食べ物

ドライイーストとベーキングパウダーを間違えた!そんな時にはどうする?

2020年10月2日

生地を膨らませるためによく使われるドライイーストとベーキングパウダー。
ドライイーストとベーキングパウダーを間違って買ってしまったという経験がある人はいないでしょうか。

間違って買ってしまった場合、
「同じ膨らませるものだし、そのまま使ったらダメかな?」

と思う人もいるでしょう。

そこで、ここではドライイーストとベーキングパウダーを間違って使用するとどうなる
のかについて紹介します。

また、ドライイーストとベーキングパウダーを使わずに作れるものや代用品についても
紹介します。

ドライイーストとベーキングパウダーを間違えた時の対処法

ドライイーストとベーキングパウダーとでは

・膨らむ時の働き方
・膨らます力
・仕上がり

などが異なります。
よって、作る際にドライイーストがおすすめのもの、ベーキングパウダーがおすすめの
ものがそれぞれあります。

仮にドライイーストがおすすめのものを作る時に間違ってベーキングパウダーを使っ
て、ドライイーストを使う時と同じように作ってしまうと、思ったような仕上がりに
ならなくなってしまいます。

例えば、
ドライイーストは酵母を活動させるために発酵させる時間が必要です。

ベーキングパウダーは発酵する時間は必要なく、常温でも反応するためむしろ生地に
混ぜたら放置せず、すぐに焼く必要があります。

なのに、ベーキングパウダーを使用してドライイーストの時のように生地に混ぜてから
しばらく放置してから焼くと思うような仕上がりにならなくなってしまいます。

このように間違って使用すると失敗してしまう可能性が高くなりますが、ベーキング
パウダーとドライイーストそれぞれの特徴を知っておいて、間違っているのがわかった
上で作れば、間違った方を使用してもおいしく仕上げることは可能です。

ただし、互いの特徴を理解した上で作った場合であっても全く同じように仕上げるの
は難しいです。

例えば、

一般的にはベーキングパウダーと薄力粉を使用するスコーンにドライイーストを使用し
た場合、気泡が大きくなるためスコーン独特のホロホロ感は出しにくく、しっとりし
た仕上がりになることが多いです。

パンにベーキングパウダーは可能?

パンを作る時は、膨らます力が強く、弾力があってもっちりとした仕上がりにするこ
とができるドライイーストを使うのが一般的ですが、ベーキングパウダーで作ることも
可能です。

しかし、ドライイーストほど膨らます力がないため、ドライイーストほど弾力のある仕
上がりにはなりません。

また、ドライイーストの時に一般的に使用する強力粉は目が粗いので、膨らます力が
強くないベーキングパウダーでは十分に膨らますことできないので、薄力粉を使用す
るのがおすすめです。

薄力粉とベーキングパウダーで作った場合、ふわっとした仕上がりになり、サクッと
した食感になります。

ドライイーストやベーキングパウダーがない時の代用品

一般的にドライイーストやベーキングパウダーが必要なパンやお菓子などを作ろうとし
ているのに、ドライイーストやベーキングパウダーがないという場合、実は他の物で代
用することも可能です。

ここでは、ドライイーストやベーキングパウダーの代用品について紹介します。

ドライイーストがない時の代用品

ドライイーストは乾燥させた酵母菌なので、自分で酵母を作って代用することができ
ます。

自分で酵母を作る場合、醗酵するまでの期間が短いバナナ、レーズン、梨といった
果物で作るのがおすすめです。

作り方

まず、果物を適当な大きさにカットして蓋つきの容器に入れてます。
果物が完全に浸るまで水を入れて蓋をします。
そして、
1日に1回だけ蓋を開けて容器をゆすって空気を入れます。
4、5日くらいで気泡が出るので、中の果物を取り除いたら完成です。

手間と時間はかかりますが、自家製の天然酵母でいろいろなものを作るのも楽しいと
思います。

ベーキングパウダーがない時の代用品

ベーキングパウダーの主原料は重曹なので、重曹で代用ができます。

しかし、重曹だけでは苦味や臭みが出て、仕上がりも黄色くなってしまい、重曹だけで
は膨らませることも難しくなります。

重曹だけ膨らます時には、重曹を反応させて膨らます力を出すための「酸性のもの」
を加えることが必要です。
酸性のものでおすすめなのが

・チョコレート
・はちみつ
・ヨーグルト・レモン汁

などです。
チョコレート、はちみつ、ヨーグルトなどは苦味も抑える働きもあります。
レモン汁の場合は苦味を抑えられないので注意が必要です。

ドライイーストとベーキングパウダーを使わず作れる?

一般的にドライイーストやベーキングパウダーを使用して作るものであっても、実はど
ちらを使用しなくても美味しく作れるものをいろいろあります。

ここでは、その一部を紹介します。

パウンドケーキ

パウンドケーキにベーキングパウダーを使っている人が多いと思いますが、ベーキン
グパウダーなしでも作ることができ、ベーキングパウダー以外の材料は同じでも、きち
んと膨らませることもできます。

きちんと膨らませるためには、泡立ての時にしっかりと泡立てることと、泡立て後に
メレンゲを混ぜる時に気泡を潰してしまわないように混ぜるのがポイントです。

ピザ生地

ピザ生地はドライイーストやベーキングパウダーを使わなくても、強力粉、塩、マーガ
リン、水で作ることができます。

ドライイーストなどを使用する場合よりもサクッとしたクリスピーの生地に仕上がり
ます。

サーターアンダギー

サーターアンダギーもベーキングパウダーを加えず、強力粉、黒糖、卵でつくることが
できます。

固さは卵の量を増やしたり、牛乳を加えたりして、自分のお好みの固さに調節するこ
とができます。

ナン

ナンはドライイーストの代わりにヨーグルトを使うことで作ることができます。

2人分なら薄力粉225gでヨーグルト75g使用するとよいでしょう。生地をこねる際
に、しっかりとこねることでモチモチ感をアップさせることができます。

ドライイーストとベーキングパウダーを間違って使用するとどうなるのかについてや、
ドライイーストとベーキングパウダー使わずに作れるものや代用品についても紹介
しました。

こちらで紹介したように、ドライイーストとベーキングパウダーを間違っても作ること
は可能ですし、

本来ドライイーストやベーキングパウダーを使用して作るものでも、使用せずに作るこ
とも可能です。

ドライイーストとベーキングパウダーを間違って購入してしまった場合や切らしてし
まった場合は試してみてはいかがでしょうか。

-食べ物

© 2020 気になるあれこれ。。 Powered by AFFINGER5