気になる方法・時期・疑問の解決の手助けを目指して

気になるあれこれ。。

ファッション

偏光 サングラス おすすめ!アウトドアで選ぶべきベスト3

投稿日:2019年5月1日 更新日:


真夏の暑い季節、冬の強い日差しそんな時偏光サングラスは欠かせません。
偏光サングラスをかけることによって、光の反射などで見逃しやすい物を、はっきりと
見せてくれます。

それは2枚のレンズの間に特殊なフィルムを入れ、邪魔な光をカットしクリアな視界を
確保するからです。

ちなみに「偏光度」という数値があり、数値が高いほど目が疲れにくくなり、数値が低い
と目が疲れやすくなるので、高い数値のものをできるだけ選んで下さい。
それでは、アウトドアにおすすめ偏光サングラスを紹介して行きます。

偏光サングラスおすすめアウトドアで選ぶべきブランドベスト3

アウトドアに偏光サングラスを選ぶ際に

・おしゃれ
・頑丈
・目のダメージ

色々な要求があると思います。そんなたくさんの要求を兼ね備えるブランドもあります。

最初、購入する際にいい物にすれば長く大切に使います。大切に扱うことはご自身を
守ることに繋がるので重要なことです。

そこで自分にとってなくてはならない一品になりそうなブランドと商品をご紹介します。

オークリー

オークリーは高速・高圧の衝撃にも対応できるほどの耐久性に優れている商品を数多
く出しています。

また、紫外線カット率も驚異の100%をたたき出している全く非の打ちどころないと言っ
ても過言ではないくらいのブランドです。

誰にでも似合うカッコイイデザインの偏光サングラス。もちろんデザインだけではなく、
頑丈さに加え広い視野を確保できるのでロードバイクや登山にも向いています。

スワンズ

スワンズは日本人にも合わせてデザインされている商品が数多く出されています。

・耐熱
・耐寒
・耐衝
・撃性

これらに優れた素材のレンズを使用しています。
フィット感に視野も広くアウトドアにお似合いのブランドです。

視界がクリアになり見やすく、逆光の時には分かりやすいくらいの効果を発揮します。
形状も目の周りを覆うようになっているので、風巻き込みを最大限に抑えてくれます。

スミス

スミスは機能性とファッション性を兼ね備えたラインナップが多く、鼻の部分に非常に
ソフトで着脱可能な部品を採用しています。
ストレスを感じさせないような柔軟さも兼ね備えた商品を揃えているブランドです。

フォルムは曲線で日本人にも全く問題ないフィット感をもたらしています。
きっちり眉までくれる大きめのフレームにスポーツ全般活躍できるフィット感があります。

偏光サングラスおすすめアウトドアで選ぶべきコスパが良いベスト3

ちょっと高い物から始めるのは気が引けるのでコストパフォーマンスで商品を選びたい
という人もいるはずです。

現在では「安い = 悪い」の時代ではありません。十分でいい商品も間違いなく存在し
ます。名前の聞いたことあるがブランドが意外にも控えめな金額で出している商品も
あります。そんな「コスパが良い」商品をご紹介します。

モンベル

モンベルは超軽量・フィット感も最高で収納もコンパクトにできます。
日本人の顔に合わせてデザインされているため違和感なく装着ができます。
また、激しい動きをする場面があっても問題ありません。

超軽量で寒冷地でも問題なく使用することができ、紫外線カット率も99%以上。
初めて使用する人でもずっと使いたくなる商品です。

ポラロイド

ポラロイドはポラロイドカメラで有名なメーカーです。
独自のレンズで高い機能性を発揮するレンズ、歪みのない視界を確保します。
ずれ落ちにくいノーズパッドや軽量であることも魅力な商品があります。

有害な紫外線を全てカット出来るように設計されており、柔軟性・軽量・衝撃に強いレン
ズを採用しています。
衝撃だけではなく簡単なことでは傷もつきにくいためアウトドアにはもってこいの商品です。

L.S.D.Designs

L.S.D.Designsは豊富なカラー展開をしており、大きなレンズで光の入り込みを防
いでくれています。

確かなフィット感とクリアな視界を保つことで目への負担も軽減してくれます。
長時間活動す るならオススメできるブランドです。

クリアな視界を確保し、反射光もしっかりとカットしてくれます。
ノーズパッドのはズレを防いでくれるラバーパッドが設置されています。

アウトドアに使う偏光サングラス選び方

どのような目的で使うかにより基準は変わってきます。
あまり激しく動かないのであれば、しっかりしたフィット感を重要視しなくて、おしゃれを
や普段使い中心に考えても問題ないと思います。

しかし目をしっかり守るということはとても大切です。
紫外線のカット率などはしっかりと確認をします。

寒冷地に行くのか暑いときに使用するかの差もあるので使用時期・場所も踏まえて選ぶ
ことも重要です。

特に寒冷地対策がされてないようなら、使えなくなる可能性もあるので注意して下さい。

なにより一番は装着してみてご自身にあったサイズ・フィット感をしっかり確かめ、
アウトドアを満喫できるようにすることが一番です。
できるだけお店で試してから購入する方が安心です。

-ファッション

Copyright© 気になるあれこれ。。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.