*

厄年の早生まれ2019年は!確認しておく事には

LINEで送る
Pocket

普段占いや縁起などを全く気にしていなくても、本人だけではなく周りからも言
われてしまう「厄年」

特に比較的に行くことが多いお寺や神社への初詣、必ず「平成○○年の厄年」とい
う張り紙がありいつの間にか自分の年齢はいつなのか確認をしてしまいます。

スポンサーリンク


厄年は数え歳という年齢になるのですが、その年齢は神社やお寺、住んでいる場
所によって変わるので、たまたま観光で行ったお寺の厄年と住んでいる場所にあ
る神社の厄年が違うの事は珍しい事ではありません。

その場合住んでいる場所や自分の育った場所での厄年を参考にする事の方が
多くなります。

厄年

昔から行われている風習や行事はほとんどの場合「数え歳」を使うことが多く
1年の考えや暦の種類も現在と昔とでは違う事で厄年のとらえ方も地域や場所に
よって違います。

アジアで栄えていた仏教、仏教では0(ゼロ)と言う考えは空、何もないと言う
意味になります。

例えば0周年、0年生等と表すことがないように本有(ほんう)始めから存在する
と言う考え用いている事で、体内と生まれた時をあわせて「1」としています。

東アジアになる日本や中国等では満年齢(今の年齢)を使うのではなく「数え歳」
を使いアジア以外の国、アメリカやイギリスでは満年齢しか使うことがありませ
んでした。

日本は長い間「数え歳」を使っていたのですが、世界のほとんどが満年齢になる
事から少しずつ満年齢も使うようになります。

そして1902年12月「年齢計算ニ関スル法律(明治35年12月2日(法律第50号)」
によって「満年齢」に統一され現在では満年齢を使うようになります。

厄年早生まれの場合

厄年には
◎新暦1月1日から1年とする場合
◎立春2月4日の節分後から1年とする場合
◎数え歳ではなく満年齢とする場合


それぞれ1年のとらえ方が違い、特に早生まれの厄年は自分が思っているより
1年早くなることがあります。

厄年の年齢

男性の本厄は25歳、42歳、61歳
女性の本厄は19歳、33歳、37歳、61歳


これらの前後1年は前厄・後厄と呼ばれ、注意をして過ごす必要があると言われて
います。前厄・本厄・後厄で注意をする度合いは本厄 → 前厄 → 後厄になります。

2019年の厄年男性の場合

前厄 本厄 後厄
1996年(平成8年)
生まれ
24歳 ねずみ年
1995年(平成7年)
生まれ
25歳 いのしし年
1994年(平成6年)
生まれ
26歳 いぬ年
1979年(昭和54年)
生まれ
41歳 ひつじ年
1978年(昭和53年)
生まれ
42歳 うま年
1977年(昭和52年)
生まれ
43歳 へび年
1960年(昭和35年)
生まれ
60歳 ねずみ年
1959年(昭和34年)
生まれ
61歳 いのしし年
1958年(昭和33年)
生まれ
62歳 いぬ年

2019年の厄年女性の場合

前厄 本厄 後厄
2002年(平成14年)
生まれ
18歳 うま年
2001年(平成13年)
生まれ
19歳 へび年
2000年(平成12年)
生まれ
20歳 たつ年
1988年(昭和63年)
生まれ
32歳 たつ年
1987年(昭和62年)
生まれ
33歳 うさぎ年
1986年(昭和61年)
生まれ
34歳 とら年
1984年(昭和59年)
生まれ
36歳 ねずみ年
1983年(昭和58年)
生まれ
37歳 いのしし年
1982年(昭和57年)
生まれ
38歳 いぬ年
1960年(昭和35年)
生まれ
60歳 ねずみ年
1959年(昭和34年)
生まれ
61歳 いのしし年
1958年(昭和33年)
生まれ
62歳 いぬ年

◎厄年の呼び方
「前厄 = 小厄 = 中厄」「本厄 = 大厄」「後厄がある・ない」
厄の呼び方は神社やお寺、場所で変わります。

新暦1月1日から1年

現在普通に使っている1月1日~12月31日を1年とします。早生まれ遅生まれと
いう考えをいったん無くして考える、年で考えるとわかりやすくなります。
例えば
 1993年(平成5年)6月3日生まれ
 1993年(平成5年)2月3日生まれ

1月1日~4月1日生まれの人は早生まれですが1993年でくくられるので
同じ本厄になります。

立春2月4日の節分後から1年

新暦の前に使っていた旧暦、1年の始まりは立春の前後になります。
立春の始まりは2月4日、2月4日~翌年2月3日を1年としていました。

 1993年(平成5年)6月3日生まれの人は「本厄」
 1993年(平成5年)2月3日生まれの人は「後厄」

早生まれになる1月1日~2月3日生まれの人は1年早く厄年が訪れます。
立春になる旧暦で厄年を行っている神社やお寺には

茨城県の大杉神社・栃木県の惣宗寺佐野厄除け大師・三重県の伊勢神宮
があります。

満年齢を厄年

ほとんど場合数え歳を厄年としとしているのですが
満年齢が厄年とする場所もあります。

例えば神奈川県の川崎大使では「その年の満年齢」を使うとしています。
神奈川県川崎大使「厄年」

(男性の厄年)

前厄 本厄 後厄
満24歳 満25歳 満26歳
満41歳 満42歳 満43歳
満59歳 満60歳 満61歳

(女性の厄年)

前厄 本厄 後厄
満18歳 満19歳 満20
満32歳 満33歳 満34歳
満59歳 満60歳 満61歳

自分の厄年を確認する場合まず確認するべき事は
「どこの神社やお寺を選ぶのか」「どこの神社やお寺に行くのか」

住んでいるまたは実家の近くの場所、厄払いや厄除けで有名な場所
神社やお寺のある場所や地域で厄年を確認する必要があります。


スポンサードリンク



厄年とは

厄年は自分に良くない事が訪れる、良くない事を引き付ける、いつもより悪いこ
とが起きやすい年だと思ってしまう事から

「結婚」「妊娠」「転職」等いつもより違う行動や思い切った転機は出来れば
避けるべきではないかと考えてしまいます。

自分から動くだけではなく、それらの幸運に恵まれている場合でも良くない事の
ように考えてしまう躊躇する、今回は保留にするべきだとも思うことが多いはず
です。
omamori 110 厄年を行うようになったのは平安時代までさかのぼります。厄年は不幸が訪れる
不幸な事にあうと言うのではなく体の成長や変化、結婚や出産の時期これらの事
が重なる年齢、生きていく中で注意した方が良い時期にあてはめられています。

例えば男性の本厄は25歳・42歳・60歳、平安時代頃では25歳の男性は働き盛り、
42歳には引退の年齢。

女性の本厄は19歳・33歳・37歳、平安時代頃では19歳は結婚出産の時期になり
33歳・37歳には子育ても落ち着く時期になります。

年齢が若い時に抱えやす生活の変化やストレス、年齢を重ねるほど今までと同じ
状態でも病気や事故が増えやすくなります。

今までと違った環境や生活習慣になりやすい時期、年齢とともに衰える体力や
気力、それらの時期が厄年の年齢にあてはまりやすくなります。

207668 150 厄年の時期について明白な根拠や統計的なデーターが残っていると言う事はなく
現在社会にあてはめると少し時期がずれてしまう感じもあるのですが

長く信じられ根強く受け継げられている事には誰もが身近に感じやすい経験する
事が多い、体の事を考えいたわる良い時期だということは間違いないはずです。

厄年とは基本的には「生活や習慣の変化」「体の変化」
区切りになりやすい年齢になり、悪いことがふりかかる、呼び寄せると言う事で
はない事から

「結婚」「出産」「転職」をしても厄年だから何か良くない事が起こる、厄年だ
からといってうまくいかなくなると言う事ではありません。

それでもやはり気になる、慎重にするべきだと思う時には厄払いや厄除けをお願
いすると気持ちも落ち着きやすくなります。

厄払い・厄除け

「厄除け」「厄祓い」「厄払い」「厄落とし」場所によって言い方が変わるの
ですが、すべてお祓い「災厄を除くための儀式」と言う意味になり

神社では「厄祓い」「厄払い」 : 災厄を取り払う、落とす事
お寺では「厄除け」 : 災厄防ぎ、取り払う事
と言う場合が多くなり、厄年以外でも厄払い・厄除けは行う事ができます。

厄年の厄払い・厄除けは「生活や習慣の変化」「体の変化」を乗り越えられるように
無事に厄年を過ごせるよう行います。

厄払いの時期

厄払いの時期は「お正月1月1日から2月3日までに行くことが良い」
されています。
日本では昔は旧暦を使っていた事から立春になる前日2月3日までと

「松の内」と呼ばれる1月1日~1月7日または1月15日の時期
松の内の時期は1月1日~1月15日なのですが、場所によっては1月7日までとする
場合もあります。

松の内の時期とはお正月に飾る門松には神様がいるとされていた事から
神様がいる間に厄払いをする方が良いと考えていました。

厄払い・厄除けをするのであればできれば
「1月1日~1月7日や1月15日、1月1日~2月3日」までにしてもうらうと
安心です。
ツフ?ツδ環δ督ト 自分だけの問題にしてしまうより自分ではない他に原因があった方が
頭の中を整理しやすかったり納得しやすい、どちらかと言うと安心しやすい
事も多くあります。

厄年になる事は憂鬱にはなるのですが
「今年は本厄だから」「今年から厄年だし」「厄年来た!」
厄年を原因にするといつもより悩みにくく、気持ちも切り替えやすくなります。

いつもより暴走気味でもペースを落としてみたり、慎重になる事は
失敗を招きにくく、事故や病気も少なくなります。

「厄年」と掲げてくれるおかげで慎重に冷静になりやすく、正式に小休止が
できるようになり実は物事がスムーズに進んでいたりする事もあります。

そして厄年には自分をいたわりながら毎日過ごす習慣をつける良い機会
なのではと感じてします

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
 

関連記事

早まれ遅生まれとは!メリットや違いには

普段ほとんど気にする事はないのですが「七五三」等の年中行事や「厄年」の時 手当などの手続きの時に悩

記事を読む

染み抜き方法は!ボールペン等ペンマジックの染みには

学校や仕事だけではなく家庭でも何かを記入する時や宅配のサイン等何かと使う事が 多い「ボールペン」や

記事を読む

日焼け止め効果の時間は!選ぶべき日焼け止めは

今では1年中使う事が多い「日焼け止め」 日焼け止めを選ぶ時には必ず記入している「SPA」「PA+」

記事を読む

スカートの種類や丈 簡単にわかりやすく解説!

パンツからワンピース、そしてスカートへ 今を感じさせるコーディネイトに欠かす事の出来ないアイテム「

記事を読む

膝の黒ずみのケアは!どうにかしたい黒ずみには

正座をする事は少なく、膝をつく事もほどんどない、どう考えても膝が黒くなる 習慣は見当たらないのです

記事を読む

日焼け止めノンシリコンは!肌に優しい日焼け止めには

紫外線予防のために日焼け止めや日焼け止め効果が含まれている商品はほぼ1年中 販売されています。

記事を読む

食後の眠気原因には!まず確認する事には

食後の眠気には悩まされる事が多いタイプなのですが その眠気の原因には体の中のホルモンが大きく影響し

記事を読む

食後寝る向きは?覚えておく価値あります!

食事をした後いつの間にか横になり「このまま寝てしまうと太ってしまう!」 と思いながらなかなか起き上

記事を読む

静電気体質の原因には!バチッになる前に

寒さが本格的になる頃 冬本番を迎える12月下旬頃から梅雨の前になる5月頃まで 静電気の発生が多く

記事を読む

びわの葉茶の効能や副作用には!毎日飲むには最適!?

・体調が優れない ・体調を崩しがち ・過去に病気をしている 季節の変わり目や慢性的に体調不

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

干支の相性は本当にあるの!?十二支で読み解く相性問題あれこれ

干支と聞いて、相性のことを考える方も多いと思います。 「あの

干支が持つ意味とは〜十二支に選ばれた動物たちと季節の物語〜

干支と聞くと、やはり思い浮かぶのは戌年・巳年などの動物たちだと

赤ちゃんと初めてのクリスマス!ファーストクリスマスは手作り!

赤ちゃんと一緒に過ごす初めてのクリスマスをどんな風に過ごそうか

今年こそゲット!ブランド福袋予約はいつから?手に入れるには

毎年11月頃になると人気ブランドの福袋予約がスタートします。 福

いつもと違う年末年始の過ごし方!2018年おすすめは!

秋に入ると1年の早さに驚きながらも「今年は年末年始をどう過ごそうか

→もっと見る