花粉症対策食べ物には!タイミングで摂るべき食べ物は


毎年訪れる花粉症、薬を飲むと症状を和らげる事が出来るのですが薬を飲まなくて
症状を和らげる事が出来ればもっと良いはずです。

花粉症になる前や花粉が飛ぶ前、花粉が飛ぶ時期、花粉症になった時に食べた方が
良い食べ物で花粉に対応出来る体を作ります。

スポンサードリンク


花粉症の原因の多くはスギになる事から育てる時には花粉が少ないスギが選ばれて
いるかとそうではなく、花粉の少ないスギは3割程になり育てやすい普通のスギが
現在も多く使われています。

スギの花粉が減る事を待つより、花粉に対応出来る体を作る方が早いのかもしれま
せん。

免疫力を整える
 花粉症の時期に備えて免疫力を整える。

粘膜を正常に保ち強化する
 花粉症になった時やなる前に花粉に備え粘膜を整え強化する。

活性酸素を増やさない
 花粉に対して過剰に反応しないようにする。

人間の細胞は食べ物から出来ています。昨日や今日、今食べた食べ物が細胞になり
ます。花粉に対応しやすい体を作る事は症状を和らげる事が出来たり、花粉症を起
りにくくしてくれます。

免疫力を整える

免疫は体を守る自己防衛機能になります。体に良くない物が侵入してきたり、体内
で発生すると撃退します。免疫は1つではなく各役割がある免疫細胞が力を合わせて
立ち向かいます。

花粉が入ると最初に「何か入って来た」と知らせる免疫細胞、その知らせを受けて
体に入っても「問題無し」「問題有り」の区別をする免疫細胞があります。

花粉だけを考えた場合、体に良くない物なのかと言うとそうではなく体に影響する
事はありません。

花粉症になる人とならない人の違いには、体に入っても「問題無い」「問題有り」
を出す免疫細胞の判断の違いからだと言われています。

花粉症の時期関係なくイネ、ブタクサ、ダニ、カビ、ほこり等にアレルギーがある
場合はアレルギー性鼻炎になり体質として免疫細胞は「問題有り」と判断を出して
います。

花粉症以外のアレルギーは無く、突然花粉症になった場合には今いる環境が大きく
影響をし、免疫細胞が「問題有り」と判断し花粉症を引き起こしています。

免疫力(自己防衛機能)の低下

「問題無し」から「問題有り」になった理由は判断力の低下があります。その原因
には体内に入る花粉の量が多くなりすぎて正確に判断出来なくなる、正確に判断出
来る状態ではない場合があります。

どちらの場合にも「免疫力(自己防衛機能)が低下している」事が原因になり、花
粉を正確に判断出来る、立ち向かえる免疫力にする体や環境を作る事が大切です。

花粉が入って来ると最初に「何か入って来た」と知らせる細胞と単独で体内に良く
ない物がないか調べている細胞(NK細胞)があります。
細胞(NK細胞)は臨機応変に早く対応してくれています。

◎にんにく
細胞(NK細胞)が活発であれば免疫力(自己防衛機能)も安定します。細胞(NK細
胞)も良くない物が多すぎると対応しきれずに弱ってしまいます。弱った細胞(NK
細胞)を活性化させてくれる成分が「S-アリルシステイン」

S-アリルシステインは、現地点ではにんにくだけに含まれる成分で生のにんにくで
はなく成熟させたにんにく、熟成にんにく抽出液や黒にんにくの方がS-アリルシス
テインの含有量は多くなります。1日の適量は、成人の場合で1日に2~3片。

◎海藻
海藻になる昆布やひじきには「フコイダン」と言う成分があり、免疫力を整える細
胞(NK細胞)を活性化させる働きがあります。フコイダンには粘膜の炎症を抑えて
くれる効果もあります。

◎腸内環境を整える
免疫細胞の60~70%は腸内に存在しています。免疫細胞がしっかりと働く事ができ
るように環境を整える必要があります。

腸内環境も整える食べ物はりんご、玉ねぎ、ブロッコリー、海藻、にがりがありま
す。これらの食べ物は腸内環境を整えやすくするだけではなく、他の成分にも花粉
症に効果があります。

免疫力を整えると花粉をアレルギーと判断しにくくなる

粘膜を正常に保ち強化する

花粉が体内に入り免疫細胞が「問題有り」と判断すると、体の外に出すために体内
の分子(免疫グロブリンIgE抗体)と結合します。この分子(免疫グロブリンIgE抗
体)は体内の肥満細胞(マスト細胞)と結合してしまいます。

結合してしまった物は体の外に出すための準備をするために一定量ためます。一定
量たまると次に花粉が入って来たのを合図に、肥満細胞(マスト細胞)の方を破裂
させます。

肥満細胞(マスト細胞)は破裂すると化学伝達物質(ヒスタミン・ロイコトリエン
等)を分泌し脳に情報を伝え、脳はすぐに体外に出すようにと言う命令をします。

体外に出そうと鼻水やくしゃみ、再び入らないようにする鼻づまりを起こします。
化学伝達物質(ヒスタミン・ロイコトリエン等)は炎症を起こし体を守ります。

炎症は体にとって防衛機能になり、炎症を起こし花粉と対抗するために起ります。
肥満細胞(マスト細胞)は粘膜や眼の結膜にあるためそこで炎症を起こします。

これ以上悪くならないように炎症を起こしているのですが、過剰に対抗してしまう
花粉症では炎症は抑える事が必要になります。

◎りんご
りんごに含まれる「水溶性食物繊維ペクチン」はヒスタミンの分泌を抑える作用が
あります。水溶性食物繊維ペクチンは皮と実の間に多く含まれています。

すりおろしても加熱しても水溶性食物繊維ペクチンの量は変わりません。水溶性食
物繊維ペクチンは整腸作用もあるので免疫力を高める手助けもしてくれます。

花粉症以外のアレルギーでもヒスタミンの炎症を抑えるためにりんごは使われてい
ます。1週間に2回以上りんごを食べる人の方がアレルギーの症状は抑える事が出来
ると言う実験結果が出ています。

◎梅肉エキス
梅干しを煮詰めて作られる梅肉エキス、動物実験で抗ヒスタミンの薬と比べた場合
抗ヒスタミン薬87.9%、梅肉エキス57.3%の抑制率であったと結果が出来ています。

毎日薬を飲むより、毎日梅から出来る梅肉エキスを摂る方が副作用の心配もありま
せん。1日3g程で効果があります。

◎マグネシウム
マグネシウムには皮膚や粘膜の保護、水分を保つ働きがありヒスタミンを抑制して
くれます。

(海藻)
マグネシウムの多い食べ物は種実類や海藻なのですが、一度に量を摂る事は難しく
乾燥している海藻は水に戻して使用するので量を多く摂る事が難しくなります。

もともとのマグネシウムが多い海藻に「あおさ」と「ひじき」があります。
あおさは100gに3200mg、ひじきは100gに620mg含まれています。水に戻した量
でもしっかりマグネシウムを摂る事が出来ます。

お酒を良く飲む、肉類や牛乳、甘い物が好きな人はマグネシウムは不足しがちにな
ります。花粉症の時期には意識して摂るようにします。

(にがり)
にがりには塩化マグネシウムが含まれています。100ml中5000mg以上の塩化マグネ
シウムが含まれている物の場合ミネラルウォーター200ccに2~3滴たらし、良くか
き混ぜて1日3~6杯飲みます。花粉症が始まる3ヶ月前から行うと効果的です。

花粉症になっている時にはにがりをスプレーして鼻の粘膜の炎症を緩和する事も出
来ます。100mlのスプレーボトルに10~12滴にがりを入れ良く混ぜます。鼻の奥に
向けてスプレーをします。手作りになるので約1週間で使いきるようにします。

炎症を和らげる効果がにがりはアトピー性皮膚炎等の時にはお風呂に入れて使われ
ています。
突然濃度を濃くすると逆効果になる場合があるので調整しながら使用します。

にがりの塩化マグネシウムは腸内の環境も整えてくれます。にがりは塩になる事か
ら腸内に入った時に塩分を下げようとしてにがりの水分は便に吸収されます。
水分を吸収した便は柔らかくなり排出しやすくなります。

一定量ためないようにする

花粉が体内に入り免疫細胞が「問題有り」と判断すると、体の外に出すために体内
の分子(免疫グロブリンIgE抗体)と結合します。結合を抑制出来れば肥満細胞
(マスト細胞)は破裂する事がなく、炎症の原因も緩和する事が出来ます。

◎ケール
ケールには過剰にアレルギーに反応している分子(免疫グロブリンIgE抗体)の生
成を抑えてくれる成分があり、花粉症やアトピー性皮膚炎の改善の手助けに使われ
ています。

ケールは炒めものにしたり、青汁やケールをチップスにしている物もあります。
 ☞「簡単、ケールの炒め物

◎ブロッコリースプラウト
スプラウトは新芽の意味になりブロッコリーの新芽の野菜になります。植物が今か
ら成長するために栄養を蓄えた状態になる事から栄養価がとても高く、活性酸素を
抑える成分スルフォラファンはブロッコリーの約7倍だと言われています。

ブロッコリースプラウトのエキスには体の外に出すために体内の分子(免疫グロブ
リンIgE抗体)を抑制すると言う実験結果が出ています。

化学伝達物質(ヒスタミン・ロイコトリエン等)の分泌を抑えると
粘膜や眼の結膜の炎症が軽減する

活性酸素を増やさない

体に良くない物が入って来た時に活性酸素が作られ酸化作用を使って良くない物を
退治します。活性酸素は体を守るためには必要な物になるのですが、良くない物を
退治する以上に活性酸素が発生すると酸化作用だけが行われる事になります。

活性酸素が増えてしまうと体が酸化しやすくなる、老化しやすくなるだけではなく
活性酸素が増えると不飽和脂肪酸(α-リノレン酸とリノール酸)に影響します。

活性酸素が増えてしまうと不飽和脂肪酸(α-リノレン酸とリノール酸)は過酸化
脂質と言う「酸化した油」に変化させます。

α-リノレン酸とリノール酸

α-リノレン酸とリノール酸も体内で作る事が出来ず、食べ物から摂る必要があり
体にとってなくてはならない必須脂肪酸です。

α-リノレン酸は血液をさらさらにしてくれる作用があり、動脈硬化や心筋梗塞の
予防脳の働きを良くします。リノール酸は保湿や抗炎症、コレステロールの値を下
げる作用があります。

α-リノレン酸とリノール酸はバランスを保つ事が大切なのですが、どちらも酸化に
弱くなります。

活性酸素を増やしてしまうと体を酸化させやくなり、酸化の影響を受けやすいリノ
ール酸はアレルギーを起こしやすくします。活性酸素とリノール酸を増えないよう
にする事が大切です。

リノール酸はべに花油(サフラワー油)ひまわり油(サンフラー油)コーン油
サラダ油、大豆油、ごま油等に含まれています。

意識しなくても普通の食事で摂る事ができ、外食が多すぎたり油を使う食事が多い
場合はすぐに摂りすぎになります。意識しなくてもすぐにリノール酸は多くなるの
でα-リノレン酸が多く含まれいる物を摂る事が大切です。

◎えごま油
α-リノレン酸が含まれるとリノール酸が含まれているのですが、α-リノレン酸よ
り多くリノール酸が含まれている事が多いのですが
「えごま」はリノール酸の約4倍のα-リノレン酸が含まれています。

えごま油はしそ油と同じ物になり「えごま」の言葉の知名度が低かったため
「しそ油」として販売していました。

えごま油は熱を加えると酸化してしまうので、オリーブオイルを使うように料理
にスプーン1杯程かけたり、スープに入れて摂るようにします。

活性酸素が増える原因

食べ物では食品添加物(加工食品等)やインスタント食品やスナック菓子、アルコ
ール、環境では排気ガスや化学物質(石油製品)たばこ、そしてストレスになり運
動が体に良いからと言って激しすぎる運動をしても活性酸素は増えてしまいます。

◎ストレスと活性酸素
食べ物で活性酸素を活発にさせない物を食べるようにしたり、活性酸素の影響を受
けにくい環境を選ぶ事で抑制する事が出来るのですが、形の無いストレスで活性酸
素がどうのように生まれるのかと言うと

ストレスを感じると体は副腎皮質ホルモンを分泌し体を守ろうとします。副腎皮質
ホルモンと一緒に活性酸素も作られてしまいます。ストレスを多く感じると活性酸
素もどんどん作られます。

ストレスは活性酸素を増やすばかりではなく免疫力(自己防衛機能)も低下させま
す。ストレスと免疫力(自己防衛機能)の低下には自律神経が影響をしています。

自立神経には起きている時に活動している「交感神経」と寝ている時やリラックス
している時に活動する「副交感神経」があります。自立神経が乱れると交感神経が
活発になります。

交感神経が活発になると免疫細胞のバランスを崩します。バランスが崩れると免疫
力(自己防衛機能)が低下し、花粉を「問題有り」と判断してしまい花粉症を悪化
させます。

交感神経は副腎皮質ホルモンに影響を与えます。副腎皮質ホルモンは活性酸素を作
ってしまうので、自立神経・交換神経・副腎皮質ホルモンのバランスを保つ事が大
切になります。

バランスを保ちながら発生してしまった活性酸素を抑える抗酸化作用のある食べ物
を摂る事で抑制します。

◎ストレスと免疫力に効果的な「ビタミンC」
ビタミンCはストレスの緩和と免疫力を向上する効果があります。ビタミンCが多く
含まれている食べ物にはピーマン、ブロッコリー、パセリ、玉ねぎ、レンコン、
じゃがいもがあります。

ビタミンCは熱に弱く水に溶けてしまうので調理する際は短時間でするようにします。
ビタミンCは多く摂りすぎると下痢になる事があります。一気に摂り過ぎないように
注意します。

◎活性酸素を抑える物質
体内には活性酸素抑えるα(アルファ)リポ酸が組織内に存在します。水溶性と脂
溶性を兼ね揃えているので体内の全ての細胞に入りこむ事ができ存在しています。
α(アルファ)リポ酸には活性酸素を抑える抗酸化力があります。

α(アルファ)リポ酸を含む食べ物にはブロッコリーがあります。
ブロッコリーはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEも含まれており、ビタミンCは
レモンが100mg/100gに対してブロッコリー120mg/100g含まれています。

ブロッコリーには活性酸素を抑える成分スルフォラファンやβ-カロテン、ビタミン
EやビタミンCが含まれる、強力な抗酸化作用がある食べ物になります。
カリフラワーも同じ品種になるので同じ効果があります。

◎抗酸化作用とヒスタミンを抑制する成分
活性酸素の抑える抗酸化力があり炎症の原因ヒスタミンも抑制する食べ物には

(玉ねぎ)
ケセルチンと言う成分が抗酸化作用とヒスタミンを抑制する成分があり、ストレス
に効果があるビタミンCにも働きかけます。ケセルチンは玉ねぎに特に多く含まれて
います。

熱を加えると壊れてしまうのでサラダやマリネにして食べるようにします。
ケセルチンはりんご、サニーレタス、ブロッコリー、モロヘイヤにも含まれます。

玉ねぎには「アリシン」と言う抗酸化作用の成分もあり、ケセルチンとアリシンの
W効果が期待できます。

玉ねぎでケセルチンを摂る場合1日半分から1個が理想なのですが、玉ねぎの皮には
実の約20倍以上ケセルチンが含まれています。効果的にケルセチンを摂る場合は玉
ねぎの皮から出来ている玉ねぎ茶がおすすめです。

活性酸素の抑える抗酸化作用があるアリシンが含まれている食べ物は
ねぎ、あさつき、にんにく、にら、らっきょう等があるのですが、熱に弱く水で流
れてしまうのでスープや生で食べるようにします。

(生姜)
生姜に含まれているショウガオールに抗酸化作用とヒスタミンを抑制する成分ありま
す。加熱する方がショウガオールが増加し体も温まりやすくなります。1日の摂取量は
生姜のスライス約6枚(10g)が適量です。

(トマト・にんじん)
トマトにはリコピン(赤色)、にんじんにはβ-カロテン(橙色)と言うカテロイドが
含まれています。カテロイドは抗酸化作用がありアレルギーが原因で起る炎症を抑制
してくれます。

色が濃くなる程量は多くなり生のトマトよりも加工しているトマトジュースの方が良
く、にんじんジュースの方が効果的に吸収する事が出来ます。生のトマトは炎症の原
因になるヒスタミンが多い食べ物になるので加工しているトマトを摂ります。

(ポリフェノール)
ポリフェノールは抗酸化作用と炎症の原因になるヒスタミンとロイコトリエンを抑制
する作用があります。ポリフェノールは水に溶けやすい成分になるので毎日継続的に
摂る事で効果を発揮します。

ポリフェノールの抗酸化作用と炎症を抑える食べ物には
シソ、玉ねぎ、レンコン、にんじん、大根
柿、ローズマリー、レモンバーム等があります。

活性酸素を増やしにくい食生活や環境にし花粉に対応する

花粉症になる前・花粉が飛ぶ前

 免疫力を整えて花粉は体に良くない物だと判断しないようにする。
 
「免疫力を整える」にんにく、海藻(昆布・ひじき)
「腸内環境を整える」りんご、玉ねぎ、ブロッコリー、海藻、にがり

 腸内環境を整える時に食べる事が多いヨーグルトや納豆等の発酵食品、バナナは花
 粉症になっている時には摂らない方が良い場合があります。

 理由には炎症の原因になるヒスタミンが多くなる事やアレルギーに反応しやすい食べ
 物でもある事から喉のいがいがや目のかゆみが増してしまう場合があります。

花粉が飛ぶ時期

 体内に花粉が入ってもアレルギーの反応が出やすい状態にしない。
「活性酸素を増やさない」「花粉を一定量貯めない」
 
 えごま油
 ビタミンC(ピーマン、パセリ、玉ねぎ、レンコン、じゃがいも)
 ブロッコリー、ブロッコリースプラウト
 ねぎ、あさつき、にんにく、にら、らっきょう、りんご

花粉症になってしまったら

 症状を悪化させないために炎症の原因を抑制する。
「粘膜を正常に保ち強化する」

 りんご、梅肉エキス、海藻(あおさ、ひじき)、にがり
 ケール、ブロッコリースプラウト

花粉が飛ぶ時期・花粉症になった時には

「活性酸素を増やさない粘膜の炎症の抑制」

 玉ねぎ、生姜、りんご、サニーレタス、ブロッコリー、モロヘイヤ
 トマトの加工食品(トマトジュース等)、にんじんジュース
 ポリフェノール
(シソ、玉ねぎ、レンコン、大根、柿、ローズマリー、レモンバーム)

 ポリフェノールはワインやチョコレートを思い浮かべる事が多いですが、発酵食品
 になるワインとヒスタミンを多く持っているチョコレートは花粉症になっている時
 には注意が必要です。

花粉症になる前やなった時に対応する事で、毎年少しずつ症状を軽減するようにしま
す。
025810_150 コンビニへお昼ご飯を買いに行った時に突然花粉症になりました。花粉を体の外に出
すための分子(免疫グロブリンIgE抗体)の準備が整い、外に出た瞬間花粉が体内に入
り合図が出たようです。

その時まで花粉症になった事はないのですが、3年程前に関西から関東に転勤になって
いました。関東は関西に比べ粉っぽさを感じる程花粉が飛んでいました。

花粉を感じてはいたのですが、仕事はオフィス内朝と昼少し、帰宅する時くらいしか
外に出る事が無かったのであまり気にすることなく過ごしていたのですが、体内では
着実に準備が進められていたようです。

日本での気流は西から東に流れてるので東側は花粉が多くなります。
スギの生産量が一番多い場所は宮崎県になるのですが花粉症の人は関東、東京の方が
多くなります。

理由には土が少ない場所では花粉が飛びまわりやすくなり、排気ガス等の大気汚染に
よって花粉に反応しやすくなっているようです。

関東から関西に戻り5年がたつのですが、関西で花粉が多い時には花粉症の症状は少し
出る事がありますが多いと言われない限りほとんど症状は出る事はありません。

スポンサードリンク
 

関連記事

花粉症の症状頭痛とは!頭痛から起こる症状には

花粉症の季節に 「くしゃみや鼻水、鼻づまりになった時に起る頭痛」 「くしゃみや鼻水、鼻づまりはい

記事を読む

花粉症喉の痛みに!対策をまとめて確認!

花粉症の症状が続くと喉の痛み、痰、イガイガ、痒み等の症状が出る事があります。 喉の痛みを抑える飲み

記事を読む

花粉症の症状対策は!食品や対応方法には!

花粉症の症状にはくしゃみや鼻水、鼻づまりがあり起る理由は花粉を体から出そ うとして起ります。

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る