*

十二直や中段の意味は?吉日 凶日には!

LINEで送る
Pocket

突然ですが、十二直(じゅうにちょく)はご存じですか?

古来より使われていた暦の中段に記載されていたことから、カレンダーでは
「中段(ちゅうだん)」とも呼ばれ、建築業界では吉日を示すものとして現代でも
用いられています。

現代では、一部おみくじにも使われており、日本人の生活になじみのあるもです。
今回は、そんな十二直についてご紹介します。

目 次
陰陽道における十二直の意味
  十二直それぞれの名称と呼び方
十二直それぞれの持つ意味
十二直の概念は、どこまで信用できるのか

陰陽道における十二直の意味

「人」に対して一日の運勢を定める

日本で広く十二直が知られるようになったのは、陰陽道の普及が影響しています。

時間や方角を示す概念として有名なものに
「十干(じっかん)」や「十二支(じゅうにし)」などがあります。

これらはそれぞれ「天」と「地」の理を表すものとして考えられています。

陰陽道と「北斗七星」

陰陽道では、北斗七星がもっとも重要視されていて、生死をつかさどる神を示す
意味合いでとらえられていました。

この世に生まれた人間は、一人残らず北斗七星とつながっていると考えられていたの
です。中国でも最古に属する暦注のひとつでもあり、香港・台湾の暦注書にも記載さ
れています。

もっとも重要になる北斗七星の動きと「十干(じっかん)」や「十二支(じゅうにし)」
を組み合わせることで、12のサイクルによって「人の一日」の運勢を定めるもの
「十二直」としていました。


十二直それぞれの名称と呼び方

十二直と言うからには、12種類の名称・意味合いがあります。
その内訳は以下の通りです。

 ・建(たつ)
 ・除(のぞく)
 ・満(みつ)
 ・平(たいら)
 ・定(さだん)
 ・執(とる)
 ・破(やぶる)
 ・危(あやぶ)
 ・成(なる)
 ・納(おさん)
 ・開(ひらく)
 ・閉(とづ)


日本で広く十二直が知られるようになったのは、陰陽道の普及が影響しています。
それぞれに吉凶の意味があり、該当する日に「できること」「できないこと」が
決まっており、それを冒すと凶作用が起こるものと信じられてきました。

十二直それぞれの持つ意味

十二直一つひとつには、それぞれ吉凶含めさまざまな意味があります。
現代では100%それに従って行動するのは難しい面もありますから、参考程度に
とらえておくのがよいでしょう。

以下に、各直ごとに吉凶をまとめてみました。

建(たつ)

・何かを始めたり建立するにもっとも良い日
・その他の事始めなどは凶


建とは、世界創造の日を指しています。
万物が起こり始まる形を「建」と示しています。

それゆえ、何かを始めたり建立したりすることの一切を、この日に行うのがもっと
もよいとされています。

しかし、その他の事始めには凶とされます。
建築と似ていますが、土木工事などは凶になりますから、注意が必要です。
ちなみに、建築業界で言う「建築吉日」の一つです。

除(のぞく)

・禊ぎと関係する行いには吉日
・その他の事は凶


除とは、一切の穢れを祓い清める日のことを指します。
そのため、掃除・病気の治療・すすはらい・入浴といった、祓い・禊ぎと関係する
行いには吉日になります。

そのほかの事には凶となります。
特に、結婚や旅行・お金を貸すことなどは凶となります。

満(みつ)

・全ての福事が成就する日


満とは、全てのものが充満する日を指します。
そのため、五穀を収納したり、財を求めたり、蔵を立てたりするのによいとされて
います。

簡単に言えば、全ての福事が成就する日。
こちらも、建築業界で言う「建築吉日」の一つです。

平(たいら)

・平安に鎮まる日
・大吉の日


平とは、一切が平安に鎮まる日を指します。
家屋の建造などにも用いられ、一切のことに大吉の日です。
特に婚礼やお祝い事には大吉とされます。

こちらも、建築業界で言う「建築吉日」の一つです。

定(さだん)

・法令に基づいて事を行うのに適した日
・事を起こすのは凶


定とは、一切のことをしかるべきところに定める日です。
法令に基づいて事を行うのに適した日とされています。
具体的には、縁談や結納・契約事を行うには適しています。

移転・種まきにも吉ですが、これから事を起こす訴訟や旅行などは凶です。
内容にもよりますが、建築業界で言う「建築吉日」の一つとしてカウントするところ
もあります。

執(とる)

・神仏をお祀りすること、井戸掘り・増改築・祝い事に吉


執とは一切を所持する日のことを指します。
かつては他人から宝物を取るほか、よろずの物を取り始めるのに適している吉日
と理解されてきました。

現代では万物を採決する日と理解され、神仏をお祀りすることや、
井戸掘り・増改築・祝い事に吉とされています。

破(やぶる)

・狩猟・漁業・訴訟・談判には吉とされ、家屋の解体にも吉
・契約事や祝い事には大凶


破とは一切が破裂する日のことを指します。
現代風に言えば物事を突き破る勢いのある日です。
かつては合戦や城攻めに向いている吉日とされてきました。

現代では狩猟・漁業・訴訟・談判には吉とされ、家屋の解体にも吉です。
しかし、契約事や祝い事には大凶の日となります。

危(あやぶ)

・何をするにも凶


危とは、文字通り厳しい厄の集約する日を指します。
そのため、この日は何をするにも凶となります。

何らかの事業をこの日に始めたとしたら、まず間違いなく物事がつつがなく進捗・
成就する流れにはならないものと説明されています。

成(なる)

・必ず成就する吉日


成とは万物が成就する日のことを指します。
五穀における種子で言えば、蒔いた始め・中程の育ち・終わりの収穫時のいずれも
よいものとされます。

大きな願いを立て、大事業を行うのにもよく、必ず成就する吉日とされています。
よって、願い始め・行い始めに適した日とされます。
建築業界で言う「建築吉日」の一つです。

納(おさん)

・商品の買い入れ・新築などが吉
・暦によっては旅行や移転を凶


納とは、よろずの宝を納め、蔵にしまう日のことを指します。
五穀の収穫・財宝を買い取って家に納めるにはよい日で、万事大吉とされます。

現代では商品の買い入れ・新築などが吉とされますが、暦によっては旅行や移転を
凶とするものもあります。

開(ひらく)

・開業・建築・出張・婚礼などに吉
・暦によっては葬式・便所作りには凶


開には「法蔵の扉を開き通じる日」という意味合いがあります。
そのため、この日から始められた事業の全ては、成就しないということがないもの
とされています。

具体的には、開業・建築・出張・婚礼などは吉です。
建築業界で言う「建築吉日」の一つです。
しかし、暦によっては葬式・便所作りには凶となります。

閉(とづ)

・金銭の収納・墓建て、壁などの修繕には吉
・祝い事や旅行は凶


閉には「法蔵の扉に鍵をかけ、すべてを閉じ込める日」という意味があります。
基本的には諸事に用いない日となりますが、その意味合いから金銭の収納・墓建て
・壁などの修繕には吉となります。

反対に、外に開く意味を持つ祝い事や旅行は凶となります。

スポンサードリンク



建築吉日は

建築業界で言う「建築吉日」は

 ・建(たつ)
 ・満(みつ)
 ・平(たいら)
 ・定(さだん)
 ・成(なる)
 ・開(ひらく)


年と月の十二直を知りたい時には
☞ 「計算サイト(指定された月の十二直を計算します。)

十二直の概念は、どこまで信用できるのか

古来から伝わる概念である十二直ですが、現代では半ば迷信化しており、どこまで
信用できる情報なのかという疑問が生じます。
それは、大安・仏滅といった六曜も同様です。

現代では暦の意味合いを気にして行動していたら、スケジュールが自由になる自営
業者以外は全く動きが取れなくなってしまうため、あくまでも大事を行う際の参考に
する程度となっています。

しかしながら、建築業界で建築吉日を設けているように、十二直の概念を現代に
残している分野も少なからず存在しています。

ただ、葬祭においては友引の日を避ける、婚礼においては仏滅を避けるなど、
セレモニー業界では比較的六曜を優先する傾向があるようです。

また、おみくじには一部十二直の概念が残っているものもあり、代表的なものに
「平(たいら)」があります。

迷信として認識されていても、気にする人がいる以上、現代でも軽視できない概念
と言えそうです。



◎現代の建築現場と「三隣亡(さんりんぼう)」

十二直よりもなじみがある凶日に「三隣亡(さんりんぼう)」があります。
これは、建築関係者が特に大凶として忌むべき日であり、棟上げ・土起こしといった
作業を慎む必要がありました。

この日に建築事を行うことで、向こう三軒両隣をほろぼしてしまうと考えられていた
のです。「三隣亡(さんりんぼう)」は現代の建築現場でも重視されている場合が
あります。

ちなみにこちらは、大安や仏滅といった六曜と関係なく示される概念です。
十二直とは別に考える必要がありますから、注意が必要です。

十二直は、日本の暦の中ではどちらかというとマイナーですが、意味の深さや種類は
六曜に勝る部分があります。
ジンクスを気にする方にとっては気になる情報の一つになるでしょう。

しかし現代においては、あまりに気にしてしまうとかえって行動範囲が狭まってしまう
おそれもあります。

あくまでも予備知識としておさえておいて、何か大事を始める際のおまじない程度に
考えておいた方が、精神的には安心できるかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
 

関連記事

家庭用中性洗剤とは 中性洗剤の効果には

そろそろ衣替えだと思い洗濯の仕方を調べたり、スニーカーも汚くなってきた ので洗おうと思い調べてみる

記事を読む

ハッカ油の使い方お風呂から寝るまでの活用法!

お風呂に入る前、お風呂に入って、お風呂から上がってから 1日中なかで一番汗が噴き出るのではないかと

記事を読む

スカートの種類や丈 簡単にわかりやすく解説!

パンツからワンピース、そしてスカートへ 今を感じさせるコーディネイトに欠かす事の出来ないアイテム「

記事を読む

赤い小さい虫の駆除方法は!赤い小さい虫とは

いつの頃から窓やベランダで見るようになった「赤い小さい虫」 寒い冬が終わり暖かくなる、窓を開けて過

記事を読む

ワセリンとヴァセリンの違い グリセリンとは違う?

ワセリンとヴァセリンの原料はどちらも「天然100%のワセリン」 から作られています。

記事を読む

家庭訪問のマナー玄関は!座る位置はどこ?

新学期が始まる4月、ゴールデンウィークも近くなる5月になると 家庭訪問が行われます。 最近ではご

記事を読む

食後の腹痛下痢が辛い・・・わかりやすく症状を解説!

食後腹痛が起り、下痢になってしまったり軟便が続いている場合には 体が異常を発しているのかもしれませ

記事を読む

早まれ遅生まれとは!メリットや違いには

普段ほとんど気にする事はないのですが「七五三」等の年中行事や「厄年」の時 手当などの手続きの時に悩

記事を読む

かゆみ止めの飲み薬市販で選ぶなら!薬の違いには

かゆみを感じるといずれ気にならなくなると思い、そのままにしたり これ以上かゆみがひどくならないよう

記事を読む

新陳代謝を上げる方法は!新陳代謝とは

最近なんだかしんどい、夜眠れない、手足がとても冷える、肌の調子が良くない もしかしたら新陳代謝が低

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

十二直や中段の意味は?吉日 凶日には!

突然ですが、十二直(じゅうにちょく)はご存じですか? 古来よ

干支と方角の関係は!方角を示す違いには?

干支で有名な十二支ですが、現代でも方角や時刻を示すのに用いられ

陰陽師とは?陰陽師の現在 干支との関係には

一時期、小説や映画で有名になった「陰陽師」ですが、この陰陽師が

干支を使う占い 最強の種類はどれ?選ぶべき占いには!

干支は、さまざまな占いで活用されています。 古代中国の皇帝が

干支の相性は本当にあるの!?十二支で読み解く相性問題あれこれ

干支と聞いて、相性のことを考える方も多いと思います。 「あの

→もっと見る