お盆のお墓参り時期は!お墓参りに行くべき日には


お盆休みはほぼ全国同じ時期なのすが、地域によって少しずつ違うお盆の時期。
お盆の時期が変わればお墓参りの時期も変わるはずです。

スポンサードリンク


お盆の時期が地域によって違うのは明治5年に今まで使用していた
「旧暦」から「新暦」に法律で変わる事になったことから

 ・法律通り新暦に従い7月13日からお盆の時期にする
 ・今までと同じ旧暦にし毎年異なるお盆の時期にする
 ・新暦は早すぎるので旧暦の中間を取った8月13日からをお盆の時期にする

旧暦から新暦に変わる事は全ての行事を変える事になり、それはとても大変な事でし
た。その事から新暦は戦後になってやっと浸透するようになるのですが、お盆の時期
お盆のお墓参りの期間は地域によって変わるようになります。

お盆のお墓参りの期間

新暦をお盆の時期とする地域

新暦をお盆の時期とする地域は「東京・横浜・東北地方」
7月13日~16日の4日間をお盆のお墓参りの期間とします。

 7月13日 迎え日(盆入り)
 7月14日 中日
 7月15日 
 7月16日 送り日(盆明け)

月遅れお盆の時期とする地域

月遅れお盆の時期とする地域は「北海道・新潟・長野・関東南部・関西地方」
8月13日~16日の4日間をお盆のお墓参りの期間とします。

 8月13日 迎え日(盆入り)
 8月14日 中日
 8月15日 
 8月16日 送り日(盆明け)

旧暦をお盆の時期とする地域

旧暦をお盆の時期とする地域は「関東北部・中国・四国・九州・南西諸島」
お盆のお墓参りの期間は毎年変わります。
2017年の場合お盆は、9月3日(日)~9月5日(火)

 9月3日(日)迎え日(盆入り)
 9月5日(火)送り日(盆明け)

その他の年の早見表には「旧盆期間早見表

お盆お墓参り時期

お墓参りと言うとお墓にいる御先祖様や亡くなった方々のお参りに行く
お墓と言う家に行く事のように感じるのですが

お盆のお墓参りは
「御先祖様や亡くなった方々を自宅に迎える期間」
お墓にいる御先祖様や亡くなった方々を家に連れて帰ります。

 ・新暦をお盆の時期は「7月13日 迎え日(盆入り)」
 ・月遅れお盆の時期とする地域は「8月13日 迎え日(盆入り)」
 ・旧暦をお盆の時期とする地域は「2017年は9月3日(月)迎え日(盆入り)」

地域によっては前日(7月12日や8月12日等)にお迎えに行く場所もあります。
そしてお迎えした御先祖様や亡くなった方々はお墓に送る必要がある事から
「送り日」を設けています。

 ・新暦をお盆の時期は「7月16日 送り日(盆明け)」
 ・月遅れお盆の時期とする地域は「8月16日 送り日(盆明け)」
 ・旧暦をお盆の時期とする地域は「2017年は9月5日(月)送り日(盆明け)」

◎宗派や地域、個人個人違う
ほとんどの場合13日は御先祖様や亡くなった方々を迎えするのですが

 その後はお墓参りをしない
 その後もお参りをする
 14日は早朝にお墓参りをする
 15日は午後にお墓参りをする

宗派や地域、習慣で変わる事が多くなります。
お盆は御先祖様や亡くなった方々が家に帰るので誰もいないお墓に行っても意味が
ないように感じるのですが

掃除をするのは戻った時に綺麗な場所であるようにと言う思いから
何度もお参りに行くのは、すべての御先祖様や亡くなった方々に家があるわけでは
ない事からお墓で留守番をしている御先祖様のお参りをする等と言われています。

ツフ?ツδ環δ督ト ◎「迎え火」「送る火」「盆提灯」
御先祖様や亡くなった方々を迎える時には
お墓参りをした時や家に帰った時に行う「迎え火」送る時には「送る火」
家の中では「盆提灯」

迎え火は御先祖様や亡くなった方々が迷わず家に戻るようにする「目印」
 家の玄関等で素焼きのお皿にオガラを焚く
 お墓参りの後にお迎え用の提灯に明かりを灯して家に戻る
 
家の中では盆提灯を必ず飾ります。送る時には
 家の玄関等で素焼きのお皿にオガラを焚く
 もう一度お墓参りをして御先祖様や亡くなった方々をお墓に戻す

家からお墓に御先祖様や亡くなった方々を送ります。
オガラを焚く事が難しい場所(マンション等)や提灯をともしながら戻る事が難し
い時には家の中の盆提灯で「迎え火」「送り火」の役目をします。

盆提灯はローソク、電気どちらでも問題はなく
「迎え火」「送り火」の習慣がない(浄土真宗等)場合もあります。
各家庭、各宗派、各地域での方法が正しくなります。

お盆お墓参り時期

なぜこの時期がお盆になり4日間のお墓参り時期になったのかと言うと
日本では奈良時代頃(700年頃)から先祖を供養する風習がありました。

飛鳥時代頃に伝わった仏教に盂蘭盆会(うらぼんえ)と言う仏教行事があり
その仏教行事は7月15日を中心として4日間行われます。

◎盂蘭盆会(うらぼんえ)
中国から伝わった「盂蘭盆会(うらぼんえ)」には
お釈迦様の弟子が、亡くなった自分の母親が地獄に落ちて苦しんいるので
救おうとお釈迦さまに相談した時

「仏や僧達に飲食を供養すれば先祖が救われる」

亡くなってしまった御先祖様や今を生きる僧達に飲食を与える事は供養する事になり
母親だけでなく亡くなった御先祖様も苦しむことなく成仏出来ると言われます。

供養をした日が「7月15日」だった事から先祖の霊を供養するに日になります。
中国から伝わった
 ・御先祖様を思い供養、恩返しをする

日本にもともとあった
 ・先祖の霊が家に帰ってくる、各家庭での先祖供養
 ・生存者は行いや人格を正しくする期間

日本での風習と中国から伝わった盂蘭盆会(うらぼんえ)が重なり
日本独自のお盆の習慣が作られます。

そして7月15日は各地域や個人で活動していた僧侶が集まり修業をする日になり
位の締め日、この日を境に経験や位が積み重なります。
仏教にとって7月15日は様々な意味を持つ大切な日になります。

052422 180

墓参りしない・行けない場合

今住んでいる場所から「お墓が遠い」「不便な場所」「お盆の期間に都合が悪い」
お墓参りをするべきだとわかっていても、なかなかスムーズに行かない事が多くな
ります。

お盆のお墓参り時期にお墓参りをしなかったり、行けなかったりしても基本的には
問題はありません。その場合御先祖様を供養するために出来れば別の日にお墓参り
をします。

お盆の期間に行けない場合はお盆のお墓参りの時期の後より前の方が
好ましくなります。

しかし現実には別の日と言っているうちにあっという間に来年のお盆の時期になって
いたりします。もう何年も行けない時には

 ・業者に掃除を頼む
 ・近くの宗教や宗派でお経をお願いする
 ・お墓のある方向に手を合わせる

気持ちを整理する、納得させる意味で行う場合があります。
出来れば1年に一度は御先祖様や亡くなった方々に会いに行く方が
御先祖様は喜ばれるはずです。

スポンサードリンク
 

関連記事

お盆の仏壇飾り 飾り方は!お供えには

お盆は御先祖様を家に連れて帰り供養をする事から宗派や風習によって お盆の時に仏壇飾りをする事があり

記事を読む

2018年ゴールデンウィークのお休み 新幹線回数券の期間

待ちに待ったゴールデンウィーク、お正月以来やっと訪れる長いお休みです。 寒さも和らぎ、暖かくなって

記事を読む

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが いつの頃からかクリスマスリ

記事を読む

七夕飾り意味は!短冊の由来には

七夕はロマンティックなイメージがある事から、七夕のお願い事も恋愛にまつわる ことに感じるのですが、

記事を読む

月見団子はいつ食べる?ベストなタイミングには

竹取り物語や月の中のうさぎ、日本人にとって月は神秘的で神聖な物のイメージ があり、何と言っても月見

記事を読む

新入社員歓迎会の挨拶には!立場や状況での対応は!

新入社員になると歓迎会をしてくれる会社があります。その時には「新入社員からの 挨拶」先輩には「新入

記事を読む

水仙の球根育て方は!掘り起こし植え付け時期には

同じ方向を見ている様子がくるくる回る風車飾りのような「水仙」 緑の葉と花の色のコントラストと清楚な

記事を読む

節分恵方巻きの由来とは!意外な意味には

今では節分になるとスーパーだけではなく、コンビニエンスストアでも恵方巻きが 販売されていてます。昔

記事を読む

お中元とお歳暮の時期!地域で違う時期には

会社に勤め始めた時、結婚をした時、目上の人やお世話になった時、両親や友達に お中元やお歳暮を贈りま

記事を読む

おみくじの順番と平(たいら)!?知るべき事には!

初詣に行くと必ずといっていい程引いてしまう「おみくじ」 内容より気になってしまうおみくじの順番「半

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

ハロウィンが終わり11月になるとクリスマスを感じさせる商品やディスプレ

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑