*

おはぎとぼたもち違いは!呼び方を変えた理由には?

LINEで送る
Pocket

あんこがたっぷりと上に乗って中には程良い柔らかさのもち米、これ一つで大満足
な和菓子「ぼたもち」と「おはぎ」

今では1年中どちらも食べる事が出来るので、使い方は見た目のイメージで分けたりす
るのですがその違いには理由がありました。

スポンサーリンク


「ぼたもち」と「おはぎ」の違い

購入しようと思えばいつでも購入できるぼたもちとおはぎですが、スーパーやコンビ
ニエンスストア、百貨店や和菓子のお店、良く見える場所に置かれていたり大きく広
告を出している時期はお彼岸になり、四十九日の忌明けに食べる習慣もあります。

ぼたもちとは

春のお彼岸に食べる物を「ぼたもち」と言ます。ぼたもちと言う名前になったのは
春の花「牡丹」のように大きく丸い事から牡丹餅(ぼたもち)となったと言われて
います。

おはぎとは

秋のお彼岸に食べる物を「おはぎ」と言います。秋の萩の花のようにすっきりと小
さめの物になり萩を丁寧にいう「お」を付けてお萩(おはぎ)と呼ばれています。

小豆の理由

お彼岸にぼたもちやおはぎを食べ始めたのは江戸時代頃だと言われています。なぜ
お彼岸にぼたもちやおはぎを食べていたかと言うと小豆の色が「赤」だった事にあ
ります。

日本で赤は自分の身に悪い事が起らないようにするまじないや、のろいの力がある
色になり、魔除けや邪気を払う食べ物と先祖供養が結び付きます。

小豆は天候に左右されやすいため収穫出来る出来ない、小豆の良い悪いが年によっ
て大きく変わるいつも食べる事に出来ない物になり、この時代の砂糖もとても貴重
な物でした。

そのため先祖や大切な人、大事な時の一番のおもてなしの際に滅多に食べる事が出
来ない小豆と砂糖、供え物やお祝いごとに欠かすことが出来ない餅と組み合わせて
ぼたもち・おはぎを供え食べるようになります。

「つぶあん」と「こしあん」

秋にできる小豆やお米を使って作る事ができる「おはぎ」保存した物をでしか作る
事が出来ない「ぼたもち」春のぼたもちが「こしあん」で秋のおはぎが「つぶあん」
の理由には収穫時期があります。

秋に収穫できる小豆の皮は柔らかく食べていても口に残る事が少ないのですが、保
存していた小豆は皮が硬く口当たりが良くないためこし餡にして使っていました。

秋は収穫時期になるため新鮮な素材を使う事が出来る事から、収穫したての美味し
いお米を使っていたり柔らかい小豆を食べる事ができ、春は保存している物を使う
のでひと手間が必要になったのかもしれません。

季節によって変わる呼び方

春を「ぼたもち」秋を「おはぎ」と呼び、夏と冬の呼び方もあります。
夏は「夜船(よふね)」冬は「北窓(きたまど)」と名づけられています。

夜船(よふね)とは内側の餅の部分は餅付きのように臼でつかずに作る事から、音を
立てずに作る、ついた事がわからない「搗き知らず」から「着き知らず」となり、夜
の船もいつ到着したのかわからない事から「夜船(よふね)」となります。

「北窓(きたもど)」も餅をついている音が聞こえない事と北の窓は月が見えない事
から月は見えない、「搗き知らず」と「月知らず」になり「北窓(きたまど)」とな
ります。

ぼたもちもおはぎもお彼岸と結び付く事で大きく広がります。お彼岸と重なりにくい
夏と冬は広がりにくく、貴重な砂糖と小豆を年4回使う事が難しかったのかもしれま
せん。

◎不良品の「ぼたもち」
ぼたもちに関しては「ぼた」と言う言葉は米を脱穀する時に、良い物と悪い物を分け
られる時に出来る悪い方不良品の事を「ぼた」と呼び、良いものを「餅」現在で言う
B品を「ぼた餅」と呼んでいました。

不良品のぼたもちは見た目が悪くなることから、餅の周りに胡麻餡を付けて食べられ
たのが始まりだと言われています。江戸時代に季語を使う言葉遊びの際不良品の意味
になる「ぼた」が牡丹と重なってしまったのかもしれません。
 ☞「牡丹餅(ぼたもち)」の始まり

ぼたもちは地域によって「掻餅(かいもち)」「萩餅(はぎもち)」「なべすり餅」
等と呼ばれており、どちらかと言うと庶民の食べ物になり、各家庭で作り供える物に
なる事から地域や場所で呼び方が違うのかもしれません。

三色ぼたもちと三色おはぎ

おはぎとぼたもちには、厄除けを意味する小豆以外の物を使って作る「三色」の餡があ
り、その始まりは京都だと言われています。

三色が作られてのは中国の陰陽五行説の五色「緑、赤、黄、白、黒」からだと言われ
もともとはあんこ・きなこ・青のり・黒ゴマ・白あんの5色が始まりだったようです。
その後各地域で使いやすい材料を使い三色になります。

関西ではあんこ・きなこ・青のり、関東ではあんこ・きなこ・黒ゴマになり、愛知では
関東と同じあんこ・きなこ・黒ゴマなる事から愛知を境に北と南で種類が分かれます。

西の地域で青のりが残った理由は、青のりの生産地が四国になる事から手に入りやすい
食材であったようです。青のりはお好み焼きや焼きそばで使う青のりをイメージにする
のですが、和菓子で使われる際はお茶のような香りと味の青のりを使います。
224054_150 関西で青のりのぼたもちやおはぎを好んで食べるのは、本当の和菓子好きや甘すぎる物
が苦手な人のような気がします。三色ぼたもちやおはぎを購入して青のりを見るたびに
一体誰が食べるのか不思議で仕方がありませんでした。

しかし食べてみると青のりの塩と餡の甘みがマッチしてとても食べやすいのですが、ど
れか一つ選ぶとしたら青のりを選ぶ事はありません。
しかし青のりを選ぶ時はなぜか「大人」を感じます。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
 

関連記事

らっきょう島らっきょうの違いは!まだある違いには!

沖縄に行くとお土産売り場にある事が多い島らっきょう。 普段に良く見るらきょうとは臭いも味も違います

記事を読む

スナップエンドウとさやえんどう違いは!分かりやすく図解!

スナップエンドウとさやえんどう、絹さやどれも鮮やかグリーンの イメージが残り、時々わからなくなる事

記事を読む

バーベキューの野菜の下ごしらえ!前日準備おすすめは!

▪ 下ごしらえをする時に色が変わりやすい野菜 ▪ あくの出やすい野菜 &

記事を読む

本当に簡単!スコーンレシピ!イギリス風スコーンの作り方は

ジャムや生クリームをつけなくても十分美味しいスコーン。 紅茶はもちろんコーヒーにもあう、カフェで食

記事を読む

玉ねぎ新玉ねぎの栄養!びっくりする栄養には!

1年中購入することが出来る「玉ねぎ」生で食べても、調理をしても甘くて美味 しくなり、家に必ずある事

記事を読む

端午の節句ちまきと柏餅の由来には

早い所では2月頃から和菓子屋さんに出ている柏餅、端午の節句のころには粽もお 店に並び出します。

記事を読む

キウイの栄養と効果は!種類で違う栄養には

栄養の中には「熱に弱い」「水に流れ出やすい」 食べ物の中に豊富に含まれているのに調理をする事で失い

記事を読む

バナナマフィンレシピ!重曹で作るしっとりマフィンレシピは

お砂糖控えめ、バター控えめより食べて美味しい、また食べたいと思えるマフィン が作りたいと思い特に砂

記事を読む

シナモンシュガー作り方は!シナモンスティックの使い方には

シナモンシュガーやシナモンパウダー、シナモンスティック 色々使い分ける事ができる「シナモン」加える

記事を読む

肉は洗う?洗わない!その理由には

育った環境や教えてもらった時のやり方、特に料理の仕方は各家庭、学校や 習い事の先生によって変わる事

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

十二直や中段の意味は?吉日 凶日には!

突然ですが、十二直(じゅうにちょく)はご存じですか? 古来よ

干支と方角の関係は!方角を示す違いには?

干支で有名な十二支ですが、現代でも方角や時刻を示すのに用いられ

陰陽師とは?陰陽師の現在 干支との関係には

一時期、小説や映画で有名になった「陰陽師」ですが、この陰陽師が

干支を使う占い 最強の種類はどれ?選ぶべき占いには!

干支は、さまざまな占いで活用されています。 古代中国の皇帝が

干支の相性は本当にあるの!?十二支で読み解く相性問題あれこれ

干支と聞いて、相性のことを考える方も多いと思います。 「あの

→もっと見る

PAGE TOP ↑