土用の丑の日とは!2016年はいつ?


普段まったく意識をしていなくても、土用が近づいて来るとテレビ・雑誌・広告
スーパーやコンビニエンスストア等で「うなぎ」が目につく事で「土用の丑の日」
だと気づく事があります。

スポンサードリンク


今まで夏だけだったのが最近ではふとした時に土用のうなぎが現れるような気が
します。多くなっている土用の丑の日多くなっても正解なのか調べてみました。

土用とは

仏教や儒教と同じ頃に中国から
五行思想(ごぎょうしそう)・五行説(ごぎょうせつ)が伝わります。

五行では木・火・土・金・水の5種類の元素、自然哲学の思想からなる言われている
事から

 木は葉や花が木を多いいてる「春」
 火は光・炎・灼熱の火から 「夏」
 金は土の中に輝く鉱物・金属 収穫になる事で「秋」
 水は湧き出る泉、流れる水、命の泉等から  「冬」

木「春」火「夏」金「秋」水「冬」の季節にも割りあて使われています。

土は植物が芽が出る姿、発育する性質である事から
「季節と季節の間」「季節の変わり目」に割り当てられ、土の神が支配
する期間とされています。

この期間の事を「土旺行事」「土王用事」と呼ばれていました。
この言葉を省略して「土用」と呼ばれるようになります。

安定した時期が終わり、変化のある時期が始まる時いつもとは違う状況になる事から
気が旺(さかん)になる期間とされ、土を動かす、穴を掘る、土を扱う事を忌む
不吉な事けがれる事とされていました。生き物を殺す事も良くない時期として
土用の間日(どようのまび)と言う特別な日も設けていました。

2016年の土用の間日は
 冬土用の間日は1月21日・22日・24日・2月2日・3日
 春土用の間日は4月17日・18日・21日・29日・30日、5月3日
 夏土用の間日は7月20日・21日・25日、8月1日・2日・6日
 秋土用の間日は10月20日・28日・30日、11月1日

現在でも建物を建てる、家の新築の際の基礎工事は土用の期間を外して行う場合もあ
ります。

土用の期間

土用は季節が終わり、次の季節の始まりまでの期間
各季節の終わり18日頃から約18日間を土用の期間にし、約18日間を「土用」
と呼びます。

 立春(2月4日頃)
 立夏(5月5日頃)
 立秋(8月7日頃)
 立冬(11月7日頃)

冬が終わり春が始まる前「冬の土用」が 1月17日頃から
春が終わり夏が始まる前「春の土用」が 4月17日頃から
夏が終わり秋が始まる前「夏の土用」が 7月20日頃から
秋が終わり冬が始まる前「秋の土用」が10月20日頃から

始まりを土用入、終わりを土用明として各季節18日間を土旺行事・土王用事の期間
「土用」としています。
2016年の「冬の土用」は1月17日~2月3日
土用 冬の土用_550 「春の土用」は4月17日~5月4日
土用 春の土用_550 「夏の土用」は7月19日~8月6日
土用 夏の土用_550_2 「秋の土用」は10月20日~11月6日
土用 秋の土用_550

丑の日とは

数字を使う前には方位、時刻、年月日には文字で表現され、その文字には干支が
使われていました。

干支には十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)があり、年月日月には
十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)が使われれていました。

十二支は
子(ねずみ)丑(うし)寅(とら)卯(うさぎ)辰(たつ)巳(へび)
午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(いのしし)

日を日常的に使う事は少なかったようですが、特別な日や行事を行う時や期間に
は干支をあてた日が使わるようになります。

丑の日とは
土用の期間の中にある干支の十二支(じゅうにし)の「丑」と言われる日を言い
ます。

日を表現しているのが丑の日になる事から春・夏・秋・冬各季節の土用の期間に
は丑の日があります。

土用の丑の日の「うなぎ」

現在では春・夏・秋・冬の土用の丑の日にはうなぎを食べる、うなぎを食べよう
と宣伝されているのですが、もともとは夏の土用の期間の丑の日にうなぎを食べ
るようになります。

2016年の土用の丑の日は7月30日(土)
2016 土用丑の日_400_2
なぜ夏の土用の丑の日であったかと言うと「うなぎ・季節・日の色」「夏とうなぎ」
が合わさった事で食べられます。

1月から3月を春、4月から6月を夏、7月から9月を秋 10月から12月冬と割り当てる
季節に対して、季節や季節の月「節月」、節月の中には「節・節気」「中」と言う
季節があり、月の区切りを「節切り」としていました。

土用の最後の日は「節分」と言われ、現在では2月のみで使われているのですが
土用の期間の終わりにはどの季節にも「節分」があります。

季節の月「節月」は数字ではなく十二支(じゅうにし)で表現します。
五行思想(ごぎょうしそう)・五行説(ごぎょうせつ)になる五行には色もあては
められいます。

五行 季節
節・節気 節月 十二支
立春 雨水 1月
啓蟄 春分 2月
・黄 木・土 清明 穀雨 3月
立夏 小満 4月
芒種 夏至 5月
・黄 火・土 小暑 大暑 6月
立秋 処暑 7月
白露 秋分 8月
・黄 金・土 寒露 霜降 9月
立冬 小雪 10月
大雪 冬至 11月
・黄 水・土 小寒 大寒 12月

春は「青色」「辰」夏は「赤色」「未」秋は「白色」「戌」
冬は「黒色」「丑」になります。

夏のうなぎ

夏の暑い季節には食欲もなくなり、夏バテしやすい事からさっぱりした冷たい物を
好みます。クーラーや扇風機が無かった時代は特に暑さは厳しく感じたはずです。

うなぎを売るお店では毎年夏になるとうなぎが売れなくなる事から、万能学者でも
あり現在のコピーライターのような存在でもあった平賀源内にお願いし
「本日、土用丑の日」
と言う張り紙をして大繁盛した事から始まったと言われいます。

キャッチコピー、宣伝文句の意味には
夏の季節には冬に対応する、反対の季節に対応する方が良いとされいる事から

夏は赤色・未 ⇔ 冬は黒色・丑
 夏の反対の季節は「冬」
 冬の季節の終わり月は「丑」、色は「黒」

夏の土用は「丑の日」になり
うなぎの「う」と丑の日の「う」、うなぎの色「黒」と月の色「黒」
夏の土用の期間の丑の日にはうなぎが最適だと宣伝します。

うなぎ以外

「う」の付く物
「黒色」

うなぎ以外にはどじょう、黒鯛、ナス
しじみや餅には縁起物、厄除けに良いと言われている小豆あんを入れた餅
「土用しじみ」「土用餅」として食べられていました。

「う」のつく食べ物としてウリや梅干し、うどんも食べられています。
夏の土用「丑の日」には薬草を入れた風呂に入ったり、お灸をすると夏バテ防止
疲労回復に効果的、厄除けの意味のある食べ物が食べられていました。

うなぎを食べるのは夏の土用に意味があります。

その他の季節では春は青色・辰 ⇔ 秋は白色・戌、夏は赤色・未 ⇔ 冬は黒色・丑から
 冬の土用は「未の日」ひの付く赤色の食べ物や物
 春の土用は「戌の日」いの付く白色の食べ物や物
 秋の土用は「辰の日」たの付く青色の食べ物や物が良いとされています。

始まりは少しこじつけ、無理やりな感じですが、うなぎは栄養面から夏バテには最適
な食べ物になる事から、宣伝に乗せられて食べたとしても夏バテしにくく、夏を乗り
切りやすくなった事から本格的広まったようです。

スポンサードリンク
 

関連記事

赤飯に合うおかずは!おすすめレシピには

赤飯と言えばお誕生日、季節の行事、入学式等、特にお祝い事にはなくては ならない食べ物です。特別な時

記事を読む

キウイアレルギーの症状は!アレルギーの対処には

キウイを食べると口の中で違和感を感じたり、唇が腫れてしまう等 キウイには人によってはアレルギーの症

記事を読む

初心者向き!アロニアの育て方は実の食べ方には

果実の中では多く含まれている食物繊維、疲労回復に効果が高いリンゴ酸はりんご より多く、鉄分はプルー

記事を読む

玉ねぎ新玉ねぎの栄養!びっくりする栄養には!

1年中購入することが出来る「玉ねぎ」生で食べても、調理をしても甘くて美味 しくなり、家に必ずある事

記事を読む

冬の土用2017年は!冬の土用うなぎには

土用と言えば「土用の丑の日」、その日には「うなぎを食べよう!」とスーパー等の お店やテレビ、チラシ

記事を読む

らっきょうの効能とダイエットは!驚くべき効能すぐにチェック!

カレー等に一緒についている事が多いらっきょう、普段食べる機会が少ないのです があれば必ず食べてしま

記事を読む

おにぎりダイエット効果は!ダイエットの方法には

食事制限や運動をしてダイエットする、体重を減らすのでなく おにぎりと野菜を食べてダイエットする「お

記事を読む

ざるそばもりそば違いは!?簡単チェック!

そばを選ぶ時「ざるそば」「もりそば」「せいろそば」「かけそば」等があり そばだけを見ると同じに見え

記事を読む

おからダイエットの効果!思わず選んでしまう効果には

ダイエットをする時にくじけそうになる理由に「空腹感」があります。 空腹感を感じにくい食べ物でカロリ

記事を読む

おはぎとぼたもち違いは!呼び方を変えた理由には?

あんこがたっぷりと上に乗って中には程良い柔らかさのもち米、これ一つで大満足 な和菓子「ぼたもち」と

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る

PAGE TOP ↑