気になる方法・時期・疑問の解決の手助けを目指して

気になるあれこれ。。

生活

染み抜き方法!コーヒーの染み抜きには

投稿日:2016年4月25日 更新日:

食後のひとときやどこかに行った時にも出されるコーヒー
1日に何度か飲む事が多くうっかり衣服について染みにしていしまう飲みのの上位
に入るような気がします。

身近な飲み物なのですが、衣服の染みになった時の絶望感は言葉になりません。
ほとんど諦めてしまうコーヒーの染み、区別をして染み抜きをすれば意外に
簡単に染み抜きが出来ます。

染み抜きをする前に

手洗いや水洗いが出来る素材なのか、ドライクリーニングのみになっていないか
洗濯絵表示を必ず確認します。

水洗いが可能な場合色落ちがしないか目立たない場所に水をつけて確認をします。
「素材」「色落ち」が確認できてから染み抜きをするようにします。

コーヒーの染み抜き方法

コーヒーの場合ブラックコーヒーや砂糖とコーヒーだけの時には
ついてすぐの場合すぐに水で濡らし染み抜きをするだけでほとんど染みになる事
がありません。

しかし、カフェラテ・カプチーノ、コーヒーフレッシュや牛乳を入れている場合
牛乳の成分「タンパク質」と「脂肪分」がコーヒーに加わる事で時間がたてばたつ
ほど染み抜きが難しくなります。

応急処置の方法

コーヒーの染みになってしまい、今すぐどうにか出来ない場合
お手拭き等で擦るのではなく、テッシュやハンカチでつまみ取ります。

その時裏面や他の部分にコーヒーが移らないように別のテッシュやハンカチを裏面
等にあてておくようにします。

これだけではコーヒーはついたままになります。
その後に出来るだけ時間をあけずにしっかり染み抜きをします。

ブラックコーヒーの染み抜き

牛乳やコーヒーフレッシュの入っていないブラックコーヒーや砂糖だけを入れた
コーヒーの染み抜きで用意する物は中性洗剤(台所用洗剤)

(染み抜きの方法)
①タオルを敷きます。タオルを敷いた上にコーヒーのついて部分を置きます。
 コーヒーをタオルに移すためと落ちたコーヒーが他の部分につかないように
 タオルを必ず敷きます。

②タオルを敷いたら、コーヒーの部分に中性洗剤(台所用洗剤等)を直接つけて
 裏からタオル等を使って叩いて染み抜きをします。

 素材が繊細な場合(風合いがある等)は中性洗剤(台所用洗剤等)を直接つける
 のではなくブラシ等に中性洗剤(台所用洗剤等)をつけてコーヒーがついた部分
 を叩いて染み抜きをします。

 下に敷いているタオルは色が移っている部分を移動させながら、常に綺麗な面を
 あてながら叩いて染み抜きをします。

③コーヒーの染みがタオルに移らないようになったら、揉み洗いをしながら水で
 洗剤を流します。水で流して綺麗になっていたらその後普通に洗濯をします。

 ほとんどの場合これでコーヒーの染みは落ちるはずですが、どうしても気になる
 場合は酸素系漂白剤を使います。

④水で洗い流した後に酸素系漂白剤に染みの部分を5~10分つけて置きます。
⑤酸素系漂白剤を使った後は普通に洗濯をすると綺麗に仕上がります。
siminuki coffe shuts 1302
コーヒーをこぼしてすぐの場合で綿やポリエステル等比較的扱いやすい素材では
コーヒーの染みの部分を直接水洗いすると、ほとんどの場合染みになる事は
ありません。

漂白剤以外でも少し時間がたった時は色素を漂白する効果レモンや酢、クエン酸を
使うと染み抜きが出来る場合があります。

①レモンの場合はレモン汁をコーヒーの染みに付ける
 酢の場合は酢を直接コーヒーの染みに付ける
 クエン酸ではクエン酸を約10倍に薄めてコーヒーの染みに付ける

②10分~30分置いた後に普通に洗濯をします。

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ等の染み抜き

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ等のコーヒー
牛乳やコーヒーフレッシュの入っているコーヒーの場合コーヒーではなく
牛乳やコーヒーフレッシュの成分を取り除く必要があります。

牛乳の成分のほとんどはタンパク質と脂肪分、脂肪分に比べてタンパク質の方
が多く含まれています。
牛乳を温めると上に膜がはるのもタンパク質が原因です。

温度が高くなると固まりやすくなるタンパク質を取り除いてくれるのは「酵素」
その事から「酵素入り洗剤」を使います。

酵素入り洗剤にはトップ・アタックバイオEX等があります。
染み抜きに使う時は液体の方が使いやすくなります。

タンパク質より少なくはなるのですが脂肪分にも注意が必要です。
脂肪分は水に溶け出さず水洗いをすると染みになりやすくなり、アイロンなどの
高温になると落ちにくくなる性質があります。

タンパク質と肪分の性質を踏まえて染み抜きをします。

(染み抜きの方法)
用意する物は
 ・酵素入り洗剤
 ・お湯に濡らしたタオル
 ・ラップ
 ・中性洗剤

①タオルを敷きます。タオルを敷いた上にコーヒーが付いて部分を置きます。
 コーヒーをタオルに移すためと落ちたコーヒーが他の部分につかないように
 タオルを必ず敷きます。

 洗剤をつけて少し時間を置くので他の部分にコーヒーが移らないように
 タオルは厚めに、薄い場合はタオルの下にビニール等の敷いておくようにします。

②コーヒーの染みの部分に直接洗剤をつけます。
 酵素入りの洗剤が粉末の場合少しお湯を加えペーストにしてから直接つけます。

③その上にお湯に付けて絞ったタオルを置き、その上にラップをして
 約20~30分置きます。まだ落ちない場合は絞ったタオルをもう一度お湯で絞りな
 おしてラップをつけて約20~30分置きます。

 それでも落ちない場合何度か繰り返してみて下さい。
 
④その後は中性洗剤でもみ洗いをして落とします。
  参考サイト:染み抜き方法【シミ抜きレシピ】
siminuki coffe shuts 1303
コーヒーは1日に何度か飲むタイプです。そしてコーヒーには砂糖より牛乳やコーヒ
ーフレッシュを入れてマイルドな味が好みです。

落ち着きがないのかなぜここでと言うタイミングでコーヒーの染みになったり
着替えをする時に気づくいつの間ついているコーヒーの染み
1年に何回はコーヒーの染みを経験します。

気づいてすぐの場合急いで水洗いし、家に帰って普通に洗濯をするとほとんど目立つ
事はないのですが、気づかずについてしまった時間が立ったコーヒーの染みはしっか
り染み抜きをする事が必要です。

いつもの習慣で思わず水洗いから始めてしまうのですが、まず洗剤をつける事が大切
になり、洗剤の種類は
 牛乳類が入っていたら「酵素系洗剤」
 入っていなかったら「中性洗剤」

焦ってしまうのか忘れてしまう事が多くそのまま染みをつけて着続けているのが
現実です。この機会にしっかり頭に入れておきたいと思います。

-生活

Copyright© 気になるあれこれ。。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.