お中元とお歳暮の時期!地域で違う時期には


会社に勤め始めた時、結婚をした時、目上の人やお世話になった時、両親や友達に
お中元やお歳暮を贈ります。自分では適切な時期に贈っているつもりでも実は遅か
ったり届いた時期が早かったりする事があります。

スポンサードリンク


お中元やお歳暮の時期は地方によって違う、2週間程前後する場合があります。

目 次
お中元お歳暮の時期
 お中元の時期 お歳暮の時期
 お中元と暑中見舞い 贈る場合
▪お中元とお歳暮の意味
 お中元 お歳暮

お中元お歳暮の時期

お中元 お歳暮
北海道 7月15日から8月15日 12月10日から12月20日
東北地方 7月1日から7月15日 12月10日から12月20日
北陸・甲信越地方 7月1日から7月15日 12月10日から12月20日
関東地方 6月下旬から7月15日 12月1日から12月20日

お中元 お歳暮
中部地方 7月15日から8月15日 12月10日から12月20日
関西地方 7月15日から8月15日 12月10日から12月20日
中国地方 7月15日から8月15日 12月10日から12月20日

お中元 お歳暮
四国地方 7月15日から8月15日 12月10日から12月20日
九州地方 8月初旬から8月15日 12月10日から12月20日
沖縄 7月初旬から7月15日 12月初旬から12月25日

お中元の時期

ほとんど地域は7月15日から8月15日になるのですが、住んでい地域でも変わります。
北海道の場合は7月15日から8月15日ですが関東方面から移動してくる人が多い事で
7月1日から7月15日頃に届く事が多くなるようです。

北陸・甲信越地方では地域によって7月15日から8月15日、7月中、8月等がある事から
地域での時期を調べるようにします。

中部地方は7月15日から8月15日なのですが、関東方面から移動してくる人が多くな
る事で関東地方の時期7月1日から7月15日頃に届き始める事もあります。

近畿地方も7月15日から8月15日が一般的ですが、年々早くなる傾向になり7月15日に
は届いている事が多くなり、九州地方も早まる傾向があります。

お歳暮の時期

関東地方と沖縄は12月1日から12月20日になり、ほとんどの場合は12月10日から12
月20日になるのですが、年末に近づくほど忙しくなることから全体的に早まり12月
中旬には届く事が多くなります。


お中元とお歳暮の早い、遅いの違いには新暦で行う、旧暦で行う事で違いが生まて
いるのですが、お中元もお歳暮も会社関係が多くなる事から会社のある場所での時
期や、住んでいる場所でも他の地域からの人が多なると時期が変わります。

お中元とお歳暮の期間内に贈る事がマナーになるのですが、地域や会社での時期は
早かった場合もあります。もし遅れてしまった場合には「のし」の言葉を変えるだ
けで遅れた事が失礼になる事はありません。

◎お中元の場合
7月15日までに届く必要があった場合は
▪7月15日までは「御中元」
▪7月15日を過ぎ8月7日(立秋)頃まで
 「暑中お見舞い」「暑中御伺(おうかがい)」
▪以降は「残暑お見舞い」窶au残暑御伺(おうかがい)」

8月15日までに届く必要があった場合は
▪8月15日まで「御中元」
▪以降は「残暑お見舞い」窶au残暑御伺(おうかがい)」

目上の方には「暑中御伺(おうかがい)」「残暑御伺(おうかがい)」を使用します。

のし ◎お歳暮の場合
お正月から1月7日(松の内)までに贈るようにします。その場合は「御年賀」になり
ます。それ以降は2月4日(立春)までは「寒中見舞い」「寒中御伺」で贈ります。
※目上の方に2月4日(立春)までに贈る場合は「寒中御伺」を使用します。

御歳暮のし_550

お中元と暑中見舞い

暑中お見舞いには3つの時期があります。
▪小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)
▪夏の土用の時期7月20日頃~
▪梅雨が明け

暑中お見舞いを出す目的は「夏の暑さが厳しい時期の安否を尋ねる事」になります。
暑さが厳しくなった時期、梅雨明けから厳しいようであれば梅雨明け、7月中旬頃
から厳しくなった時期に出すようにします。

残暑お見舞いは暑中お見舞いの時期が過ぎてしまった場合、立秋の8月7日頃から8月
末までに出します。

暑中お見舞いの頃にはお中元もあり、7月15日から8月15日がお中元の時期の場合暑
中お見舞いは出す方が良いのかどうか悩むのですが、お中元を出す場合は出しても
出さなくてもどちらでも良くなります。

お中元に送り状を入れる場合やお中元をいただいた時のお礼状に、暑さが厳しい時
期の安否の言葉入れるようにし暑中お見舞いの変わりにする場合もあります。

お中元が早い時期の場合もどちらでも良くなりますが、暑くなる時期と大きくずれ
る場合が暑中お見舞いを出す方が自然かもしれません。

どちらの場合も悩んでいる時は会社や友達、地域で対応が変わる事が多くなるので
周りの人にその場所での対応を聞いてみる事をおすすめします。

贈る場合

お中元もお歳暮も継続的に贈る事になります。その時だけの感謝の気持ちの贈り物
になる場合はのしを「お中元」「お歳暮」ではなく「御礼」にします。

お中元とお歳暮をどちらかひとつにしたい場合はお歳暮を贈るようにします。お中
元もお歳暮も贈られて来る場合は両方贈るようにし、贈る場合は中元よりお歳暮を
少し高価な物にします。

金額の相場は知人や友人は3,000円から5,000円、目上の方5,000円
上司や仲人は5,000円、特別にお世話になった方には1万円前後になります。


スポンサードリンク



お中元とお歳暮の意味

お中元とお歳暮の意味は、日頃お世話になっている方への「感謝の贈り物」をする事
なりお中元は半年間、お歳暮は1年間の感謝が含まれています。

お中元

お中元は中国の三大宗教「上元・中元・下元」から始まります。上元は1月15日
中元は7月15日、下元は10月15日になり中元は期間ではなく7月15日と言う日を指す
言葉になります。

中国では3人の天神様の誕生日になる事からとても重要な祝日になり、天神様をお
祝いしお供え物をしていました。

日本に伝わった時に中元の7月15日の時期にすでに行われていた盂蘭盆会(うらぼん
え)の仏事と八朔(はっさく)に中元が重なり、中元だけが残ります。

盂蘭盆会(うらぼんえ)は先祖供養の行事の盆になり、その中の「盆礼」に両親や
親戚、近所の人達に供え物をやりとりする習慣があり、地域によっては霊を供養と
同時に生きた魂への供養をする意味で品物をやり取りする所もあるようです。

この習慣が庶民の間にも広がり、庶民の間では八朔(はっさく)農民の間で恩人に
初穂を送る風習と結び付き、武家や公家の間でも広がり日頃お世話になっている人
に感謝の意味で贈り物をするようになります。

お歳暮

年の暮れに年神様(正月に家に来る神様)や先祖の霊に米・餅・魚等の供物を家族
で持ち寄ったことから始まります。

正月を前にして仕事等で帰省出来ない子供や遠方の親戚たちが、先祖の霊を守る本
家の祭壇に備えてもらうために、供物を贈るようになり同時に両親の長寿も願って
贈り物をしていました。

お歳暮には塩鮭・塩ブリの魚が主に贈られていた事から「年取り肴(さかな)」と
言い年越しの食事に必ず出され、塩で加工されている事で長期に保存もできたこと
からとても貴重でありがたいものとされていました。

この習慣がやがて、日頃お世話になっている親類や上司に贈られるようになり現在
の「お歳暮」になります。

お中元やお歳暮に食べ物等の食品が多い理由には、喜ばれる事や贈られても困る事
が少ない事からだけではなく、供え物からの影響があるのかもしれません。
113474_150 お中元の場合は相手に届くのが7月15日頃、お歳暮の場合は12月10日には届くよ
うにするとマナーの範囲になります。(お中元は九州地区は少し遅くなります)

しかし、お中元とお歳暮を贈る時には目上の人や会社関係等が多くなる事から、相
手にとって失礼がないようにすると同時に、お中元とお歳暮について悩んでいると
言う事は贈る側も常識があると思われる事が大切だと感じます。

お中元やお歳暮を贈る時に今住んでいる場所での時期がわからない時には、住んで
いる場所や品物を扱っている百貨店等のお店に聞いてみるようにし、仕事関係であ
れば仕事場での時期を聞くようにします。

お中元やお歳暮を贈る事になる時期はまだ収入が低い場合、家族や子供にお金が必
要になる事が多く少し憂鬱に感じてしまいます。悩んだ時に是非思い出してほしい
事は「感謝の気持ちを形にした物」がお中元やお歳暮になる事。

お中元やお歳暮は規則ではないのですが、贈らないを選ぶより負担がかからない範
囲で感謝の形を品物として贈るようにすると良いように感じてします。

スポンサードリンク
 

関連記事

2017年お盆休みは!新幹線回数券の期間には

暑さが厳しくなってきた時にタイミング良く訪れるお盆休み お盆休みはいつものお休みと違い大切な行事が

記事を読む

2015~2016年 年末年始のお休み 新幹線回数券の期間

年末年始のお休みは ▪海外や国内旅行 ▪お家や田舎で 1年が終わり

記事を読む

スナップエンドウの育て方!プランターで手軽な方法には

タンパク質やカロテン、ビタミンCを豊富に含む緑黄色野菜「スナップエンドウ」 種をまく時期を気を付け

記事を読む

朝顔の種まき時期は! 7月でも大丈夫?

学校の教材にもなっている「朝顔」大きな花と緑の葉が夏を感じさせます。 とても身近に感じる「朝顔」い

記事を読む

節分恵方巻きの由来とは!意外な意味には

今では節分になるとスーパーだけではなく、コンビニエンスストアでも恵方巻きが 販売されていてます。昔

記事を読む

彼岸のお供え物とのしは!使うべき種類には!

彼岸の時期には先祖がいる場所と私たちがいる場所が通じやすい時期になる事から 先祖への感謝と敬う気持

記事を読む

お盆の仏壇飾り 飾り方は!お供えには

お盆は御先祖様を家に連れて帰り供養をする事から宗派や風習によって お盆の時に仏壇飾りをする事があり

記事を読む

京都 葵祭(あおいまつり)2017年!見やすいポイントは!

京都三大祭の一つ「葵祭(あおいまつり)」 昔には「賀茂祭」、または「北の祭」とも呼ばれ 「春日祭

記事を読む

おみくじの順番と平(たいら)!?知るべき事には!

初詣に行くと必ずといっていい程引いてしまう「おみくじ」 内容より気になってしまうおみくじの順番「半

記事を読む

2017年ゴールデンウィークのお休み 新幹線回数券の期間

待ちに待ったゴールデンウィーク、お正月以来やっと訪れる長いお休みです。 寒さも和らぎ、暖かくなって

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

ポインセチアの育て方には!室内屋外で育てる時は

クリスマスが近づくと様々な場所に飾られている「ポインセチア」 鮮やか

クリスマスツリーの由来には!モミの木がクリスマスツリーなのは

12月が近づく頃、クリスマスの雰囲気を感じる時期になると 今年のクリ

クリスマスカラーの配色には!2016年おすすめの配色は

地域や文化、宗教、神話に登場する色には特定の意味を持ち使われる事があり

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じ

新幹線の回数券年末年始使えるの?2016年~2017年では

毎年12月になると1年の早さに驚くと同時に、この12月を乗り越えれば色

→もっと見る