菓 子

祭り用の食料を子供たちがもらって歩いていた「souling(ソウリング)」名残り

ヨーロッパの習慣であった「souling(ソウリング)」
仮面をかぶった子供たちがさまよう霊達のために歌を歌いながら
ソウル・ケーキという干しブドウ入りのパンをもらい周ります。

何も出されない場合は
子供たちや霊がその家庭にいたずらをしていたと言う事です。

その事から現在では
Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」と言われ
Trickはいたずらや悪さ
Treatはごちそうやおもてなし、楽しみ

「いたずらが良い?嫌ならお菓子をちょうだい」
子供の楽しみ、大好きな物でもあるお菓子でもてなす習慣となります。

10月31日には
家の前にはジャック・オー・ランタンを飾り
子供たちが家に来たら
「Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」
と言いながらお菓子をバケツに入れる事で家も家族も守られます

スポンサードリンク
 

関連記事

節分の豆まきやり方は!福を家に入れるためには!

節分になるとスーパーやコンビニエンスストア等で鬼のお面と一緒に販売している 大豆。袋には「福豆」と

記事を読む

七夕にそうめんの由来は!そうめんの理由には

節分では大豆、雛祭りは菱餅、子供の日には柏餅等 季節の行事には行事にあった食べ物があります。

記事を読む

こいのぼりの意味は!吹き流しの色飾りの意味には

5月5日は「端午の節句」1948年(昭和23年)には 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる

記事を読む

冬至2017年はいつ?開運 幸福を引き寄せる冬至の日は!

朝起きる時や家に帰る時、朝や夕方に散歩等出かける時に感じる事が多い 「日の長さ」 朝は早くか

記事を読む

十三参りの時期は!十三参りや着物には

関西では七五三より大切な行事でもある「十三参り(じゅうさんまいり)」 100年ほど前から行われ、京

記事を読む

ひな祭りの意味と由来は!ひとつひとつの意味には

3月の行事「ひな祭り」春の季節と華やかな雰囲気が女の子の節句にぴったりです。 今では見る事も触れる

記事を読む

ひな祭り菱餅の意味は!食べるべき理由には

菱餅を良く見ると順番が微妙に違ったり色が加わったり、そしてこの餅は食べる 事が出来るのか、飾るだけ

記事を読む

バレンタインプレゼントの意味は!思いを伝えるプレゼントには!

バレンタインでチョコレートを渡す時には、チョコレートだけではなく一緒に何か プレゼントをしたいと思

記事を読む

ホワイトデーのお返し義理でもこだわりを感じる物は

ホワイトデーのお返しにもらうと嬉しい物に必ず入っているのは 「スイーツ等のお菓子」「チョコレート」

記事を読む

冬至のかぼちゃ地域で違う?!かぼちゃレシピの違いには

冬至にかぼちゃを食べたい、かぼちゃ料理を用意しようと思った時に ふと感じたのが「かぼちゃ料理、レシ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る