食後の腹痛下痢が辛い・・・わかりやすく症状を解説!


食後腹痛が起り、下痢になってしまったり軟便が続いている場合には
体が異常を発しているのかもしれません。
いつか治ると思う前に是非確認してほしい症状をわかりやすく解説しています。

スポンサードリンク


いつも下痢気味の人でもいつもよりひどく感じる時や
今まで何にも症状がなかったのに腹痛から下痢、軟便が続きいている場合には
必ずきっかけがあったはずです。
そのきっかけを見つけるための主な症状・原因をまとめています。

目 次
食事の食べ過ぎや食事の内容
消化吸収不良

ストレスの蓄積
腸内悪玉菌の繁殖
過敏性腸症候群
病院へ

食事の食べ過ぎや食事の内容

「油分が多い食べ物が重なっていないか?」
「食べ過ぎていないか?」
年齢や体調、体に負担がかかる場合が多くあります。

▪ ラーメンやインスタントラーメン
▪ 揚げもの
▪ マヨネーズやドレッシング
▪ スナック菓子

最近食べる事が多くなっていた場合極力食べないようにし
食事を作る際はサラダ油ではなく
オリーブオイルやごま油を使うと消化しやすくなります。
少し贅沢な気持ちになるのですが、その時だけでも是非使ってみて下さい。

消化吸収不良

深刻な状態にならない限り
体調はあまり気にしない、気にしてられない場合が多くあります。

▪ 風邪気味
▪ なんとなくだるい
小腸が弱っている時におこる事が多く
小腸で栄養を十分に吸収されず便として排出されてしまいます。

▪ 軟らかい便(軟便)
▪ 多く出る
▪ 色が薄い
▪ 悪臭
便が浮いていたり、便器に付きやすくなり流してもなかなか流れにくのも
特徴です。

暴飲暴食はなく、食生活もあまり乱れていないのに
食後の腹痛や下痢が続き、体重の減少がみられる場合は
「消化吸収不良」の可能性があります。

症状が進むと
▪ 全身のむくみ
▪ 皮膚の乾燥
▪ 脱毛
等の症状も現れます。

いつもむくむ体質であったり、春や秋の抜け毛の季節や日頃から乾燥肌である場合には
症状の判断は難しいかもしれません。
しかし、いつもより少しひどくなっている事が多いはずです。
すぐに病院で検査をする必要があります。

166231_150

▪ 胃薬
▪ 鎮痛薬
▪ 高血圧薬
▪ 抗生物質

通常薬は小腸で吸収されるのですが、小腸で吸収されず
大腸まで薬の成分が通過してしまう場合があります。
その場合大腸は有害なものだと判断してしまい
大腸では吸収せず下痢を起こしてしまう事があります。

▪ 薬をコーティングしている成分に反応してしまう場合
▪ 抗生物質が腸の必要な細菌を殺してしまう

下痢がおこる原因になり、その場合薬を変えると治ります。
腹痛や下痢、軟便が続く場合に飲んでいた薬、飲んでいる薬
一度確認するようにします。
前にも飲んでいた薬であっても、体調によって症状が出てしまう事もあります。

ストレスの蓄積

▪ 生活の変化
▪ 環境の変化
▪ 睡眠不足

大腸は敏感に反応します。症状が現れ始めた時期
「今までと違った事はないか?」
「苦痛や苦手だと思う事はないか?」
まずは原因を見つけ
とても難しいかもしれませんが解決できるようにします。

問題を見つけた事で
▪ 考えすぎ
▪ 気にしない
▪ 薬が見つかった
改善の方向に向かう場合が多くあります。

腸内悪玉菌の繁殖

ストレスは体内のミネラルを消費します。

ミネラルは食事をしないと増えることはなく
食事をしてミネラルを摂取していてもストレスがある事で
サイクルが追い付くことが難しくなります。
ミネラルが不足すると悪玉菌増え下痢や便秘につながります。

ストレスの原因を見つける事でストレスの減少につながり
悪玉菌の繁殖を抑えます。


スポンサードリンク



過敏性腸症候群

もともと胃腸が悪い人が食後腹痛と下痢になる場合が多く
その場合「体質によるもの」
突然なった場合でも「ストレス」「年齢的なもの」このように言われる事が多く
病院に行った場合「慢性腸炎」と診断されていました。

最近やっと取り上げられるようになった過敏性大腸炎
病院でも3~5割は「過敏性大腸炎」と診断されています。

主な症状は
下痢、便秘、下痢と便秘の繰り返し
男性には下痢、 女性には便秘が多くなります。

▪ 頭痛、頭が重い
▪ 肩こり
▪ めまいや動悸
▪ 倦怠感
▪ 不眠
▪ ゲップ
等の症状もあらわれる事があります。

原 因
胃腸が弱い人のほとんどは「過敏性大腸炎」にあてはまり
▪ 社会的ストレス
▪ 自律神経失調症
▪ 心身症
このような症状の一部とされており
「過度のストレス」「環境」「気候」様々な事が重なりおこります

体に影響を及ぼしているストレス等を改善して行く事がもっとも大切になり
改善する事で自然に治ります。

「ストレスの蓄積」「腸内悪玉菌の繁殖」も進行する事で
過敏性大腸炎」につながります。

295987_150

病院へ

かかりつけの内科で相談
まずはかかりつけの内科があれば相談をし
適切な病院を紹介してもらうのが一番良い方法です。

かかりつけの内科が無い場合
▪ 胃腸科
▪ 消化器科

その場合「胃カメラや内視鏡検査」「レントゲン」「エコー」
を行う事が出来る比較的大きな病院を選びます。

心療内科や精神科「過敏性大腸炎」
「過敏性大腸炎」の場合精神的な事から起こる事が多く、直接心療内科や精神科に
行く事が早く感じるのですが
まずは内科に行きを飲んでも改善しない場合
相談をして心療内科や精神科行く方が良いように感じています。

理由には
▪ 「過敏性大腸炎」と診断されていない
▪ 「過敏性大腸炎」と自分で判断した場合
本当に「過敏性大腸炎」かどうかはわかりません
過敏性大腸炎ではない病気である可能性もあり慎重に判断する必要があります。

スポンサードリンク
 

関連記事

魚の骨が喉に刺さったら!すぐにやるべき事には!

子供や幼児に魚の骨が喉に刺さりやすいのは、まだ噛む力が弱く噛む回数も少ない 事から刺さりやすく、大

記事を読む

偏光サングラスの選び方は!用途で選ぶ時には

日本でもサングラスはファッションアイテムとして使う事が多くなった事から 昔程サングラスをする事に抵

記事を読む

大人のりんご病症状は!子供と違う症状には

子供頃のなる事が多いりんご病、すっかり忘れている事が多いのですが 大人になってもりんご病になる事が

記事を読む

洗剤の液体粉末の違いは!汚れで使い分ける方が良い?

洗濯用洗剤を購入する時に困るのは粉末と液体がある事。洗濯機によっては決まっ ている事もあるのですが

記事を読む

日焼け止め効果の時間は!選ぶべき日焼け止めは

今では1年中使う事が多い「日焼け止め」 日焼け止めを選ぶ時には必ず記入している「SPA」「PA+」

記事を読む

あせもに効く薬は!子供や大人におすすめの薬には

湿度が高かったり汗をかきやすい時になりやすい「あせも」 突然感じる痒みなのですが、実はいつの間にか

記事を読む

静電気の除去対策! 触る前したい防止方法

静電気の「バチッ」を感じないためには 触る前に静電気を除去(放電)する事が必要になります。

記事を読む

静電気防止スプレーは手作り!アレンジも簡単

顔や足にまとわりつきヒップに吸い付く「静電気」 空気が乾燥している時期や 物と物が擦れる事で発生

記事を読む

足がつる寝てる時に!考えるべき事には!

寝ている時に突然起こる「足のつり」足をぶつけたり怪我をした時の痛さと全く違 う激痛を感じます。寝る

記事を読む

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じる 11月頃に入るとトイレの

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る