秋バテの予防は!秋バテとは?症状を今すぐチェック!


夏に夏バテがあることで体重が減って冬の太りやすい時期に備えることができる。
夏バテは体重調整にちょうど良い効果だと思うこともあるのですが

夏が終わりそろそろ秋本番になろうとしている時期にもだるい等の症状に夏バテ
と同じような食欲不振などの症状が起こる場合がありその事を「秋バテ」と言わ
れています。

スポンサードリンク


「秋バテ」と言われる症状が起こる時期は「9月中頃以降」
「夏バテ」と言われる症状が起こる時期8月頃が過ぎて秋の季節になっているのに
夏バテのような症状だけではなく他の症状も起こります。

目 次
「秋バテ」チェック
秋バテとは
秋バテの予防・対策
  夏から続いている「生活習慣」
  場所や季節で違う「温度差」ツボ 半身浴
  積み重なる「体へのに負担」
  少し汗の出る運動
秋バテには

「秋バテ」チェック

 ・疲れが取れにくい、体が重い
 ・ボーとする
 ・やる気が起きない
 ・立ちくらみやめまいがする

 ・胃腸の調子が悪い、下痢や便秘
 ・目が疲れやすい
 ・肩こりや頭痛が起こりやすい、いつもよりひどい
 ・舌に白い苔がある

 ・夜眠れない、朝の目覚めが悪い
 ・風邪をひいてしまった、風邪が治らない

9月中頃「秋バテかな?」と感じている場合これらの症状やいつもよりひどい、
違う症状が何個か起こっているはずです。症状は夏バテと同じようにも感じるので
すが、夏バテはどちらかと言うとまず暑さに対して症状が起こります。

秋バテの場合「疲れやす」「ボーとする」「やる気がない」等の精神的な面、何と
なく体調がすぐれないと言うような体に対しての症状、そして夏バテの症状も加わ
る事が多くなります。

秋は暑さがやわらぐ気候の良い季節、美味しい食べ物も多く1年の中で一番体調が
良い、過ごしやすい季節だと思ってしまうのですが基本的には「季節の変わり目」
実は秋は1年の中で一番体調を崩しやすい時期だと言われています。

166227 150

秋バテとは

秋バテになる原因は
 ◎夏から続いている「生活習慣」
 ◎場所や季節で違う「温度差」
 ◎夏の暑さによって積み重なる「体へのに負担」

特に夏の暑さが厳しい年、真夏日や猛暑日が多い年
7月から8月にかけてすでに夏バテのような症状がある場合は「秋バテ予備軍」
そのままにしていると秋バテになる確率が高くなります。

秋バテの予防・対策

夏から続いている「生活習慣」

夏の暑い時には水分を多く摂る、冷たいものやさっぱりとした飲み物や食べ物等を
摂る事が多くなります。

夏は汗が多く出てしまうので水分を多く摂る事はとても大切なのですが、いつもよ
り水分を多くとると胃液が薄くなり、水分が少なすぎると胃液の分泌が少なくなる
胃腸機能の低下が起こりやすくなります。

胃腸機能が低下すると食欲は無くなりやすく冷たいものやあっさりしたものを食べ
てしまいがちになり、ビタミンやミネラルを摂る量も少なくなります。
そうすると疲れやすい等の体調不良の原因になります。

特にビタミンB1が不足すると疲れやすい原因になります。ビタミンB1が多く含まれ
ている食べ物は豚肉、うなぎ、たらこ、レバー、めんたいこ等
秋バテになりそうな時やなっている時には意識して摂るようにします。

食欲が無くてビタミンB1を多く含む食べ物を食べる事ができない、食べたくない時
にはビタミンとミネラルを豊富に含み、比較的さっぱりとして食べやすい
 
 豆腐・納豆・おから・枝豆等の「大豆製品」
 ノリ・ワカメ・もずく・昆布・ひじき等の「海藻製品」
 食物繊維が豊富な「きのこ類」
 ビタミンCがしっかりとれる「フルーツ類」

フルーツの中では特に高栄養密度フルーツと呼ばれる「キウイ」がおすすめです。
食欲が少しある時には消化を助ける「消化酵素」が含まれる食べ物を食べる事でも
消化の手助けをしてくれます。

消化酵素が多く含まれている食べ物も「キウイ」等のフルーツ類
パイナップル・バナナ・メロン・りんご、発酵食品や生野菜、特に大根に多く含ま
れています。

酵素は熱に弱いので酵素を摂る場合できるだけ加熱せず、食前または食事中に
摂るようにします。

無理をして食べたくないものを食べるのではなく食べる事ができる食べ物や飲み物
でしっかり予防・対策をします。
371650 130 冷たい飲み物や食べ物は多く摂りすぎることで内臓を冷やしてしまいます。
「アイスクリームを食べすぎてお腹を壊してしまう」
「冷たいものを多くとったことで下痢になる」

暑いからと言って冷たいものを摂り続けてしまうと内臓を冷やしてしまい胃腸機能
の低下につながり、消化吸収機能も低下し体力だけではなく免疫力も低下してしま
います。

時々冷たいものやさっぱりしたものを食べる事には問題はないのですが、続けてし
まうと夏バテになりやすくそのまま秋バテつながります。

常にスープや汁物、熱めの物を摂り続ける必要があるのかと言うとそうではなく
極端に熱い物や香辛料などの刺激が強い物の方が体を温めやすいと感じるのですが
その場合粘膜を傷つけてしまう原因になります。

摂る場合は「体温以下の物は続けて摂る事を控える」
人間の体温は約37℃、感覚としては熱いと言うよりぬるい、冷たくない食べ物や
飲み物が最適です。

暑さを感じ始めたら
 ◎ビタミンB1や他のビタミン・ミネラルを意識して摂るようにする
 ◎体温以下の飲み物を食べ物は続けて摂らないようにする

場所や季節で違う「温度差」

屋内・部屋の中と屋外・外の気温差だけではなく朝と昼、夜の気温差
涼しくなる秋だけではなく夏であっても気温に温度差がある時もあります。

人間の体は温度差が8℃あると体調を崩してしまい、高齢者や病気を持っている
空調設備が整った環境で育った年齢の若い人(1985年生以降)は
温度差が5℃ある場合から注意する必要があります。

室内を28℃に設定している場合外の気温は33℃以上だと温度差は5℃になります。
33℃を超える事が多い真夏は常に温度差に気を付ける事が大切です。

温度が高い場所から温度の低い場所になる時に最初にしてほしいのが
「下半身を温める事」

暑い外から涼しい場所に入り暑さもやわらいぎ長く部屋にいる同じ場所にいる時に
はひざ掛けや靴下を履くようにし、ひざ掛けや靴下は
「ふくらはぎまで温める事ができるもの」

ひざ掛けや靴下はふくらはぎが出ている物を使うことが多く、足先の冷えは感じて
いてもふくらはぎの冷えを意識している事は少なくなります。
レッグウォーマーはふくらはぎをしっかり包んでくれるのでとても便利です。

◎血液の流れを整える
体温の調節をしているのは「血液」
心臓から出た血液は脳や上半身そして下半身に分かれて流れて行きます。

血液は脳や上半身、下半身を周りまた心臓に戻ってきます。心臓を拠点に体中を
血液がめぐり体温などを調整しています。

脳や上半身の血液は降りていくので比較的スムーズに戻ることができるのですが
下半身の血液は上る必要があるので重力のある地球では上半身ほどスムーズに戻る
ことができません。

その事から上半身に比べて下半身の方が冷えやすくなります。

下半身の血液や体液、リンパ液を心臓に戻すポンプの役目をするのが「ふくらはぎ」
ふくらはぎ辺りには体の不調を整える自律神経のツボもたくさんあり「第二の心臓」
とも言われています。

ふくらはぎの冷たさを感じた時に思わずさすることがあると思います。
さすった後何となく落ち着いたように感じるのは血液の流れを整えているからです。

ふくらはぎまであるひざ掛けや靴下がない場合はふくらはぎをさすったり、ツボを押さ
える事でも体温を整える事ができます。

【冷えに効果のあるツボ】
◎曲泉(きょくせん):万能のツボ、体のさまざまな不調
           特に下半身の不調、冷え性

場所は膝を曲げた場所の内側脇の少しくぼんだ所にあります。肝臓が弱っている時
には少し痛いかもしれません。

足を曲げたままにせず伸ばして膝の皿を手で覆う感じにして親指の腹を使い
ゆっくりと押して3秒、ゆっくりと離すを何度か繰り返します。


◎太渓(たいけい):冷え性、足のむくみ、お腹や腰の冷え アンチエイジング
内くるぶしの少し後ろ側、アキレス腱との間の少しくぼんでいる所の真ん中に
なります。

人差し指または親指の腹の部分を使いアキレス腱に引っ掛けるようにゆっくりと
5秒押し、ゆっくりと離します。それを5回~10回ほど繰り返します。


◎三陰交(さんいんこう):冷え性、足のむくみ、疲労回復
足の内側くるぶしから指4本分くらい上、骨と筋肉の境目にあります。

親指の腹を使いゆっくり3秒~5秒くらいかけて押し、ゆっくりと離します。
それを3回ほど繰り返します。


◎照海(しょうかい):足の冷え、血流を整える
足の内側くるぶしの下から指1本分下の部分、押すと少し痛いかもしれません。

親指の腹を使いゆっくり3秒~5秒押してゆっくりと離すを3分ほど繰り返します。
お風呂に入った時にシャワーしながらやカイロを当てて温めながらしても
効果的です。


ふくらはぎも温める、体の調子を管理する自律神経も整えてくれる「半身浴」
半身浴をする時には「時間」や「方法」を確認して行う事でしっかり体を温める
事ができます。

【半身浴の方法】
①お湯の量は胸から下がつかるくらいの量
②温度は夏は約38℃(気温によって38℃~40℃で調整をします)
③半身浴の時間は20~30分

④上半身が濡れてる場合は必ず水気をしっかり取っておく。
⑤腕や手はお湯の中に入れない
⑥姿勢は正す

半身浴をしていると上半身が寒くなるのは濡らしてしまったまま半身浴をしている
と寒くなります。必ず水気を取って腕をお湯につけずに半身浴を始めます。

血液の流れを整える時には姿勢は正しい方が流れやすくなります。
お風呂のふたがある場合、首から下の部分はふたをする方が温度が下がりにくくな
り保湿効果もあります。

半身浴のペースは週2~3回、半身浴ができない時にはシャワーだけではなくお風呂
に入り体を温めるようにします。

半身浴をして体が温まったのに部屋の中が冷えすぎていては意味がありません。
脱衣場や部屋の温度はできるだけ差を少なくする事が大切です。

 ◎半身浴のペースは週2~3回
 ◎半身浴をする時には上半身の水気を取るようにする
 ◎浴室・脱衣場・部屋の温度差に気を付けるようにする


all 季節は秋に入り朝晩の気温もぐっと下がっている時でも、日中は夏の暑さと変わら
ない事から温度差が涼しくて過ごしやすいと感じてしまい、夏と変わらない服装で
いる事が多いのですが

秋(9月~11月)の日中と朝晩の温度差は約5℃以上、10月では6℃~9℃の差があり
ます。冷房の温度差だけでなく気候でもすでに温度差がありほとんどの場合意識せ
ずに過ごしています。

温度差がある場所や9月には上着やカーディガンなどの羽織ものを必ず用意し
できるだけふくらはぎを温めるようにします。

9月に入った時には日中の服装だけではなく、寝る時にはタンクトップ・半袖と半パ
ンツなどの夏用ではなく、7分袖・長袖と長パンツ、薄い掛け布団も用意し温度差に
対応できる状態にします。

夏から秋にかけては常に温度差(5℃以上)があります。
 ◎ふくらはぎを温める
 ◎上着やカーディガンなどの羽織もの用意し対応する
 ◎寝る時の衣類や布団にも気をつける
 ◎定期的にふくらはぎのツボや半身浴をして体全体の冷えを取るようにする


体で感じる温度差をできるだけ少なくします。


スポンサードリンク



積み重なる「体へのに負担」

人間の体は一定の体温を保つように体の熱が高くなると汗を出して体温を下げよう
とします。
一定に保とうとする働きは体力を消耗し体に負担がかかりやすくなります。

そして一定に保つ働きをしているのが「自律神経」自律神経が安定している限り
夏バテ、そして秋バテになることはなく、自律神経が乱れる事で夏バテや秋バテに
なりやすくなります。

自律神経が乱れてしまう原因にも「温度差」が影響しています。
空調設備が現在のように整っていない時代には実は夏バテ・秋バテになる人はほと
んどいなかったようです。

秋が近づいてくると多くなる台風、季節の変わり目の時に多い雨、夏に比べて高気
圧(天気は良い)と低気圧(天気が悪い)が混ざりあう事で天気は変わりやすくな
ります。雨や台風を起こしてしまう低気圧が多くなる事でも自律神経が乱れます。

温度差や気圧・天気は自律神経に影響し、汗をかきやすい夏は水を摂っていても
脱水しやすく、そして汗をかかない事でも自律神経を乱し汗や湿度の不快感はスト
レスになります。

「温度差・気圧」「脱水」「汗」「湿度」は体には負担になり、秋バテにつながり
やすくなります。

そして体温調整がうまく行われていないと夜眠れない等の「不眠」にもつながりや
すくなります。

スムーズな睡眠は体温が下がり眠る事ができるのですが、部屋の温度が下がりにく
い夏や体温調整がうまくいかない時には寝つきが悪くなる、眠れない日が続く事が
多くなります。そうするとますます自律神経は乱れてします。

「温度差・気圧」「脱水」「汗」「湿度」は自律神経を乱し
「不眠」は自律神経の乱れを加速させ「秋バテ」につながりやすくします。
自立神経の乱れを加速させる「不眠」「寝つきの悪さ」を感じ始めたら

 ・休日の寝だめをしない
 ・起きる時間を同じにする
 ・部屋の温度はできれば温度28℃、湿度50~60%

 ・寝る前のアルコールは控える
 ・夕方以降のカフェインは控える
 ・寝る前にパソコンやスマホは控える

休日の寝だめや寝る時間が遅かった時には起きる時間を変えてしまうのですが
寝つきの悪さや不眠を感じた時には寝る時間ではなく習慣を整える事が大切に
なります。

休日に少し多めに睡眠をとりたい時には最高で2時間だけ増やすようにします。

夏の暑い時には28℃は暑すぎることもあるのですが、湿度も50~60%にし一晩中
エアコンをつけっぱなしにするようにします。

太陽の光があることで体は起きる、目覚める、活動する時だと判断します。
太陽の光のような強い人口光になるパソコンやスマホの光は体を寝る時間だと
判断させにくくします。最低でも2時間前には人口光は浴びないようします。

カフェインは飲んでから5時間~7時間は持続すると言われています。
カフェインは人によっては睡眠に問題ない事もあるのですが、寝つきが悪い、不眠
自律神経が乱れている場合は控えるようにします。

アルコールは寝つきを良くする働きはあるのでつい飲んでしまうのですが
寝つきを良くするために飲むアルコールは量が増えやすくなります。

寝つきは良くなるのですがアルコールを飲んだことで寝ている間のトイレの回数が
増えたり、夜中に何度も目覚める事が多くなり睡眠の質を低下させます。
そして、アルコールの量が増えると睡眠の質はどんどん悪くなります。

睡眠は寝つきが多少悪くても睡眠中トイレに起きることもなく、ぐっすりと寝てい
る方が目覚めはいいはずです。
寝つきが良くなるだけのアルコールは控えるようにします。

all

少し汗の出る運動

定期的に運動をしていたり、身体を動かす事が好きな場合、そして運動をする事が
できる運動をしようと思っている時には運動が一番の秋バテの予防になります。

人間は暑さ寒さに対応できる体になっています。夏なると体は自然に血流を増やし
て汗を出し体温を下げて夏の暑さに対応しようとします。
血液はバランスよく流れる事で体温の調整ができ、体の調子を整える事ができます。

しかし現在では屋外と屋内の温度差がある事で、体は夏仕様になり血液を増やすし
汗を出そうとしているのに汗が出ない、熱だけが体にこもったままになった状態。

そして夏なのに夏の温度ではない場所で過ごす事が多いと夏なのに夏仕様の体にな
らない、血液を増やそうとしない事が起こっています。

熱がこもった状態になると水分をいくらとってものどが渇いたり、頭痛が起こりや
すく血液を増やしている心臓にも負担がかかってしまます。

夏なのに血液も増えていない汗もかかない状態だと秋に「疲れやすい」「息切れが
する」持久力の低下や体調の不調につながります。

夏仕様の体になるように、体に熱がたまることがないように血液を増やし汗をかく
ことで体の調子を整える事ができます。

【運動方法】
①運動するときは少し暑さを感じる時間帯(夕方や午前中など)
②運動時間は15分~30分
③少し汗をかく運動をする
④運動後30分~60分以内に糖質とタンパク質を含んだ食品を食べる

大量に汗を出す必要はないのですが、汗を出すことが大切です。運動の種類には
軽いジョギング、早めに歩く、大股で歩いてゆっくり歩くの繰り返し、激しい運動
ではなく少し汗をかく軽めの運動であれば何でも大丈夫です。

そして運動後タンパク質と糖質を摂ると血液が増える運動の疲労を回復しやすく
なります。

タンパク質と糖質が含まれているのは乳製品
牛乳の場合200ml、ヨーグルトでは180gを摂ると血液が増え運動後の疲れがとれや
すくなります。

乳製品に含まれているタンパク質は血液に水分を引き込んでくれる成分を促進し
血液の量を増やします。牛乳やヨーグルトに含まれる糖質は運動後の疲労を回復し
やすくします。 参考サイト「ややきつめの運動」と乳製品でからだ作り

「夏に汗をかかなかった」「あんまり汗をかいていない」汗は不快な事からつい喜ん
でしまうのですが、汗をかいていない方が秋バテなりやすくなります。

秋バテには

秋バテの場合まず起こることは「疲れやす」「ボーとする」「やる気がない」
精神的な面、体調がすぐれないと言うような体に対しての症状
そして免疫力の低下や自律神経が乱れてしまいます。

その原因は「温度差・気圧」暑さからくる「生活習慣」「体へのに負担」
「汗をかかない」等の体が環境に対応しきれない、夏なのに夏仕様になっていない
事で秋バテにつながります。

予防や対策には
◎体温以下の飲み物や食べ物を摂り続けないようにする
 食べ物を摂る時にはビタミンB1を中心にビタミン・ミネラルが豊富に含まれてい
 る物を意識して摂ります。
 
◎体を温めるようにする(冷やさない)
 上着やカーディガン等の羽織もの、ふくらはぎを温める、ツボや半身浴をする。
 お風呂は夏でもシャワーだけではなく週3回はお風呂に入るようにします。

◎睡眠不足にならないようにする
 一生の1/3を占めるほど人間にとって大切な睡眠。睡眠時間は寝ているだけという
 イメージになるので起きている時間の方が重要に感じているかもしれません。

 しかし睡眠をすることで人間の脳や身体を休めたり、病原体や細菌への抵抗力や
 免疫力を高める、細胞の修復や再生、代謝を行っています。

 寝る前にしっかりと寝る状態を作ることで良い睡眠をとる事ができ、良い睡眠を
 とれると自律神経も整います。

◎少し汗をかく運動をする
 少し暑いと感じる時間帯に少し汗が出るような運動し、その後30分~60分以内に
 乳製品(牛乳やヨーグルト)を摂るようにする。

akibate boots 300 「夏にふくらはぎを温める」ですぐに頭に浮かぶのがUGGというシープスキンブーツ。
ブーツの内側はボアがたっぶりでとても温かいブーツです。

ロサンゼルス(カリフォルニア)のサーファーやセレブの方の間で大流行をし
2009年頃に日本に入ってきます。

主に冬の寒い時期に履く事が多いのですが、セレブの方々のコーディネイトはほとん
どの場合半袖と半パンツにシープスキンブーツ、シープスキンブのデザインはふくら
はぎが隠れるくらいの丈の物が多く

暑いのに内側がボアのブーツ、洋服は夏なのにブーツ、私には理解不可能な
コーディネイトでした。

ロサンゼルス(カリフォルニア)はとても良い気候なのですが、夜と昼の温度差は
1年中約10℃、屋内の冷房は真冬のような寒さです。海外の方は皮膚感覚が大らか
なのですが体的には冷えを感じているかな?と思った瞬間でした。

流行っているから履いている事も多いとは思うのですが、もし暑くて心地が悪かっ
たのならシープスキンブーツはそんなに流行っていなかったようにも感じています。

温度差がある時は「ふくらはぎを温める」寒くなったら「ふくらはぎを温める」
是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク
 

関連記事

つくしの食べ方は!下ごしらえやレシピそれ以外には

桜のつぼみがつき始めると顔を出してくる「つくし」 良く見ないと見つける事が出来ないのですが、一度見

記事を読む

朝顔の種まき時期は! 7月でも大丈夫?

学校の教材にもなっている「朝顔」大きな花と緑の葉が夏を感じさせます。 とても身近に感じる「朝顔」い

記事を読む

ミツバツツジの育て方 植え方は!必ず咲かせるには

ピンクの色がとても綺麗なミツバツツジ 鮮やかな花が豪華に咲いている事から、思わず足を止め見つめてし

記事を読む

おみくじの順番と平(たいら)!?知るべき事には!

初詣に行くと必ずといっていい程引いてしまう「おみくじ」 内容より気になってしまうおみくじの順番「半

記事を読む

スナップエンドウの育て方!プランターで手軽な方法には

タンパク質やカロテン、ビタミンCを豊富に含む緑黄色野菜「スナップエンドウ」 種をまく時期を気を付け

記事を読む

2015~2016年 年末年始のお休み 新幹線回数券の期間

年末年始のお休みは ▪海外や国内旅行 ▪お家や田舎で 1年が終わり

記事を読む

節分恵方巻きの由来とは!意外な意味には

今では節分になるとスーパーだけではなく、コンビニエンスストアでも恵方巻きが 販売されていてます。昔

記事を読む

京都 葵祭(あおいまつり)2017年!見やすいポイントは!

京都三大祭の一つ「葵祭(あおいまつり)」 昔には「賀茂祭」、または「北の祭」とも呼ばれ 「春日祭

記事を読む

お盆のお墓参り時期は!お墓参りに行くべき日には

お盆休みはほぼ全国同じ時期なのすが、地域によって少しずつ違うお盆の時期。 お盆の時期が変わればお墓

記事を読む

あやめ しょうぶ かきつばたの違いは!特徴には

菖蒲園で花を見ていたり、菖蒲を育ててみようと探してみると 同じように見える花でも種類が何個かあると

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る