*

熱中症対策の飲み物は!選ぶべきポイントには!

LINEで送る
Pocket

5月に入り気温が急に上がる時期から注意する必要がある「熱中症」
種類がたくさんあると悩んでしまうのですが、熱中症対策で飲み物を選ぶ場合には
自分が過ごす場所で選ぶ事がポイントになります。

スポンサーリンク


室内でも熱中症になる事が多い事から一番摂取しやすい飲み物では
種類も豊富に販売されています。

目 次
熱中症対策に最適な飲み物
  室内や毎日飲む場合
  体を動かす事が多い場合
  高温の場所にいる場合
熱中症対策の飲み物(手作り)
ミネラルが必要な理由

熱中症対策に最適な飲み物

▪体温を下げる事ができる
▪体温の上昇を抑える事ができる
▪汗となって出てしまった水分を補給できる
このような飲み物が最適です。

熱中症対策におすすめの飲み物

スポーツドリンク
経口補水液(けいこうほすいえき)
ミネラルウォーター(硬水・中硬水)
麦茶

室内や毎日飲む場合

毎日飲む場合にはカロリー少なめの方が安心です。
こまめに飲む事ができ、食事もする事ができる場合には
食事からミネラルや糖分等を摂る事できるので
飲みやすく購入しやすいミネラルウォーター(軟水)でも問題はありません。

室温が決められていたり、じわっと汗が出る状況では
▪ミネラルウォーター(硬水・中硬水)
▪麦茶

麦茶には
ミネラルの成分ナトリウム・カリウム・カルシウム等が入っており
ミネラルに特化した麦茶も販売されています。
汗を多くかく時に麦茶の成分では不足してしまう場合もあり
その場合には塩を少し入れるとナトリウムがプラスされます。

ミネラルウォーター(硬水・中硬水)は少し癖があるのですが
ミネラルの成分であるカリウムとマグネシウムが含まれています。
汗で不足してしまうミネラルを補い、汗を多くかいてしまう時や
スポーツ時にも最適です。

ミネラルウォーター(硬水)には
グリーンのボトルが素敵な「ペリエ」
コンビニでも買えるお手軽な「エビアン」
赤が印象的な「ヴィッテル」

ミネラルウォーター(中硬水)には
ブルーとピンクが可愛い「サンベネデット」
常夏の島を感じさせる「フィジーウォーター」

硬水が気になる場合には中硬水の「フィジーウォーター」がおすすめです。

1日に摂取する必要がある水の量は1.5~2邃錀だと言われています。
朝昼晩各食事や日中の合間、入浴前後こまめに水分を摂るようにします。

体を動かす事が多い場合

スポーツや高温の中での作業など体を使って何かをする場合には
▪スポーツドリンク

大量の汗をかいてしまうとミネラルだけではなく「糖分」も必要になります。

糖分が必要な理由
体のエネルギー源にもなる「糖分」は体にとって欠かす事が出来ない
栄養になり、体を動かすと糖分であるブドウ糖を使ってエネルギーを作ります。
体を動かせば動かすほどどんどん糖分は少なくなります。

糖分は体の中の水分を保持する力が強いと言われており
水分をしっかり体にとどめてくれます。

「水分」「ミネラル類」「糖分」
大量に汗をかく場合や不足しがちな時にはバランス良く摂取する事が大切です。

スポーツドリンクの主な成分はブドウ糖やナトリウム
販売されているスポーツドリンクには
ポカリスエット(100g 25カロリー)
アクエリアス(100g 19カロリー)
アミノバイタルボディリフレッシュ(100g 13カロリー)

カロリーが高い方がブドウ糖やナトリウムの量も多くなります。
かなり激しいスポーツをする場合には多すぎる糖分は反対に
体に負担がかかってしまうので2~3倍に薄めて飲むようにします。

スポーツをする際はスポーツを始める前、スポーツ中(可能であれば30分に1回)
スポーツの後水分をこまめに摂るようにします。
喉の渇きが激しい事から大量に飲んでしまう事のないように注意します。

高温の場所にいる場合

激しく体を動かす事はないのですが、炎天下の移動や適度に体を動かす時には
▪経口補水液(けいこうほすいえき)
▪ミネラルウォーター(硬水・中硬水)
▪薄めたスポーツドリンク

ミネラル類と少し糖分が入っている物がおすすめです。

経口補水液(けいこうほすいえき)
熱中症対策に作られたドリンクになり、スポーツドリンクより
ブドウ糖は少なく、ミネラルは多くなりカロリーは低くなります。
(100g 10カロリー)

ミネラルウォーター(硬水・中硬水)
ミネラルしか入っていないのですが、休憩する時間や食事をする事で糖分を
補う事もできることから不足しやすいミネラル類を中心に摂るようにします。

薄めたスポーツドリンク
スポーツドリンクの「糖分」と食事等をする時にも取る「糖分」
糖分が増えすぎてしまうと水分を体に吸収しにくくなります。
スポーツドリンクを2~3倍に薄めて飲むようにします。

スポーツドリンクの中でもアクエリアスゼロのような
糖分を少なくしている物もあります。

移動中や暑い場所にいる時は一番水分が摂りにくくなります
次の休憩の時まで、次のコンビニまで我慢をしているうちに喉の乾きを通り越し
熱中症に近づいている事が多くなります。
事前に飲み物を用意して、喉の渇きを感じる前にこまめに飲むようにします。

熱中症対策の飲み物(手作り)

外で飲み物を買うのは便利なのですが、量が多く必要な場合や
家で作り置きをしたい場合には手作りがおすすめです。

体に水分とミネラルをすばやく浸透するには糖分も必要です。
水分・ミネラル類・糖分を体に浸透しやすくする飲み物を「ハイポトニック飲料
と言い、短時間で水分浸透する必要があるスポーツ選手等に使われています。

用意する物
ミネラルウォーター:1邃貼r
塩:2g~5g(小さじ半分から1)
砂糖:大さじ1~4

入れ物や空いたペットボトルに入れてしっかり溶かして冷蔵庫で保存します。
甘すぎたり、塩味がきつい場合には調整して下さいね。

「レモン水」(ポッカレモン等)でビタミンC、疲労回復の手助けに「クエン酸」
すばやく疲労回復をしたい時は「はちみつ」
効果をプラスして作る事ができます。加える量は好みで調整して下さいね。
砂糖を黒砂糖やオリゴ糖、てんさい糖にすると白砂糖より体に優しくなります。

混ざりにく場合には1邃唐フミネラルウォーターを少し取り温めます。
温めたミネラルウォーターに塩・砂糖そしてレモン水やクエン酸、はちみつを
入れて良く溶かしてから残りのミネラルウォーターに加えると
混ざりやすくなります。
どのタイプも保存期間は冷蔵庫で1~2日


スポンサードリンク



ミネラルが必要な理由

熱中症は高温の中でおこる事が多く、熱中症の障害には
「体液の不足でおこる障害」「体温の上昇でおこる障害」

体の周りの温度が高くなると体温も高くなるため熱を外に逃がそうと
汗をかき体の熱を下げようとします。
体温と汗」は熱中症に大きく影響しています。

体温を下げる汗とミネラル
汗はどのように出来ているかと言うと血液の液体成分から出来ており
熱を逃がす時には激しく血液を流して汗を出しています。

汗の成分の約99%は水分になり残りの1%の中に
ミネラル(塩素、カルシウム、マグネシウム)があります。
99%が水分であれば水を飲めば問題なく感じ、最近まではとにかく水を
飲んでいたはずです。

ミネラルと体
ほんのわずかなミネラルがなぜ熱中症対策に大切かと言うと
私たちの体に大切なエネルギー源になる三大栄養素
「炭水化物」「脂質」「タンパク質」
体をスムーズに動かすために必ず必要になります。

三大栄養素を使うためには必ず「酵素」が必要になり
この酵素の活性化に必要な成分にミネラルがあります。
酵素は体の中でタンパク質から作られるのですが、ミネラルは体内で
作る事ができません。

ミネラル → 酵素 → 三大栄養素 → 体がスムーズに活動する・健康な体

ミネラルと熱中症
普通の汗はサラッと水のようなのは体に必要なミネラルを汗腺がしっかり
ろ過しているからです。
その汗に含まれているミネラルは1%未満になります。

熱中症での汗はじっとりしている事が多くその理由に「ミネラル」があります。
汗腺が正常に働かなる事で体に必要なミネラルをろ過する事ができず
汗と一緒にミネラルも出てしまいます。

体内の温度が異常に上昇し熱がたまってしまうのは
汗腺の働きが悪くなる事になり熱中症につながります。
海の水がベタベタするように、ミネラルが多く含まれている汗は
じっとりベタベタしています。

水と一緒にミネラルが必要な理由には
体内で作る事が出来ないミネラルが体から出てしまう事から
体を正常に戻す、体を動かす事に不可欠なミネラルを摂取する事が
とても大切になります。

取りあえず水がダメな理由

ミネラルが出てしまっている所に大量に水を飲んでしまう
体内のナトリウムがどんどん薄くなってしまい
だるさや吐き気が増してしまう事になります。

水だけではなく飲み物を飲む時にはコップ1杯程の量をこまめに飲むようにし
熱中症を予防する際は水と一緒にミネラルも摂取します。

冷たい飲み物もダメ!

水やスポーツドリンク、冷たい方が早く体が冷えて
スッキリするように感じるのですが、冷たい飲み物を大量に飲んでしまうと
血管が委縮してしまい、胃腸が弱る原因になり熱を下げるために
飲んでいるのですが逆効果にります。

飲み物を飲む時は
少し外に出してから(5度~15度)又は常温で飲むようにします。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
 

関連記事

食後の眠気原因には!まず確認する事には

食後の眠気には悩まされる事が多いタイプなのですが その眠気の原因には体の中のホルモンが大きく影響し

記事を読む

赤い小さい虫の駆除方法は!赤い小さい虫とは

いつの頃から窓やベランダで見るようになった「赤い小さい虫」 寒い冬が終わり暖かくなる、窓を開けて過

記事を読む

日焼け止め効果の時間は!選ぶべき日焼け止めは

今では1年中使う事が多い「日焼け止め」 日焼け止めを選ぶ時には必ず記入している「SPA」「PA+」

記事を読む

シアバターでクリームを手作り!使いやすくコスパも最高!

肌荒れや乾燥している時は肌は敏感になっている状態になり、その時に使うクリーム はこれ以上悪くならな

記事を読む

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じる 11月頃に入るとトイレの

記事を読む

染み抜き方法は!ボールペン等ペンマジックの染みには

学校や仕事だけではなく家庭でも何かを記入する時や宅配のサイン等何かと使う事が 多い「ボールペン」や

記事を読む

早まれ遅生まれとは!メリットや違いには

普段ほとんど気にする事はないのですが「七五三」等の年中行事や「厄年」の時 手当などの手続きの時に悩

記事を読む

リネン 麻の違いは!ラミー ヘンプの違いには

夏が近づく6月頃から登場する事が多い「麻」 麻素材の衣類だけでなくシーツやベットカバー等の寝具や小

記事を読む

髪のオイル使い方には!仕上がりに大満足

日中や髪を乾かす時に髪の乾燥やダメージを感じる事が多い トリートメントをするだけでは追いつかない時

記事を読む

新幹線の回数券年末年始使えるの?2018年~2019年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色々な意味 を含めた区切りがで

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

干支の相性は本当にあるの!?十二支で読み解く相性問題あれこれ

干支と聞いて、相性のことを考える方も多いと思います。 「あの

干支が持つ意味とは〜十二支に選ばれた動物たちと季節の物語〜

干支と聞くと、やはり思い浮かぶのは戌年・巳年などの動物たちだと

赤ちゃんと初めてのクリスマス!ファーストクリスマスは手作り!

赤ちゃんと一緒に過ごす初めてのクリスマスをどんな風に過ごそうか

今年こそゲット!ブランド福袋予約はいつから?手に入れるには

毎年11月頃になると人気ブランドの福袋予約がスタートします。 福

いつもと違う年末年始の過ごし方!2018年おすすめは!

秋に入ると1年の早さに驚きながらも「今年は年末年始をどう過ごそうか

→もっと見る