冬の土用2018年は!冬の土用うなぎには


土用と言えば「土用の丑の日」、その日には「うなぎを食べよう!」とスーパー等の
お店やテレビ、チラシや雑誌などで特集を組まれたる事があります。

土用の期間にうなぎを食べるのは「夏」にが多く、主に夏バテや疲れやすくならない
ために食べらているのですが、

最近では冬にも「土用の丑の日」があり、うなぎを食べよう!とイベントや宣伝が
目に付きはじめています。
そもそも冬に土用の丑の日はあるのか?なぜ冬の土用の丑の日にうなぎなのか?

スポンサードリンク


土用とは

土用は1日を指すのではなく土用の期間になり、夏だけではなく各季節に土用の期間
があります。

土用の期間は約18日間、その期間の事を「土旺行事」「土王用事」と言い
この言葉を省略して「土用」と呼ばれています。

各季節の土用には
 「冬の土用」が 1月17日頃から
 「春の土用」が 4月17日頃から
 「夏の土用」が 7月20日頃から
 「秋の土用」が10月20日頃から

季節の終わりから次の季節が始まるまでの期間が土用の期間になります。

丑の日

方位・時刻・年月日は数字を使う前には文字をあてて表していました。
日常的に日を表す事は少なかったのですが、特別な日や行事を行う時には日を表す
必要がありました。

日を表す時に使われていた「干支」干支は十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)
があります。

十二支(じゅうにし)には
 子(ねずみ)丑(うし)寅(とら)卯(うさぎ)辰(たつ)巳(へび)
 午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(いのしし)

「丑」と言われれる日になる「丑の日」は毎月どこかにある事になり
土用の期間にある丑の日を「土用の丑の日」と呼ばれます。

冬の土用の丑の日

冬の土用の期間は 1月17日頃から約18日間
2018年の冬の土用の期間は1月17日~2月3日

土用の最初の日を「土用入」終わりを「土用明」と言います。
冬の土用は寒の土用(かんのどよう)、冬土用とも言われ
丑の日は「寒の土用の丑の日」とも言われています。

冬の土用の丑の日 2018年は1月21日、2月2日

最近になって冬にも土用の丑の日、うなぎを食べる事が取り上げられる理由には
天然のうなぎの旬は冬(10月~12月)、冬を越すために脂肪を蓄え身も柔らかく
栄養も十分になる旬のうなぎはとても美味しくなります。

美味しい時期だからこそ是非食べて欲しい、旬の時期だからうなぎの優れた栄養を
十分に摂って欲しい事から

1998年にうなぎのまちと呼ばれている長野県岡谷市「うなぎのまち岡谷の会」では
「寒の土用の丑の日」を日本記念日協会に記念日として登録しました。

うなぎの生産量が一番多い場所は鹿児島・愛知・宮崎・静岡
天然うなぎでは大分・愛媛・茨城・青森・岡山なのですが、長野県岡谷市がうなぎ
のまちになったのは

長野県岡谷「うなぎのまち岡谷

江戸時代には参勤交代制、各地域の領域の支配を許される貴族が集まる組織の主
地域の殿様・大名は定期的に江戸に行き勤める制度がありました。

江戸を訪れる、江戸から戻る時に殿様にうなぎを出していたと言う文献もある程
長野県岡谷市ではうなぎは庶民でも食べる事が出来る身近な魚でした。

◎うなぎが捕れた長野県岡谷市にある「諏訪湖」
日本で初めて養鰻を始めた場所は静岡県の浜名市、温暖な気候や水などの環境は
うなぎに最適な事から始められます。

もともと静岡の浜名湖・天竜川では天然のうなぎが良く取れて食べられていまし
た。この浜名湖・天竜川につながっているのが長野県岡谷市にある「諏訪湖」

浜名湖・天竜川にいるうなぎが諏訪湖まで流れ着く事で、昔から天然のうなぎが良
く捕れ、食べられていた事で「うなぎのまち」となります。
長野県岡谷市では毎年寒の土用うなぎ祭り開催されています。
 ☞うなぎのまち岡谷 イベント情報 

2012年には、静岡県三島市でも「寒の土用うなぎまつり」が開催されるようになり
ました。☞三島商工会議所 新着情報

丑の日のうなぎ

土用の中の丑の日にうなぎを食べるようになったのは
各季節に付けられている干支・十二支(じゅうにし)・色
 春は「青色」「辰(た)」
 夏は「赤色」「未(ひ)」
 秋は「白色」「戌(い)」
 冬は「黒色」「丑(う)」

そして季節の反対に対応する事が良いとされていた事から
 夏は「赤色」「未(ひ)」 ⇔ 冬は「黒色」「丑(う)」になる事から
 夏は「黒色」「丑(う)」 ・ 冬は「赤色」「未(ひ)」になります。

夏には黒色のうの付く食べ物になった「うなぎ」が食べられるようになります。
これを基準にした場合には冬は赤色のひの付く食べ物や物になります。

寒の丑の日

土用の期間限定ではないのですが、江戸時代頃「小寒」「大寒」の時期は
「寒」の期間になり約1ヶ月設けられていました。この期間の紅を「寒紅」と言
いその紅は品質や発色が良く、唇の荒れや口の中の虫を殺したり子供の病気に良い
言われていたと言う事です。

寒の期間の中の丑と言う日に販売されていた紅を「寒中丑紅」「うし紅」とし
て販売されていました。

寒の期間でもあり土用の期間でもある丑の日には魔除け、魔を払う縁起物「赤」に
なる紅や赤い物をそろえると縁起が良いとされていました。


スポンサードリンク



冬の土用とうなぎ

うなぎが美味しい時期に是非食べて欲しい気持ちから
「冬の土用の丑の日」「寒の土用の丑の日」が生まれます。

うなぎには
 ビタミンA :目の働き、うなぎ1匹で成人の1日量を摂る事が出来ます。
 ビタミンB1:疲労回復
 ビタミンB2:口内炎、髪・皮膚・爪を健康にする

 ビタミンD :骨や歯を維持する
 ビタミンE :老化防止、生活習慣病に効果的

 DHA(ドコサヘキサエン酸) :記憶力・視力の回復、
                心臓病、高血圧、糖尿病、脳卒中、動脈硬化の予防
                悪玉コレステロールを減らす

 EPA(エイコサペンタエン酸):脳梗塞や心筋梗塞の予防、血液の流れを良くする
                コレステロールや中性脂肪を減らす

体に必要なだけではなく、最適な栄養が含まれています。
うなぎを食べると「スタミナが付く」「疲労回復」、脂がのっている等の表現をす
る事から脂肪が多い、カロリーが高い等のイメージがあるのですが

スタミナが付く食べ物になる
 とんかつ100gのカロリーは約344kcal
 ステーキ100gのカロリーは約498 kcal(和牛サーロイン)
 うなぎの蒲焼き100gのカロリーは約293 kcal

丼で比べてみると
 うな重・うな丼では1人分約692kcal
 かつ丼では1人分約922kcal
 牛丼では1人分約708kcal

スタミナが付いてカロリーは低めになります。脂がのっているといっても肉のよう
に脂肪の塊があると言うのではなく、しっとりとした美味しい身になります。

美味しそうに見えるのですが、脂のギトギトにも感じるのは「たれ」
たれで照りを付ける事でおこります。

土用の丑の日

土用の期間は季節ごとにあるので各季節に土用・丑の日があります。
春の土用の期間 2018年の場合は4月17日~5月4日
春の土用の丑の日は4月27日

夏の土用の期間 2017年の場合は7月20日~8月6日
夏の土用の丑の日は2017年は7月20日と8月1日

2017年の夏の土用の丑の日は2回あるのですが、ほとんど場合2回目より1回目の
方が大きく扱われます。

秋の土用の期間 2017年の場合は10月20日~11月6日
秋の土用の丑の日は10月24日と11月5日

春は「青色」「辰(た)」 ⇔ 秋は「白色」「戌(い)」になる事から
春には白色でいのつく食べ物や物、秋は青色で「た」つく食べ物を食べたり
物を揃えると良いようです。
081421_220 勤めている会社では、夏の土用の丑の日が平日や仕事がある場合、みんなでお昼に
うなぎを食べます。
自分で選ぶと言うよりうなぎを食べる必要があると言う感じです。

職場には作業員が多く、夏バテや疲れを心配しての事もあるのですが、
仕事が良い方向に向かう、この時期やこれからの時期の事を思い縁起物として
とても大切な行事の一つになっています。

土用の丑の日のうなぎは去年から冬も行うようになったのですが、従業員とのコミ
ュニケーション的な事もあり半年に一度と言う間隔が丁度良いようです。

スポンサードリンク
 

関連記事

土用の丑の日とは!2018年はいつ?

普段まったく意識をしていなくても、土用が近づいて来るとテレビ・雑誌・広告 スーパーやコンビニエンス

記事を読む

おからダイエットの効果!思わず選んでしまう効果には

ダイエットをする時にくじけそうになる理由に「空腹感」があります。 空腹感を感じにくい食べ物でカロリ

記事を読む

そばアレルギーの症状 わかりやすく解説!

厚生労働省がアレルギーの原因物質として特に指定した品目の中に「そば」 が挙げられています。 そば

記事を読む

赤飯に合うおかずは!おすすめレシピには

赤飯と言えばお誕生日、季節の行事、入学式等、特にお祝い事にはなくては ならない食べ物です。特別な時

記事を読む

玉ねぎを食べ過ぎると!ダイエットの時には!

美味しい玉ねぎを食べだすと止まらなくなり、つい食べ過ぎてしまう時があります。 玉ねぎの栄養の中には

記事を読む

端午の節句ちまきと柏餅の由来には

早い所では2月頃から和菓子屋さんに出ている柏餅、端午の節句のころには粽もお 店に並び出します。

記事を読む

肉は洗う?洗わない!その理由には

育った環境や教えてもらった時のやり方、特に料理の仕方は各家庭、学校や 習い事の先生によって変わる事

記事を読む

おから卯の花の違いには!もう迷わない見分け方!

おからには時々卯の花(うのはな)と言う言葉もでてくる事から、どっち がどっちでどう違うのか、おから

記事を読む

シナモンシュガー作り方は!シナモンスティックの使い方には

シナモンシュガーやシナモンパウダー、シナモンスティック 色々使い分ける事ができる「シナモン」加える

記事を読む

バーベキューの準備食材は!インパクト系からデザートまで

いつものバーベキューの食材でも十分に美味しいのですが 大人だけのメンバーであったり、子供が多かった

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

クリスマス ツリーは手作りがおすすめ!布で作るツリー♪

ハロウィンが終わり11月になるとクリスマスを感じさせる商品やディスプレ

クリスマス リースを手作りで! 簡単でかわいい♪

クリスマスになるとクリスマスツリーは昔から飾っていたように思うのですが

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

→もっと見る