十三参りの時期は!十三参りや着物には


関西では七五三より大切な行事でもある「十三参り(じゅうさんまいり)」
100年ほど前から行われ、京都から始まったとも言われています。

スポンサードリンク


十三参りの時期

数えの年齢で13歳の時に男の子・女の子が男女の通過儀礼として
旧暦の3月13日前後に「虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)」
現在では「氏神(うじがみ)様」を安置しているお寺でお参りをします。

旧暦の3月13日前後は新暦では4月13日前後になり
4月13日を挟む3月13日~5月13日にお参りをします。

数えの年齢は生まれた年も「1」と数える年齢になります。
今年12歳の人はプラス「1」を加え数えの年齢「13歳」になります。
小学校を卒業し、中学校1年生の春に十三参りを行う事が多くなります。

◎氏神(うじがみ)様
もともとは一族の事を守ってくれている一族の神様
先祖代々家族の祖先神・守護神を言います。

祖先神・守護神を氏神様と言っていたのですが、時代と共に土地を守る、地域を
守る神様と言う意味でも使われるようになります。
最近ではほとんどの場合土地を守る、地域を守る神様を氏神(うじがみ)様と呼
んでいます。

十三参りと虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)

十三参りを行う事になった由来に虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)があります。

虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)は仏教で信仰する対象の一つです。
虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)は限りない知恵と苦しみを取り除き、楽を与え
ようとする心、特に智恵・知識・記憶にとても良いとされ信仰されています。

記憶力を増進させる方法として「虚空蔵求聞持法」があり
空海が洞窟にこもり「虚空蔵求聞持法」を身に付けた事で、飛躍的に記憶力が増し
たと言う有名な伝説があります。

「13」と言う数字には
 奈良時代以降は男性が成人となる年齢であった事(12歳~16歳)
 女性が大人の女性・初潮を迎えやすい年齢であった事
 虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)は13番目に生まれた菩薩(ぼさつ)

子どもと大人の境目、大人の第一歩になる数えの年齢になる「13歳」
虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)の限りない「知恵」「学徳」「福徳」「多福」

そして、干支(十二支)が一周した最初に戻る節目、生まれてから初めての厄年
の年齢になる事から、厄除けの時期になります。

十三参りとは「知恵」「学徳」「福徳」「多福」を祈り「厄除け」をする
子供の成長に感謝する、お祝いをする日になります。

十三参り_230

十三参り着物

現在は普段過ごす時に着るのは洋服ですが、昔は着物を着て過ごしていました。
十三参りでは今まで子供用の着物だったのが大人の着物を着る年齢、大人の仲間入
りの意味になる事から

子供用の着物「四つ身」から、大人用で寸法で作られた物を「本裁ち」の着物を
着る時期になります。

その事から基本的には十三参りをする時には大人の着物「本裁ち」の着物を着る事
になり、大人の着物ではまだ大きいため着物を仕立て直しをして着ます。

12歳、13歳頃になると背丈は両親、大人と変わらないのですが幅はまだまだ子供の
幅である事が多く、袖の長さと肩幅を小さくする必要が出て来ます。

その事を「肩上げ」と言います。
丈も長い場合は「腰上げ」をして調整をします。

厄年でもあるので厄年には長い物を身につけると良いとされている事から
女の子の着物は振り袖、帯も大人用を使用します。子供用の帯でも短くなければ使
用しています。

振り袖以外には小紋、訪問着、色留袖、女袴でも良いようです。
男の子は紋付袴を着る事が多くなります。

女の子の髪は古風で可憐な・気品があるとされる稚児髷(ちごまげ)
未婚の女性の髪形になる結綿(ゆいわた)が多いようです。

着物は新しくなければダメかと言うとそうではなく、両親や兄弟、親戚が着ていた
着物でも問題ありません。

もともと着物は仕立て直して着る、代々受け継がれて着る物になります。十三参り
に着物を着る意味には「大人の第一歩」子供ではなくなる事から大人の着物を着る
事が重要です。

現在では体の成長の変化から「肩上げ」「腰上げ」をしなくても良い場合や洋服で
十三参りをお祝いする事もあります。

◎「肩上げ」「腰上げ」
自分でする事が出来れば良いのですが、自分で出来ない事の方が多く自分でしてし
まうと着物を痛めてしまう恐れもあります。

「肩上げ」「腰上げ」「着付け」をしてくれる場所は「呉服屋さん」
着付けだけの場合は「美容院」「着つけ専門のお店」
等があり、出張をしてくれる所もあります。

 肩上げの場合1箇所約2000円 腰上げの場合1箇所約3000円
 着付けの場合約8000円から

◎レンタル
着物は普段着る事がなく、成人式でも着物はレンタルの場合も多くあります。
十三参りの着物もレンタルが出来ます。
レンタルは写真館でも扱っている事が多くなります。

両親の服装

両親の服装は子供を引きたてるような色合いや服装。
母親の場合は訪問着や色無地、格下げの着物、スーツ
父親はブラックやダーク系のスーツ

母親がスーツの場合ブラック系よりも春を感じる、やわらかな色のスーツを着る事
が多いようです。

父親も着物を着る場合は母親の訪問着に合わせる必要があります。
着物は無紋の黒色以外の羽織袴、そして草履、白足袋、信玄袋、羽織紐は房付になり
扇子を持つ必要があるようです。


スポンサードリンク



関西

関西では「十三参り」関東では「七五三」
関東で始まったとされている七五三が関西に入って来るようになった事で
関西でも七五三もするようになります。

七五三のお祝いの仕方は関東関西で違い、同じようになったの昭和初期だと言われ
ています。七五三が伝わるまで関西では十三参りを行っていました。

政権は貴族が行っていた事、政権は京都に置かれていた事、十三参りが行われるよう
になった時期や虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)が置かれている等から

関西では十三参りを行う事が多くなり、七五三を行っていた関東では十三参りは必要
なかったのかもしれません。
十三参りとして有名な虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)がおられるお寺には

 

京都「法輪寺(ほうりんじ)」春の十三まいり・秋の十三まいり


 期間:3月13日から5月13日 
    秋 10月1日から11月30日
 
 時間:9:00~16:00
 御祈祷は予約の必要はなく受付順になります。

 祈祷料は
 1週間:5000円
 1ヶ月:7000円
 1年 :13000円

 お札とお守りとお供物(13品目のおかし)智恵の箸
 1年間の場合には数珠が付いています。

 〒616-0006 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
 電話: 075-862-0013
 ☞京都「法輪寺(ほうりんじ)」

奈良「弘仁寺(こうにんじ)」十三詣り

弘仁寺_340  期間:年間を通して受付・実施しています。
 4月13日は「春のお会式」を14:00から行います。
 事前に予約が必要です。電話:0742-62-9303
  
 時間:9:00~17:00
 入山料:200円
 拝観料:400円

 祈祷料:10000円
 紙に一字書きをします。(二文字・三文字でも良い)
 
 漢字には
 ・思い入れのある漢字
 ・今後の希望をあらわす漢字
 ・人生への気持ち

 自分の中に浮かんだ漢字を記入します。
 〒630-8412 奈良県奈良市虚空蔵町46番地 
 ☞奈良「弘仁寺(こうにんじ)」

大阪「大平寺(たいへいじ)」なにわの十三まいり


 期間:3月12・13日 十三まいり 新暦祭
    4月 9・10・13日 十三まいり 旧暦祭
 時間:9:00~16:00
 祈祷料:5000円
 ※年間を通して受付・実施しています。
 
 ※事前のお問合せ(祈祷料等)や予約をお願いいたします。
  電話:06-6779-9133
 
 〒543-0075 大阪市天王寺区夕陽丘町1-1 
 ☞大阪「大平寺(たいへいじ)」

最近では関東でも行うようになって来たようです。

東京「浅草寺(せんそうじ)」十三まいり

65150b778b26a49e3f4e17ce4dbedce0_230  期間:4月13日を中心として毎日(4月中)
 時間:6:00~17:00
 ご祈祷時間:午前6:00、午前10:00 午後14:00
 申し込みは浅草寺で行っています(電話受け付けは行っていません)

 十三まいり:お札・お守り・お供物
 祈祷料:3000円(紙札)5000円(小木札)
     1万円(大木札・赤水引)2万円(大木札・金水引)

 〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
 電話:03-3842-0181
 ☞東京「浅草寺(せんそうじ)」

浅草寺は海外の方も良く訪れる観光地でもあり、土・日曜日、4月は春休みにも
なる事から混雑が予想されますので午前中に行く事をおすすめします。

現在では「虚空蔵菩薩(ごくうぞうぼさつ)」に限らず、日頃お世話になっている
「氏神(うじがみ)様」を安置している各地域のお寺でも十三参りは行われる事が
多くなっています。

スポンサードリンク
 

関連記事

ひな祭り菱餅の意味は!食べるべき理由には

菱餅を良く見ると順番が微妙に違ったり色が加わったり、そしてこの餅は食べる 事が出来るのか、飾るだけ

記事を読む

ホワイトデーのお返し義理でもこだわりを感じる物は

ホワイトデーのお返しにもらうと嬉しい物に必ず入っているのは 「スイーツ等のお菓子」「チョコレート」

記事を読む

こいのぼりの意味は!吹き流しの色飾りの意味には

5月5日は「端午の節句」1948年(昭和23年)には 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる

記事を読む

母の日プレゼントの花は!気持ちを添えて選ぶなら

母の日にお花をプレゼントする事は多く、お母さんからもプレゼントされて嬉しい プレゼント、プレゼント

記事を読む

冬至のかぼちゃ由来には!冬至に食べたいかぼちゃとは

思いのほか好きな人と苦手な人(食べたくない人)がはっきりと分かれている 「かぼちゃ」芋のようなほく

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃと由来には!意外な事実を発見!

毎年10月31日に行われる「ハロウィン」 アメリカでは民間的な行事として定着しています。 毎

記事を読む

冬至のかぼちゃ地域で違う?!かぼちゃレシピの違いには

冬至にかぼちゃを食べたい、かぼちゃ料理を用意しようと思った時に ふと感じたのが「かぼちゃ料理、レシ

記事を読む

節分の豆まきやり方は!福を家に入れるためには!

節分になるとスーパーやコンビニエンスストア等で鬼のお面と一緒に販売している 大豆。袋には「福豆」と

記事を読む

冬至2017年はいつ?開運 幸福を引き寄せる冬至の日は!

朝起きる時や家に帰る時、朝や夕方に散歩等出かける時に感じる事が多い 「日の長さ」 朝は早くか

記事を読む

冬至にゆず風呂なのは?赤ちゃん敏感肌でも安心なゆず湯には

ゆずはみかんやグレープフルーツのように果肉を食べる果物ではなく 果汁を調味料、皮を香辛料として使う

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る