気になる方法・時期・疑問の解決の手助けを目指して

気になるあれこれ。。

美容

シミにも効果!食べ物ならこれが良い シミに期待できる食べ物は

投稿日:

女性の憧れといえば、美しく透き通るような白い肌!ですよね。
しかし、きちんとスキンケアしていたつもりでも、気付いたら頬にシミができてショッ
ク・・・!なんてことがある方も多いのではないでしょうか。

シミの原因といえばやはり紫外線。もちろん、日焼け止めで外からガードすることも重要
ですが、シミに効果が期待できる食べ物を摂取することで、体の外側だけでなく、内側か
らのWケアでシミを予防しましょう!

そこで、体の内側からシミを予防し、肌を守るために効果的な食べ物やサプリをご紹介し
ます。

シミに効果が期待できる栄養素

どんな栄養素を取ればシミを予防し、消すような効果が期待できるのでしょうか。
代表的なものは

・ビタミンC
・ビタミンA
・ビタミンE

これらをまとめてビタミンACE(エース)と呼ぶこともあります。

ビタミンA

新陳代謝を促して、肌のターンオーバーを促進し、メラニンを排出させる効果が
期待できます。
また、紫外線から肌を守る天然の日焼け止めのような役割も担っています。

ビタミンC

シミのもとであるメラニンの生成、沈着を抑え、メラニン色素を還元してシミを
薄くする働きがあると言われています。
さらに紫外線ダメージで破壊されたコラーゲン細胞の補修もしてくれる、肌にとっ
てとても重要な栄養素です。

ビタミンE

抗酸化作用があり、血液循環を良くする働きがあるので、肌の新陳代謝を
促します。

では、これらの栄養素が多く含まれる、シミに効果が期待できる食べ物はどれかと言うと

シミに効果が期待できる食べ物

かぼちゃ

かぼちゃには、シミ予防に必要なビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが全て含まれています。
また、かぼちゃには食物繊維も豊富なので腸内環境を整えることもできます。

お腹の中からきれいになることで、老廃物が肌トラブルを起こすことを防ぎ、肌質の改善
にもつながります。

いちご

いちごには、100gあたり約62mgのビタミンCが含まれています。
これは、ミカンのなんと約2倍もの量です。甘くておいしいいちごを食べるだけでシミ予防
や肌を整える効果も期待できるなんて、一石二鳥です。

ナッツ類

ナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれています。
例えば比較的摂取しやすいナッツ類の100g中のビタミンEは

・アーモンドは:1.2mg
・ピーナッツ:11.4mg
・ヘーゼルナッツ:19.0mg
・ピスタチオ:4.0mg
・クルミ:3.6mg

アーモンドがダントツで含有量が多いですね。
ナッツでビタミンEを摂取するなら、アーモンドが最も手軽でおすすめです。

シナモン

シナモンには毛細血管を修復する作用があります。
血管が細くなったり、なくなってしまったりすると、酸素や栄養が皮膚に届かなくなり、
これがシミやしわの原因になることがあります。

シナモンを取ることで、血管を修復しシミやしわの予防、改善の効果が期待できます。

シナモンについてはぜひこちらも参考にしてください。
「」

ハトムギ

ハトムギに含まれるヨクイニンという成分には、肌のターンオーバーを整えたり、炎症を
抑えたりする働きがあり、肌の状態を整えて改善してくれる効果が期待できます。

シミに効果が期待できる食べ物:食べ方、いつ摂取する方がいい?

では、これらの食べ物はいつ食べるのが最も効果的なのでしょうか。
基本的には朝、昼、晩の食事でバランスよく摂取することが良いですが、それぞれの食べ物
について、いつ食べたり、どう食べたりすると効果がより期待できるのかご紹介します。

かぼちゃ

かぼちゃに含まれるβ-カロテン(ビタミンA)や、ビタミンEは脂溶性といって、油脂を
使って調理すると吸収率をあげることができます。そのため、バターや油を使って炒めたり
揚げたりすることでよりその効果を期待できます。

また、かぼちゃの皮にはβ-カロテン(ビタミンA)やビタミンEが身の約3倍も含まれて
いるので、皮は捨てずに一緒に調理するのが良いでしょう。

いちご

ビタミンCの1日の必要摂取量は100mgですので、いちごを5、6粒ほど食べればこの量
をクリアできます。

ただし、ビタミンCは摂取しても数時間後には排出されてしまいます。
そのため、一度に大量に摂取するよりは、朝食、昼食、夕食の時などに分けて摂取する方
がより効果的です。

ナッツ類

ナッツ類は、アーモンドであれば、1日に約20粒くらいの量をとるのが理想的です。
ナッツ類には食物繊維も多く含まれていて満腹感が得られるので、小腹が空いたときのお
やつ代わりに食べると間食が防げてダイエットにも効果があります。

シナモン

シナモンの摂取量は2~3日に1~3gで十分その効果を期待できます。

市販されているシナモンパウダーは平均して一振り0.02~0.12gほどの量ですので、
1日5-6振りほどの量を摂取するので十分です。

いつ食べても良いのですが、肌をつくる成長ホルモンは夜中に分泌されるので、シナモン
も夜寝る前に摂取すると、より高い効果が期待できます。

ハトムギ

白米と混ぜて、ハトムギご飯として食べたり、ハトムギ茶として飲むのと摂りやすいです。

はと麦は、お米と混ぜるならお米:はと麦を3:1で炊くとパサつきもさほど気にならず
おいしく食べられます。1日に10~15gほど摂取できると良いです。
これはだいたい大さじ2強くらいの量なので、手軽に食べられますね。

ハトムギ茶にする場合は、1日に30gほどを煎じたお茶を飲むと良いとされています。
ただし、飲みすぎると下痢をしてしまったりすることもあるので、1日3倍程度を分けて
飲みます。

シミに効果が期待できる飲み物

食べ物よりもさらに手軽に摂取できる飲み物にも、シミを予防したりする効果が期待でき
るものがたくさんあります。

アセロラドリンク

アセロラは、100g中に1,700mgものビタミンCが含まれていますので、シミ予防に効果
が期待できます。

トマトジュース

トマトに含まれるリコピンは、高い抗酸化作用があり、シミ予防が期待できます。
トマトジュースが苦手、という方は料理に活用して摂取すると良いでしょう。

コーヒー

朝は必ずコーヒーを飲む、という人も多いのではないでしょうか。
コーヒーに含まれるポリフェノールの働きによって、シミをつくるメラニンの生成が抑え
やすくなります。

シミに効果が期待できる飲み物:飲み方

アセロラドリンク

ビタミンCはこまめに摂取するのが一番効果が期待できます。
そのため、朝、昼、晩の食事と一緒に摂取すると良いでしょう。

食事では別食品でビタミンCを摂取できているという場合は、それぞれの食事の間の時間
に飲むとさらに効果が期待できます。

果汁10%のアセロラドリンクを1日100ml摂取するだけで、1日に必要なビタミンCが摂
取できます。

トマトジュース

トマトジュースに含まれるリコピンは朝摂取すると体に吸収されやすいことがわかっています。
そのため、トマトジュースの効果を高めるためには朝飲むのが適しています。

リコピンは1日に15-20mg程度摂取するのが良いとされていますので、市販のトマトジュース
200mlほどで摂取できます。

また、リコピンは脂溶性ですので、油脂を含む食品と摂取すると吸収力は上がります。
例えばベーコンや野菜を油でいためて、トマトジュースを加えてスープを作れば、より効
率よくリコピンを摂取できるでしょう。

コーヒー

ポリフェノールによる抗酸化作用は2時間ほどで高まり、4時間で消えるとされていますので、
3~4時間起きに摂取するのがおすすめです。

ただし、コーヒーにはカフェインも含まれていますので、飲む量は1日5杯(1杯あたり
150mlとした場合)以内に納めるようにしましょう。

みかんやレモン、朝食べるとかえってシミができる?!

みかんやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類にはビタミンCがたっぷりで肌にもよさ
そう!と思っている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、ビタミンCが含まれていてお肌に良いですが、1つだけ注意しなければいけな
いことがあります。

食べる時間

柑橘類には「ソラレン」という光毒性物質が含まれています。
なんと、このソラレンには紫外線を吸収しやすくしてしまうといった作用があります。

そのため、ソラレンを含む食べ物を食べてから紫外線を浴びると、逆にシミが増えてしま
う、なんて可能性があります。

柑橘類でビタミンCを取る場合は、夕方から夜にかけてなど、その後紫外線を浴びない
時間帯に食べるようにしましょう。

アセロラやいちごなど、柑橘類でないフルーツにはソラレンは含まれていないので、ビタミン
Cを朝や昼に食べ物や飲み物で摂取したいときはアセロラやいちごがおすすめです。

シミできた場所で食べ物おすすめ

・知らないうちに紫外線が当たっていた
・紫外線が当たりにくい場所
・日焼け止めの塗り忘れ、塗り直し忘れ

シミは顔以外にも、手の甲やお腹、腕、唇、背中など、いろんなところにできてしまうこと
があります。

これらのシミは、紫外線だけではなくきびや虫刺され、湿疹の跡がシミとなって残ってし
まう炎症後色素沈着の場合もあります。

この場合は、肌のターンオーバーを促進するビタミンAやビタミンEがたくさん含まれるも
のを摂取すると良いでしょう。

おすすめ

かぼちゃ・いちご・アーモンド・アセロラドリンク

そしてシミには、老人性色素斑と、肝斑があります。
顔(頬)にできるシミで最も多いものが、老人性色素斑です。
濃い茶色や、黒っぽい色で、紫外線や加齢の影響でだんだん濃くなる傾向があります。

頬骨のあたりに左右対称にでき、もやっと広がっているシミは肝斑といい、30~40代の
女性にできやすく、50代を過ぎると少しずつ薄くなったり、減ったりします。

これは女性ホルモンの乱れが原因とされますので、ストレスや生活習慣が引き金になるこ
ともあります。また、肝斑も紫外線を浴びると悪化し、濃くなる傾向があります。

そのため、老人性色素斑も肝斑も、ともに紫外線のダメージを防ぐビタミンCを摂取する
ことでシミを消したり薄くしたりする効果が期待でします。

おすすめ

かぼちゃ・アセロラドリンク

今回ご紹介したシミに効果が期待できる食べ物、飲み物は全ておすすめですが、その中で
も食べ物で「かぼちゃ」飲み物で「アセロラドリンク」は特におすすめです。

とはいえ、毎日決まった食べ物を食べたり飲んだりするのは大変ですよね。
そんなときに便利なのがサプリメントです。

シミに効果が期待できる:サプリメン

シミに効果が期待できるサプリメントはたくさん発売されていて、価格もさまざまです。
まずは自分に合ったサプリメントを探してみましょう。

サプリの選び方

たくさん販売されているサプリから自分にぴったりのサプリを選ぶためには、含まれてい
る有効成分や効果をチェックし、自分が求める効果があるものを選びましょう。

また、サプリというと高額なイメージがありますが、例えばDHCからは比較的安価で手
に取りやすいサプリもでていますので、手軽に取り入れることができます。

シミに効果が期待できる食べ物でシミに悩まない

女性にとっては肌の美しさは永遠の憧れであり永遠の課題です。
「肌のためには高い化粧水や美容液など、お金をかけないと良くはならない?」

なんて思いがちですが、意外にも肌に良い食べ物はどれも身近ですぐにでも取り
入れやすいものばかりです。そしていつの間にか忘れてしまう食べ物や飲み物だったりし
ます。

紫外線が強くなる季節だけではなく、紫外線が少なくなった時期にも食事にとりいれて、
体の内側からシミを作らない、肌を整える事を目指していきましょう。

-美容

Copyright© 気になるあれこれ。。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.