クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪


クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが
いつの頃からかクリスマスリースはクリスマスツリーよりも、身近で飾りやすい
アイテムになっているような気がします。

スポンサードリンク


もうクリスマスリースは持っているかもしれませんが、もし時間が作れそうであれ
ば今年は手作りのクリスマスリースにしませんか?

こちらのクリスマスリースはミシンは使わず全て手縫いで完成させます。
基本的には15個の丸でリースにしますが、白いリースのように円にできる数で
あれば数を変えても作る事ができます。

綿(ワタ)を入れる時に少し作業が細かくなりますが、作り方は簡単なのでお子様
でも作りやすいクリスマスリースです。

クリスマスリースーの作り方

クリスマスリースの出来上がり寸法は基本は 高さ:12cm 幅:12.5cm
綿(わた)の入れ方や丸の数で寸法は変わります。
クリスマスリースの型紙(PDF)は👉「クリスマスリースとツリーの型紙
時間ができた時にでも是非クリスマスツリーも作ってみてくださいね。
    クリスマスツリーの作り方は
    「クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

用意する物

生地   :生地幅110cm幅の場合17~20cm
      リースの丸一つは8.5cm×8.5cm
綿(わた):ツリーの中に入れる用 一袋あれば十分です。

テグス  :リースをつなげる時に使用します。
      糸で良い場合は糸を使用するのでいりません。

ミシン糸または手縫い糸:丸くぐし縫いをする時や飾るリボンを付ける時
            リボンの中心を固定する時などに使います。
ハサミ(糸切り、布切り)

【飾り用の小物】
※飾りのサイズは参考サイズなので購入しやすいサイズで問題ありません。

ベル(21mm):2個

両面サテンリボン(9mm幅):ベル付け用 約60cm
両面サテンリボン(18mm幅):リボン用 約55cm

 

針金(アクセサリー用やギフトラッピング用)
:ダブルリボンの場合中心を絞る時に使いますが糸で絞って作る事もできます。

 

今回はベルとリボンの飾りですが、基本的には好きな飾りを付けてます。
もしどんな飾りを飾ろうか?悩んでしまったら飾りの参考に是非ご覧下さい♪
 👉「クリスマスツリー飾りの意味は!オーナメントの意味には

型紙と裁断

型紙をプリントしてリースの型紙を線にそって切ります。
型紙を生地の裏面の上に置き、型紙にそってチャコペンなどで線を付けて
線にそって生地を切ります。

縫い代は0.5cmですが、ぐし縫い部分の印が必要な場合、型紙②で裏面に印を
付けます。
今回はこれを15枚作ります。

縫製の仕方

裏面から糸を通し0.2~0.3cmくらいの間隔のぐし縫いを1周します。
1周の最後は表面側に出して綿(わた)を入れます。
綿(わた)を入れたら縮めながら、綿入れ口を何度かぐし縫いをして閉じます。

綿(わた)は好みですが、たくさん入れる方が綺麗な円のリースに仕上がります。

綿(わた)を入れたら綿入れ口側を内側にしてテグスやミシン糸、手縫い糸でつな
げて円にします。テグスは4本通しています。

飾り付け

ベルをは2個両面サテンリボンで結びリースにも結びます。

リボンは横部分が二つになっているダブルリボンにしていますが、一つのリボンで
も良いので幅などを変えて試してみてくださいね。

ダブルリボンの作り方はこちらを参考にしています。「ダブルリボン
中心は針金だけではなく糸で結んでも作る事ができます。
リボンが付いたら出来上がりです♪
もし時間が作れそうであれば、是非同じ生地でクリスマスツリーも作ってみて
くださいね。ミシンを使う必要があるのですが、2つ並べるととても素敵です。
 👉「クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

私が作ったリースは5種類の生地を使っていますが、全て同じ生地で作っても、
全部違う生地で作っても、クリスマスに関係のない柄や色でも、リースにして
ベルやリボンをつけるとクリスマスの雰囲気が出ます。

今年使った生地はこんな感じの生地を使っています。

クリスマスの雰囲気を多く出したい時には、グリーンを多めに選ぶと
よりクリスマスらしさが増します。

このクリスマスリースは丸を多く作るのと綿(ワタ)を入れるのは少し手間かもし
れませんが、型紙が単純なので(円なので)
 
 ・好きな大きさにアレンジしやい
 ・数を減らしたり増やしたりしやすい
 ・どんな素材でも作りやすい
 ・飾りでデザインが変えやすい

毎年違うクリスマスリースにしたり、ちょっとしたプレゼント用に、生地をクリスマスの
柄にすると丸をつなげてしまわず転がしておくだけでも、クリスマスを感じさせて
くれます。是非毎年違う素材でも作ってみてくださいね。

スポンサードリンク
 

関連記事

彼岸のお供え物とのしは!使うべき種類には!

彼岸の時期には先祖がいる場所と私たちがいる場所が通じやすい時期になる事から 先祖への感謝と敬う気持

記事を読む

七夕飾り意味は!短冊の由来には

七夕はロマンティックなイメージがある事から、七夕のお願い事も恋愛にまつわる ことに感じるのですが、

記事を読む

新入社員歓迎会の挨拶には!立場や状況での対応は!

新入社員になると歓迎会をしてくれる会社があります。その時には「新入社員からの 挨拶」先輩には「新入

記事を読む

2017年お盆休みは!新幹線回数券の期間には

暑さが厳しくなってきた時にタイミング良く訪れるお盆休み お盆休みはいつものお休みと違い大切な行事が

記事を読む

京都 葵祭(あおいまつり)2018年!見やすいポイントは!

京都三大祭の一つ「葵祭(あおいまつり)」 昔には「賀茂祭」、または「北の祭」とも呼ばれ 「春日祭

記事を読む

おみくじの順番と平(たいら)!?知るべき事には!

初詣に行くと必ずといっていい程引いてしまう「おみくじ」 内容より気になってしまうおみくじの順番「半

記事を読む

あやめ しょうぶ かきつばたの違いは!特徴には

菖蒲園で花を見ていたり、菖蒲を育ててみようと探してみると 同じように見える花でも種類が何個かあると

記事を読む

節分恵方巻きの由来とは!意外な意味には

今では節分になるとスーパーだけではなく、コンビニエンスストアでも恵方巻きが 販売されていてます。昔

記事を読む

お中元とお歳暮の時期!地域で違う時期には

会社に勤め始めた時、結婚をした時、目上の人やお世話になった時、両親や友達に お中元やお歳暮を贈りま

記事を読む

桜梅桃の見分け方!出かける前に簡単チェック!

少しづつ時期をづらして咲く「梅」「桜」「桃」 お花見の時には一斉に咲いてしまい どれがどれだかわ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

ハロウィンが終わり11月になるとクリスマスを感じさせる商品やディスプレ

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑