気になる方法・時期・疑問の解決の手助けを目指して

気になるあれこれ。。

洗濯

洗濯物の臭い対策!嫌なニオイの攻略に効果的な解決策とは

2019年7月28日

洗った洗濯物から嫌なニオイが…。
梅雨時期や雨の日の洗濯はとっても憂鬱ですよね。

臭いの原因は「菌の繁殖」によるものです。

菌を繁殖させないためには、汚れをきちんと落として、菌が繁殖する前に早く乾かすこと
が大切です。

生乾き臭の他にも、酸っぱいような臭いや、強すぎる洗剤や柔軟剤の染みついた嫌な臭い
など、洗濯物の不快なニオイに悩まされている人も多いはずです。

今回は、洗濯前から干すまでの過程でできる、臭いを発生させないための対策、洗剤の使
い分け方法、部屋干しのコツなどをご紹介していきます。

洗濯物の嫌な臭いを防ぐ対策:洗濯をする時

脱いだ服や靴下、使用後のタオルなどは洗濯をする翌日までどのようにして置いていますか?
菌の繁殖を極力抑えるためには、洗濯を行なうまでにするべき対策があります。

洗濯前の対策

ポイント

・脱いだ洗濯物は洗濯するまで「洗濯かご(ランドリーバスケット)」などに入れて
 おく。

脱いだ服や靴下をそのままポイっと洗濯機に放り込み、洗濯かご代わりにしている人も多
いはずです。

実はコレも菌を繁殖させ、洗濯物を臭くさせている原因です。

洗濯機の中は湿度が高く通気性も良くないため、菌にとっては絶好の環境なのでどんどん
繁殖してしまいます。

「洗濯かご」といっても色々な種類がありますが、おすすめはプラスチック製やポリプロ
ピレン製、またはステンレスやスチールワイヤー製のものです。

さらに、目の粗いメッシュタイプで通気性が良いものを選ぶことで菌の繁殖を抑えること
ができます。

布製やラタンなどの天然素材でできたものは、中身が見えない点では好まれていますが、
湿気に弱くカビが生えやすいのでおすすめしません。

ポイント

・使った後のバスタオルなど濡れているものは、洗濯をするまで干しておく。

菌の繁殖は、濡れている状態で長時間置いておくことで進行してしまいます。
使った後の濡れたバスタオルは、洗濯するまでの間、洗面所やお風呂場などでハンガーに
かけて仮干しをしましょう。

バスタオルに限らず、濡れた状態のフェイスタオルや布巾、汗をかいたスポーツウェアな
ども同じように干しておきましょう。

洗濯時の対策

ポイント

・洗濯物は一度にたくさん入れすぎない。

洗濯物を入れすぎると、汚れが十分に落ちない上に洗剤も残ってしまうので注意が必要です。
目安として、洗濯機の容量の7割程度に抑えましょう。

ポイント

・洗剤の量は規定量を守る。

汚れがよく落ちるようにと洗剤を多めに入れては逆効果です。

洗剤が多すぎるとすすいでも洗剤が落ち切れていないことも多く、衣類を傷めてしまう上
に、洗剤臭くなってしまったり、お肌トラブルを起こす原因にもなりますので注意しましょう。

ポイント

・お風呂の残り湯を使用する場合は、「すすぎ」は必ず水道水を使う。

節水のためにお風呂の残り湯を洗濯に使う家庭も多いですが、使用するのは「洗い」だけ
にし、「すすぎ」は水道水を使用しましょう。
また、残り湯をくみ上げるポンプをキレイに掃除することも大切です。

ポイント

・酸素系漂白剤(オキシオクリーンなど)、重曹、クエン酸を使用する。

漂白剤や重曹などを使って、嫌な臭いを消す方法、洗濯前に行う対処法など次項で紹介
していきます。

スポンサーリンク

洗剤の使い分けで臭いを防ぐ・臭いを消す

普段の洗濯で使用する洗剤

洗濯洗剤は、粉洗剤と液体洗剤があります。

粉洗剤はアルカリ性なので、衣類に付いた泥汚れを落とすには優れていますが、皮脂汚れ
などが多い洗濯物には液体洗剤が適しています。

液体洗剤には「界面活性剤」が多く含まれていることで、皮脂に洗剤が浸透し汚れを落ち
やすくする効果があるからです。

弱アルカリ性

最も汚れが落ちる。皮脂や食べこぼしなど酸性の汚れを落とす。

中性

衣類にやさしいのでオシャレ着洗いに。

弱酸性

お肌にやさしい。水垢や尿汚れなどのアルカリ性の汚れを落とす。

洗浄力を高めたいなら、プラスαの性能がついたものを選ぶと良いでしょう。

例えば、「漂白剤入り」と書かれた洗剤は除菌消臭効果が高く、「抗菌・殺菌」と謳った
洗剤も生乾き臭を防ぐ高い効果が期待できます。

「高浸透洗浄成分」が配合されている洗剤は、しっかり汚れを落としたい、汗でびっしょ
りのウェアや靴下などの漬けおき洗いなどに適しています。

複雑な形をしている靴下は、汚れが取れにくく残ってしまうことで嫌な臭いがすることが
あります。洗濯機で洗う前に漬けおき洗いをすることで臭いを防ぐことができます。

また、「蛍光増白剤」という言葉もよく目にしますよね。

蛍光増白剤とは、白さを保ちたい真っ白のタオルやYシャツなどを洗う際に適した成分な
ので、消臭を目的としたものではありません。色の濃い衣類やパステルカラーの衣類は変
色してしまう可能性があるので、「蛍光増白剤フリー洗剤」を選びましょう。

スポーツ専用洗剤(スポルネンなど)

汗をびっしょりかいたスポーツウェアの臭いがなかなか落ちない場合におすすめなのが
「スポーツウェア専用洗剤」です。

スポーツウェアは速乾性のある合成繊維でできているものが多いですが、合成繊維は油脂
を原料にしている繊維なので、皮脂など油性の汚れと結合し臭いが落ちにくくなってしま
う特徴があります。

「スポーツウェア専用」に作れた洗剤には、合成繊維に付着した皮脂汚れを強力に落とす成
分が配合されているので、洗いあがりはスッキリと臭いがなくなります。

重曹+クエン酸スプレー

重曹

重曹(別名:炭酸水素ナトリウム)は水に混ぜるとアルカリ性になり、皮脂汚れ
など酸性の汚れを落とす効果や静菌作用があります。

クエン酸

クエン酸は柑橘類に含まれるすっぱい成分で水に混ぜると酸性になり、石鹸カ
スや水垢などのアルカリ性の汚れを落とす効果や菌の増殖を抑
える殺菌効果があります。

この効果を利用して、重曹を水で溶いたペーストとクエン酸を水に溶かしたスプレーを
それぞれ用意し、臭いが気になる洗濯物の臭いを消す法があります。

【方法】

    1.重曹を水で溶いてペースト状にします。
    2.水200mlに対し小さじ1のクエン酸をスプレーボトルに入れて混ぜ合わせ
     「クエン酸水」を作ります。
    3.臭いが気になる部分に、水で溶いてペースト状にした重曹を塗り込み、
     揉んで浸透させます。
    4.クエン酸水をその上から吹きかけ15分ほど放置します。
    5.他の洗濯物を一緒に洗濯機でいつものように洗います。

液体酸素系漂白剤(ワイドハイターEXパワーなど)

「ワイドハイター」などの酸素系漂白剤は、酸素の力によって繊維の奥の汚れや菌を分解
して落とす、漂白、除菌、消臭効果があります。

塩素系漂白剤の「ハイター」とは異なり、色柄物にも使える漂白剤です。
洗濯の際に洗剤と一緒に入れるだけなので、臭い予防に手軽に使用できます。

洗濯の度に毎回入れる派の人も多いようですが、やはり衣類への負担は少なからずかかっ
てしまい衣服を傷めてしまう原因です。

そのため、部屋干しの時や時間が経った洗濯物がある時など、必要な時にだけ使用するこ
とをおすすめします。

粉末酸素系漂白剤(オキシオクリーンなど)

粉末タイプの酸素系漂白剤には主成分として「過炭酸ナトリウム」が含まれています。

水に溶かしたときに発生する活性酸素によって汚れを剥がし落とし、漂白、除菌、消臭効
果を発揮します。

液体タイプの酸素系漂白剤よりも漂白力(除菌力)が高く、油汚れを強力分解するので、
生乾き臭や皮脂臭などの嫌な臭いを消す手段としておすすめです。

粉末タイプの酸素系漂白剤の中でも特に人気の高い「オキシオクリーン」を使った「オキ
シ漬け」の方法をご紹介します。

【方法】

    1.40~60℃のお湯にオキシオクリーンをよく溶かします。※お湯4Lに対して
     キャップ1杯(約28g)
    2.最大6時間漬けおきをします。
    3.洗濯機でいつもの洗濯洗剤を入れて洗濯します。

大量に汗をかいた衣類や濡れたタオルなど、すぐに洗濯するのはなかなか難しいですよ
ね。洗濯が翌日になる場合は、すでに臭いが発生していることも…。

そんな時には、洗濯機で洗う前に漂白剤で漬け置きをし、その日の洗濯でしっかり臭いを
取り除きましょう。
また、洗濯機で洗う際にいつもの洗剤と合わせて酸素系漂白剤を使うことも効果的です。

洗濯物の嫌な臭いを防ぐ対策:干す時

干し方のコツ

まず大切なことは、「洗濯が終わったらすぐに干すこと」です。

洗濯機の中に放置している間にせっかく洗った洗濯物に細菌が繁殖してしまいます。
厚手のタオルや綿100%のズボン、パーカーなどは特に乾きにくい素材のため、洗濯物が
濡れている時間がその分長くなり、臭いを発しやすくなります。

素材だけではなくフードやポケットなど重なる部分が多いほど、乾きにくくなるので、次
のように干し方を工夫して対策をとりましょう。

・乾きにくいバスタオルは角ハンガーで囲み干しをする。

バスタオルのおすすめの干し方はたくさんピンチがついた角ハンガーを使った「囲み干
し」です。内側にも空気が触れるので乾きやすくなります。

バスタオルは乾きにくい上に干す際に場所を取ってしまうなどの理由から、小さめのタオル
を数枚使って代用する人も多いようです。

・「パーカーハンガー」「ジーンズハンガー」などを利用して重なり合う部分を
 なるべくなくす。

パーカーは、フード部分が乾きやすい専用のパーカーハンガーを使用することで、乾きや
すくなります。

100円ショップやニトリ、カインズなどで手軽に手に入るのでいくつか持っていると便利です。
ポケットが付いた衣類やジーンズは、裏返して干すとポケット部分などが乾きやすくなります。

また、ジーンズなどのズボンはウエスト部分を開いて筒状にして干せるペンチが4つ付いた
ハンガーを使うと通気性を上げることができます。

・干す際に洗濯物同士をくっつけすぎず空間をあける。

ハンガー干しは、空気の通り道を作るために、10㎝程度の間をあけましょう。
角ハンガー干しは、長いものを外側にし、短いものを内側に干して横から見た時にアーチ
状になるようにすると早く乾きます。

部屋干しのコツ

・部屋干しをする場合は扇風機やサーキュレーターで風の流れを作る。

角度を真上にも向けることができるサーキュレーターは扇風機に比べ風量も強く洗濯物を
早く乾かすにもとても便利です。

扇風機でも首を回して全体に風があたるようにすれば、十分効果的に乾かすことができます。
また、除湿器やエアコンの除湿運転を同時に行うことでさらに早く乾かすことができるので
おすすめです。

・部屋干しをする場合は、換気しながら部屋の中央など空気が動きやすい場所を
 選ぶ。

窓を2カ所以上開けて空気の流れを作り、なるべく部屋の中央で上の方に干すと乾きやす
くなります。部屋の壁側は空気の通りが良くないので、カーテンレールに干すのはNGです。
窓を閉め切る場合は換気扇を回しておきましょう。

強すぎる柔軟剤のニオイ対策

最近は色々な香りの柔軟剤が販売されていて、着ている時も良い香りを感じるほどの持続
効果が好まれている傾向です。

香りは、気分や好みによって感じ方は様々です。

香りの強いものは、周りの人からは「柔軟剤臭い」と思われている可能性もありますので
注意が必要です。

柔軟剤は、衣類やタオルを柔らかくして良い香りをつけるためのものですが、消臭抗菌効
果や速乾性を高める効果などがプラスされた製品もあります。

正しく適量を守って効果を発揮できるように使用しましょう。

柔軟剤の中でも、海外製の柔軟剤(ダウニーなど)のニオイは特に強くなかなか取れませ
ん。譲り受けた衣類や古着屋店で買った衣類など、強い柔軟剤のニオイが染み付いてし
まっていることもありますよね。

そんな場合におすすめの柔軟剤のニオイを落とす方法を紹介します。

【方法】

    1.40℃くらいのぬるま湯1ℓに対して、重曹を大さじ2~3溶かし入れます。
    2.その中に柔軟剤のニオイを消したい衣類を数時間~一晩漬けこみます。
    3.普段通りに洗剤を入れた洗濯機で洗います。
    4.日が当たる風通しの良いところで干します。

※重曹の他に「クエン酸」「酸素系漂白剤」を使って漬けこむ方法も効果的です。

汚れをしっかり落として、早く乾かすことで菌の繁殖を防ぐ方法を紹介してきました。

汚れを落とすために選ぶ洗剤や漂白剤は、洗浄力や漂白力が高ければその分、菌の繁殖も
防ぐことができます。

ただし、それは衣類に与えるダメージも大きくなるということです。

臭いが発生しやすい洗濯物は、今回紹介した方法で酸素系漂白剤を使って洗濯前に漬け置
きをするなど単独でケアをすることをおすすめします。

そして、洗濯する前と洗濯した後の干し方なども今回の内容を参考にぜひ実践してみてく
ださい。

-洗濯

Copyright© 気になるあれこれ。。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.