桜梅桃の見分け方!出かける前に簡単チェック!


少しづつ時期をづらして咲く「梅」「桜」「桃」
お花見の時には一斉に咲いてしまい
どれがどれだかわからくなってしまいます。

それぞれの咲き方や特徴を知れば、春のお花見の時にも心配はいりません。

スポンサードリンク


咲く時期

気候等の影響で大きく変わってしまう事がありますが
▪ 梅は1月下旬
▪ 桜は3月中旬
▪ 桃は3月下旬から4月上旬頃

順に咲き始めます。
お花見と言われる時期には「梅」「桜」「桃」が同時に咲いてしまい
どうしても区別が付きにくくなります。

特 徴

バラ科・サクラ属

花柄(かへい)がなく枝にくっついているように花が咲いています。
花芽が1つの枝に1つしかなくポツポツと咲く
感じになります。

梅の葉は花が咲き終わってから出てきます。
梅は剪定に強く
切り詰めないと枝が伸びて乱れてしまい実の付き方も悪くなります。

花びらの先が丸くなっているのが特徴です。

ume hanabira2

バラ科・サクラ属

花柄がとても長く、枝から花がたくさん咲きます。
花芽がたくさんについていますので、花数が多くとても豪華です。

桜はむやみに切ると切り口が腐って枝が枯れてくることがあります。
花びらの先が割れてるのが特徴です。

sakura hanabira2

バラ科・モモ属

桜が咲く頃咲いている桃の花は「花桃」と言われています。
花を楽しむために品種改良された園芸種
花桃にも実はなるのですがとても小さく食べる事が出来ません。

花柄がとても短く枝に沿うように花が咲きます。
同じ場所から
葉っぱが1つと花が2つの同時に出ています。

花びらの先が尖っているのが特徴です。

momo hanabira2
毎年、お花見行った時やお散歩の時に見かけるたびに
迷う事が多い「梅」「桜」「桃」

お花の咲き方
花びらの形
すぐに見分ける事ができます。
※種類により違う事がありますので基本的な情報としてお役立て下さい。

スポンサードリンク
 

関連記事

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが いつの頃からかクリスマスリ

記事を読む

お盆のお墓参り時期は!お墓参りに行くべき日には

お盆休みはほぼ全国同じ時期なのすが、地域によって少しずつ違うお盆の時期。 お盆の時期が変わればお墓

記事を読む

新入社員歓迎会の挨拶には!立場や状況での対応は!

新入社員になると歓迎会をしてくれる会社があります。その時には「新入社員からの 挨拶」先輩には「新入

記事を読む

水仙の球根育て方は!掘り起こし植え付け時期には

同じ方向を見ている様子がくるくる回る風車飾りのような「水仙」 緑の葉と花の色のコントラストと清楚な

記事を読む

彼岸のお供え物とのしは!使うべき種類には!

彼岸の時期には先祖がいる場所と私たちがいる場所が通じやすい時期になる事から 先祖への感謝と敬う気持

記事を読む

節分恵方巻きの由来とは!意外な意味には

今では節分になるとスーパーだけではなく、コンビニエンスストアでも恵方巻きが 販売されていてます。昔

記事を読む

月見団子はいつ食べる?ベストなタイミングには

竹取り物語や月の中のうさぎ、日本人にとって月は神秘的で神聖な物のイメージ があり、何と言っても月見

記事を読む

お盆の仏壇飾り 飾り方は!お供えには

お盆は御先祖様を家に連れて帰り供養をする事から宗派や風習によって お盆の時に仏壇飾りをする事があり

記事を読む

2018年お盆休みは!新幹線回数券の期間には

暑さが厳しくなってきた時にタイミング良く訪れるお盆休み お盆休みはいつものお休みと違い大切な行事が

記事を読む

七夕飾り意味は!短冊の由来には

七夕はロマンティックなイメージがある事から、七夕のお願い事も恋愛にまつわる ことに感じるのですが、

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

ハロウィンが終わり11月になるとクリスマスを感じさせる商品やディスプレ

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

→もっと見る

PAGE TOP ↑