気になる方法・時期・疑問の解決の手助けを目指して

気になるあれこれ。。

食べ物

バーベキュー肉の量は?買う前に確認!

投稿日:2015年6月15日 更新日:


バーベキューの準備をする時に毎回悩む事が多い「肉の量
足りない時にすぐに買いに行く事が出来ないことから
多めに買ってしまいます。

お肉以外にも食べ物がある事と
最後の方には真っ黒になった肉を捨てる事を考えると少し少なめが
おすすめです。

肉の量

野菜や海鮮等お肉以外の食材もある事から
大人で約200g
子供で約100g

話ながら食べている事でいつの間にお腹がふくらんでいる事が多く
少し少なく感じる位が丁度良い量になります。

一般的に言われている量は
▪ 20代未満の人には300~350g
▪ 30代では200~250g
▪ 40代では150~200g

おすすめの肉の種類

牛 肉 肩ロース ホルモン タン
サーロイン ハラミ
リブロース ミノ
もも てっちゃん
カルビ・バラ こてっちゃん
鶏 肉 胸肉 豚 肉 肩ロース
もも肉
手羽 バラ
スペアリブ
(骨付きバラ肉)
軟骨 ・ 砂肝

焼き肉で食べるお肉はバーベキューにも適しているのですが

脂に注意!

霜降りのお肉は柔らかくとても美味しいのですが
脂が落ちて焦げやすくなり、落ちて脂で煙だらけになります。

バーベキューの時は
▪ 霜降りや脂が少なめ
▪ オージービーフ等脂の少ない物
脂が多い物は、網ではなく鉄板で焼くようにします。

スポンサーリンク

下ごしらえ

いつもと同じ食べ物であっても、外で食事をすると美味しく感じます。

▪ お手頃な価格
▪ 安くなっていた

程良い価格でも下ごしらえをする事で
やわらかくなり一層美味しく食べる事ができます。
 ※量により調整して下さいね

重曹(ひと晩)

用紙するもの
肉:400g
重曹:小さじ1
塩:小さじ1
水:400cc

重曹 ・ 塩 ・ 水を袋に入れ良く混ぜます。
 ▼
その中に肉を入れて良く振り
ひと晩冷蔵庫に入れておきます。

重曹につけていたので肉には塩の味が付いています。
食べる時には味付けに注意します。

牛乳(ひと晩)

肉の繊維を分解する作用がある「牛乳

冷蔵庫の中でひと晩つけておくと
▪ やわらかく
▪ 臭みを取る
▪ うまみが増す
肉が美味しくなります。

玉ねぎ(1時間~3時間)

▪ みじん切りにした玉ねぎ
▪ すりおろした玉ねぎ
玉ねぎを袋に入れ、その中に肉を入れて1時間~3時間
冷蔵庫に入れておきます。

玉ねぎに含まれている蛋白分解酵素(プロテアーゼ)が
筋などの固い部分を無くす働きがり
その事から肉がやわらかくなります。

舞茸の水(30分)

生の舞茸を水に浸し
浸した事で出来た舞茸の漬け汁に肉をつけ30分程
冷蔵庫に入れておきます。

舞茸の漬け汁にも蛋白分解酵素(プロテアーゼ)が含まれており
肉をやわらかくします。
舞茸はバーベキューで焼いても美味しいです。

赤ワイン(ひと晩)

肉300gの場合は赤ワイン150cc程用意し
赤ワインに肉をつけひと晩冷蔵庫に入れておきます。

赤ワインの成分が
肉の保水性をアップさせ肉が柔らかくなります。

123748_200

日本酒(ひと晩)

カップ1/3程の日本酒に肉をつけ
ひと晩冷蔵庫に入れておきます。

日本酒の成分には
▪ 肉の保水性をアップ
▪ 殺菌作用
▪ 臭みを取る
雑菌の除去もでき、肉をやわらかく美味しくします。

炭酸(10分)

ビールやコーラー等の炭酸に10分程つけてから焼きます。
炭酸に含まれる炭酸水素ナトリウムが肉をやわらかくし
臭みも取ります。

-食べ物

Copyright© 気になるあれこれ。。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.