ライラックの花言葉 紫や色の花言葉には


ライラックは北海道で良く育つ事から庭木や街路樹として使われ
1960年(昭和35年)には札幌で「市の木」に指定されています。

冷涼な乾燥地を好み、高温多湿が苦手な事から北海道以外の場所ではあまり
見る事がないかもしれません。

スポンサードリンク


ライラックはヨーロッパの人達にとても好まれヨーロッパでも庭木や街路樹と
して良く植えられています。ライラックの開花時期は4月~5月頃
この時期ヨーロッパは1年の中で一番良い季節だと言われています。

日本の桜と同じようにヨーロッパでは毎年ライラックの開花時期を
楽しみにしています。

ライラックの花言葉

ライラックの全体的な花言葉は

「思い出」「思い出を大切に」「友情」「謙虚」

西洋では「Pride(誇り)」「Beauty(美)」になります。

色で変わる意味や花言葉

ライラックは色によっても意味・花言葉が付けられています。

紫色のライラックは「恋の芽生え」「初恋」「初恋の感激」「好き嫌いが多い」

白色のライラックは
「青春の喜び」「無邪気」「純白」「美しい契り(約束)」
「若さ」「若き日の思い出」
 西洋では「愛の最初の感情」「youthful innocence(若者の純潔)」

赤色・赤紫色のライラックは「愛の芽生え」
ピンク色のライラックは「思い出」

八重のライラックは「優しく控えめな女性」
野生種のライラックは「謙遜」

紫色のライラックに「恋の芽生え」「初恋」恋愛に関係している花言葉が付けられ
ているのは葉がハートの形をしている事で付けられたと言われています。

rairaku color 400 白色のライラックには「青春」「若さ」始めてに関係する、年齢的に若い人に向い
ている花言葉が多いのはフランスでは白色のライラックが「青春のシンボル」とし
て使われていた事で花言葉が付けられます。

白のライラックの伝説

同じヨーロッパでもイギリスでは青春のシンボルではない白色のライラックの伝説
が伝わります。

 イギリスの貴族がある田舎に出かけました。その田舎で村の娘に恋をして結婚を
 申し込みます。娘は貴族の申し込みに戸惑っていたのですが何度も娘の所に通い
 熱心に結婚を申し込む貴族に心を開き結婚の申し込みを受け入れます。

 しかし、貴族は都会の華やかな貴族の娘に心変わりをしてしまい田舎の娘は
 貴族に裏切られ傷心のあまり死んでしまいます。

 娘の友人は娘の墓にライラックの花を供えました。そのライラックは供えた時
 は紫色だったのですが翌日には白色のライラックに変わっていまいました。


紫色は悲しみの色となり、ライラックのような紫系の色はライラック以外の花でも
悲しみの色として使われます。
そして婚約解消をさりげなく伝える時にはライラックを贈ったと言われています。

白色のライラックは現在もイギリスのハートフォードシャー州の河の近くにある
教会の墓地に咲き続けていると言う事です。

ヨーロッパでは若い女性には良い意味として使われる事があまりなく
不吉の象徴にもなりライラックは部屋に持ち込んではいけない、身に付けていると
結婚が出来ないと言うことわざがあります。
お見舞い等にもライラックは持って行くべきではない花となっています。

rairaku kyoukai 4302 良い意味として使われる事がないライラックなのですが、小さな花が房状に付ける
姿が魅力的で香りがとても良かった事からヨーロッパの文学作品に登場します。

トルストイの「復活」やオルコット作品の「ライラックの花の下で」では
ライラックが使われ、トルストイの「復活」では魅力的な女性、自分が愛した女性
を思い浮かべる時に

オルコット作品「ライラックの花の下で」ではあまり幸せではなかった主人公は
ライラックの花から幸せな人生が始まります。「ライラックの花の下

ライラックは不吉の象徴でもある反面、幸せを感じる花としても使われます。
ライラックの花はほとんどの場合花弁が4枚なのですが、5枚以上の花弁を時々見つ
ける事が出来ます。

それを「ラッキーライラック」と呼び幸運のシンボルとされ
誰にも知られず飲み込むと愛する人との愛が永遠に続くと言われています。

lilacs-490005_150 ライラックの英語名は「Lilac(リラ)」英語の「Lilac(リラ)」はフランス語の
「Lilas(リラ)」から付けられます。フランス語の「Lilas(リラ)」はペルシャ
語の「likak(リカ)」ペルシャ語の「likak(リカ)」はサンスクリット語の
「nila(ニラ)」

ヨーロッパで好まれる事からヨーロッパ原産だと感じるのですが
ライラックの原産はイラン等のカスピ海南東部。

イランではペルシャ語の他にサンスクリット語が使われていました。
その事からライラックの名前はいくつもの言葉を経て付けられています。
 
 イラン:サンスクリット語の「nila(ニラ)」
     ペルシャ語の「likak(リカ)」
    ↓
 ヨーロッパに伝わり
 フランス語:「Lilas(リラ)」イギリスでは「ライラック」と呼ばれ
 英語では「Lilac(リラ)」

日本では英語名の「Lilac(リラ)」の文字を読みイギリスと同じ「ライラック」
と呼ばぶようになります。和名では紫丁香花(ムラサキハシドイ)と呼ばれ
ライラック、リラ、紫丁香花(ムラサキハシドイ)と呼ばれるようになります。

ライラック色

各言葉には色の意味もあり
 サンスクリット語nila(ニラ)は「暗青色」
 ペルシャ語のlikak(リカ)は「青色」
 フランス語のLilas(リラ)は「暗青色」
 英語のLilac(リラ)は「青っぽい」
 
ブルーベリーの紫をブルーと言うように紫系の色も青色と表現している事から
ライラックはもともとは紫色、青色系であったようです。
紫色・青色のライラックを改良しその他の色(白色やピンク色等)が生まれます。

ライラックはラベンダーのような紫系の色「やわらかい紫」の意味として
ライラックという色の名前としても使われています。
rairaku color 130 ウェブページのデザインに使うカラー16進表記には #c29dc8 の他には #C8A2C8
RGBでは(200,162,200)CMYKは(0,19,0,22)
ライラック色として表現されています。

ライラックの花言葉は誰かに贈るにはふさわしい花言葉なのですが
 ・不吉の象徴
 ・身に付けていると結婚が出来ない
 ・婚約解消

良い意味とは反対の意味も含まれる事から贈る花として使う時には
独身や既婚等贈る相手を把握する事がとても重要です。

どちらかと言うと贈るより庭や街路樹として、結婚式での花やおま
じない等自分用の花としての方が使いやすいのかもしれません。

スポンサードリンク
 

関連記事

花筏の意味は!花言葉には!

やっと桜が咲きはじめ、週末に桜を見に行く予定をいれていると必ずやって来る 突風や大雨。春は天候や気

記事を読む

母の日プレゼントの花は!気持ちを添えて選ぶなら

母の日にお花をプレゼントする事は多く、お母さんからもプレゼントされて嬉しい プレゼント、プレゼント

記事を読む

雪柳(ゆきやなぎ)の花言葉!雪柳に似た花には

枝が花束に覆われているような姿が華やかで美しく、遠くから見るとあたり一面に 雪が積もっているような

記事を読む

月桂樹の花言葉や意味には!言葉に込めた思いは

マラソンの時勝者にの頭に被せている冠は月桂樹で作られています。枝と葉で作っ た冠は勝利と栄光のシン

記事を読む

沈丁花の花言葉由来は!香水にほしい香りには

毎年同じ時期になると感じる香りはなぜか心地良く懐かしくなり、思わず足を止め たり、手を止めて香りの

記事を読む

ミツバツツジの育て方 植え方は!必ず咲かせるには

ピンクの色がとても綺麗なミツバツツジ 鮮やかな花が豪華に咲いている事から、思わず足を止め見つめてし

記事を読む

水仙の花言葉は!種類や色で違う花言葉には

白色と黄色の花、鮮やかな緑色の葉、他の花にはない個性的でありながら上品さを 感じさせる「水仙」思わ

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る

PAGE TOP ↑