ファッション

偏光 サングラス おすすめ!運転シーン別・コスパで選ぶベスト3

2019年4月28日


季節の変わり目は日差しの強さも急に変わるため目が周りに慣れていないので、車の
事故に注意する必要があります。交通安全運動も春から行われます。

今まではこの場所での光の反射などなかったはずなのに、急な光の反射で前が一瞬
見えなくなり「ヒヤッ」とした経験をしたことある人もいるはずです。

そんな時は車に一つ「偏光サングラス」を置いておくと安心です。

偏光サングラスを着けておけば光の反射を防げて安全運転に繋がります。
しかし、昼間や夜間の運転で状況は変わります。
そこで昼夜別でおすすめの偏光サングラスをご紹介します。

偏光サングラスおすすめ【昼】運転に最適ブランドベスト3

昼間は太陽の日差しが強く標識や人影など見えなくなる場合もあります。
至る所で反射を 起こしているので、薄いグレーやブラウン系のものを選びましょう。

注意点として濃いも のを選ぶとトンネルに入った際に対応に慣れないため注意して
下さい。

DNA 颯

日本製の偏光サングラスですので安心してご使用頂けると思います。
なぜかと言うと日本人が日本人に合うように造っているからです。

欧米人と鼻の高さ、骨格が違うのでそのフィット感は車の運転中でも問題ない使用感
があります。

ポリス STORM

シャープでカッコよくオシャレなサングラスです。
有名スポーツ選手で愛用している人も多く見受けられます。
こちらも日本人に合うようにデザイン設計されているので安心して使用できます。

オークリー

オークリー D-CLAW&KONKY COLLABORATION FISHING GLASSESはフィシング
用として開発された物ですが、運転用サングラスに求められる機能も備えています。

偏光サングラスおすすめ【夜】運転に最適ブランドベスト3

夜はもちろん昼間のような日差しはありません。ただ、対向車のヘッドライト特にハイビ
ーム時や路面の突然の反射などの際にあるとよかったと思うこともあります。

夜間はイエロー系やグリーン系などを選び青色光をカットするため有効です。
または雨の日でも有効なので車に1個入れておくと便利です。

Soxick

夜間運転用 偏光サングラス ドイツ製の夜間用サングラスです。
夜間運転時の大敵、青色光を遮るた対向車のライトもまぶしくありません。

ドイツで車の暗視装置開発に携わっているので、夜間に効果を発揮する偏光レンズの
第一人者とも言えるサングラスです。

AXE

AXE 偏光レンズサングラス AS-350CSの特徴は昼用としても使えるレンズがセット
でついている点です。
しかも合計4つもついているので安心です。そして専用のケースもついています。

Eye Me

日本の規格はもちろん世界各地の安全基準を満たしている一品です。
夜間運転で嫌な青色光を75%以上もカットしてくれる優れた商品です。

車に乗るのは昼が圧倒的に多いですが、夜間帰宅時や夜間運転の仕事の人におすす
めです。

実家への帰省などで久しぶりの長距離運転は疲れますよ。その際に少しでも目への刺
激を和らげるだけでも全体的には疲れにくくなります。

ただ、偏光サングラスが高くて買うことを悩んでいる人もいるかもしれません。
これからコスパのいい偏光サングラスを紹介します。

偏光サングラスおすすめ運転に最適コスパが良いベスト3

安くても「おもちゃみたいなサングラス」では意味がないですよね。ちゃんと使えて、効
果が意味ないといけません。総合での使用ですがご紹介します。

RIVBO

軽量かつ頑丈でフレームは弾力と柔軟性に優れています。
デザインもシンプルでオシャレなので運転しているときはもちろん普段で使用しても
問題ありません。レンズ以外も

・ケース
・メガネ吹き
・スポーツ用ストラップ

これらも付属しています。

コールマン

眼鏡の上からかけることが出来るサングラスです。
通常で眼鏡をかけている人はサングラスを度数付で購入すると金額も高くなります。

運転時だけ使うのであればこちらのようなオーバーグラスがあれば便利です。
もちろん、安いだけではなく暗い場所でも見やすい、そして細かいところまでしっかり作
られています。

FERRY

シンプルな黒縁眼鏡はどこにつけて行っても違和感はありません。
こちらも専用ポーチやマイクロファイバークロスも付いています。
デザインも無難で価格もお手軽で偏光性能も優れていると評判も上々です。

運転時の偏光サングラスの選び方

昼用・夜用とあるようにデザインだけで選ばないことが1番の注意点です。

ここを間違 えてしまうと思いがけない事故を起こしてしまうかもしれません。
十分に気を付けて購入してください。レンズのカラーは

・昼は薄いグレーやブラウン系
・夜はオレンジ系やグリーン系
※雨や曇りなども夜用と捉えて下さい。

一番は安全に快適に走ることができるということが重要。
くれぐれも忘れないようにしてくださいね。

いつの運転でまぶしさを感じるのは朝の日差し、夕方の日差しの他に、特にカーブを曲
がるときなど意外に多くあります。

・対向車の反射
・周囲のビルの反射
・自転車やスマホなどの反射
・水にぬれている場所での反射

夜間には他からの反射だけではなく、乗っている車のライトが反射して見えにくいことも
あります。車に一つ偏光サングラスは常備しておく方が安心です。

-ファッション

© 2020 気になるあれこれ。。 Powered by AFFINGER5