*

日焼け止め効果の時間は!選ぶべき日焼け止めは

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今では1年中使う事が多い「日焼け止め」
日焼け止めを選ぶ時には必ず記入している「SPA」「PA+」
数字や + の数には種類があり、数値が大きく+が多い物を購入すれば良いと感じて
しまいます。

スポンサーリンク

日焼け止めを選ぶ時や使う時には
 家や学校、職場の日常生活で
 海や山、公園等

場所で分けた方が肌に負担をかけにくく、日焼け止めを効果的に使う事が出来ます。
肌に負担がかかるからと言って日焼け止めを塗らない方が良いのかと言うとそうで
はなく、日焼け止めは塗らないより塗った方が肌を守る事が出来ます。

◎目 次
紫外線  UVA・UVB・UVC
日焼け止め「SPA」効果と時間
日焼け止め「PA」「+」効果と時間
天然成分の日焼け止め効果と時間

紫外線

日焼けをしてしまう「紫外線」にはUVA・UVB・UVCと言う種類があります。

▪UVA
UVAは「ハリ」「弾力」「シミの原因」
季節や天気関係なくいつも浴びている紫外線になり
紫外線の約9割が「UVA」になります。

曇りの日に外にいたからと言って日焼けを感じる事がないように、すぐに皮膚が黒
くなるのではなく蓄積する事でメラニン色素を酸化させ黒くし、ハリや弾力を無く
します。

▪UVB
UVBは「炎症」「シミ」「ソバカス」
UVBはオゾン層によって吸収されるため地球に到着するのは約1割ほどなのですが
肌への影響が強く日焼けした時に起る皮膚が「赤くなる」「痛みがある」日焼けの
原因はUVBが影響しています。

日焼け止めを使う時はUVBを防ぐ事が重要になり、特にUVBが多い季節に日焼け止め
を塗る事が重要です。
hiyake uva uvb 250
▪UVC
オゾン層で守られているため地球には到達する事はありません。
UVCは生体に対しての破壊力は強いため地球に到達してしまうとあらゆる生物に影響
します。

日焼け止め「SPA」効果と時間

SPAは紫外線防御指数のSun Protection Factorを略した言葉になります。
主にUVBを防ぐのに効果があります。
SPAが1の場合20~25分日焼け止めの効果があります。

SPA1 20分~25分
SPA10 約3時間~4時間
SPA15 約5時間~6時間
SPA20 約6時間30分~8時間
SPA25 約8時間~10時間30分
SPA30 約10時間~12時間30分
SPA35 約11時間30分~14時間30分
SPA40 約13時間~16時間40分
SPA45 約15時間~18時間45分
SPA50 約16時間40分~20時間50分

SPA50以上はSPA50に「+」追加した「SPA50+」の表示に統一されています。
SPA50+はSPA50より長くUVBを防いでくれます。

1平方センチメートルに2mgを塗った場合この時間で防いでくれると言う意味に
なります。1平方センチメートルに2mgが減る状態(汗や水、湿度等)や2mg塗っ
ていない場合は効果の時間は減ってしまいます。

そして、SPA20とSPA30を重ねて塗ってもSPA50の効果にはなりません。

日焼け止め「PA」「+」効果と時間

PAはUVAをどれぐらい防ぐ事が出来るかと言う意味になり
Protection grade of UVAを略した言葉です。「PA」だけで表示される事はなく
必ず「+」が付き、数で効果の強さを表しています。

PA+ UVAに対して防止する効果がある
PA++ UVAに対して防止する効果が高い
PA+++ UVAに対して防止する効果が非常に高い
PA++++(PA4+) UVAに対して防止する効果が極めて高い

20時間50分以上紫外線から守ってくれる「UVA50+」
UVAをしっかり防ぐ「PA++++(PA4+)」
「SPA50+PA++++(PA4+)」が日焼け止めの中で最強と言う事になります。

天然成分の日焼け止め効果と時間

天然成分に日焼け止め効果があると言われている物には
 オリーブオイル (SPA2~8)
 ココナッツオイル(SPA2~8)
 シアバター   (SPA3~6)
 アーモンドオイル(SPA5)
 ホホバオイル  (SPA4)

UVBを防ぐと言うよりUVBに効果があり、UVAへの効果はありません。
UVBへの効果にはUVBを遅らせる、皮膚が赤くなったりヒリヒリと痛くなる
皮膚が黒くなる前の症状まで時間がかかるようにします。

残念ながらこれらの天然オイルだけではUVA・UVBをしっかり防ぐ事が出来ません。
日焼け止めと一緒に使う事で日焼けを防止しながらオイルの栄養と成分で
肌のごわつきを感じにくくなったり、潤いを加わえてくれます。
 
 各オイルの効能は
 ☞「日焼け止めノンシリコンは!肌に優しい日焼け止めには」

SPFが比較的高い天然成分には
キャロットシードオイル        (SPA38~40)
ウィートジャ-ムオイル・小麦胚芽オイル(SPA20)
アボカドオイル            (SPA15)

UVAもUVBも防いでくれる天然成分は
レッドラズベリーシードオイル「SPA25~50」「PA++」
成分に質によってはSPA25~50、PA++だと言われています。

ラズベリーシドオイルの成分「カテロイド」が紫外線防止効果があり
紫外線散乱剤の酸化チタンと同じ作用があると言われています。

オリーブオイル SPA2~8 約40分~2時間30分
ココナッツオイル SPA2~8 約40分~2時間30分
シアバター SPA3~6 約1時間~2時間
アーモンドオイル SPA5 約1時間30分
ホホバオイル SPA4 約1時間20分
キャロットシードオイル SPA38~40 約12時間30分~13時間
ウィートジャ-ムオイル
小麦胚芽オイル
SPA20 約6時間40分
アボカドオイル SPA15 約5時間
レッドラズベリーシード
オイル
SPA25~50 
PA++
約8時間20分~16時間40分

187932 220

時間も長く、紫外線UVA・UVBをしっかり防止する「SPA50+PA++++(PA4+)」
さえ持っていれば良いように思うのですが

SPAの数字とPAの+が多くなるほど肌に負担がかかりやすくなる事から
日焼け止めは使い分ける事が必要になります。

使ってみた時やいつの間には日焼け止めの成分が入っていた商品や化粧品の場合
SPAやPAが小さい物が多く、いつもと変わりなく使う事ができているはずです。

最近ではSPAやPAが大きくなっても使いやすい物もあるのですが、使い心地が悪く
感じる事もあるはずです。

使い心地に影響がある成分「紫外線吸収剤」
紫外線UVA・UVBをしっかり防いでくれるのですが
「乾燥しやすい」「ごわつく」「肌にトラブルが起きやすい」等があります。

天然成分には「紫外線吸収剤」が入っていので天然成分だけを日焼け止めとして
使う方が良いのではと思ってしまうのですが

天然成分を使う時にはオイルその物を使うのではなく
キャリアオイル等の他のオイルや精製水と一緒に作ります。

 1gだけでも日焼け止めの効果があるのか
 日焼け止めの効果には何g必要なのか

明確な量は表示される事は少なく、効果はあるのですが完全に紫外線を防止する事
が出来る程安定させるのは難しいようです。

ほとんど家や建物の中で過ごす場合は天然成分のオイルだけでも良いかもしれませ
ん。しかし少しでも太陽の下で過ごす時には天然成分のオイルだけでは紫外線をし
っかり防止する事は難しくなります。

使い分けと塗り直し

肌への負担を考えた場合、日常的に日焼け止めを使う場合は
「紫外線吸収剤」が入っていない日焼け止めでも効果がある事から

仕事や学校、日常生活では「SPA30以下 PA++以下」
海や山、公園等太陽の下に長い時間いる場合は「SPA30以上 PA+++以上」
天然成分のオイルを使う場合は必ず「日焼け止めと一緒に使う」
紫外線を防止出来る時間以上や
日焼け止めが取れているかもしれない事から「塗り直し」

汗や水に対して取れやすい事はわかるのですが、手で触っていたり、服で擦ってい
たり、目に見えない肌を潤いしている汗でも日焼け止めはつけた時より落ちている事
が多くあります。

「塗り直し」は「SPA」や「PA」大きさより一番大切だと言われています。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサーリンク
 

関連記事

足の臭い消す方法!試し価値あるおすすめ7選!

汗をかく季節の靴の中の汗、寒い時期になるとブーツの中の蒸れ、季節に関係な く足の臭いは気になります

記事を読む

かゆみ止めの飲み薬市販で選ぶなら!薬の違いには

かゆみを感じるといずれ気にならなくなると思い、そのままにしたり これ以上かゆみがひどくならないよう

記事を読む

部屋の湿気対策には!ポイントを押さえて確認する事は!

梅雨の季節や雨の多くなる時の湿気、暖房器具や加湿器を使う事で起こる結露 部屋の中で湿気を増やす事に

記事を読む

家庭訪問のマナー玄関は!座る位置はどこ?

新学期が始まる4月、ゴールデンウィークも近くなる5月になると 家庭訪問が行われます。 最近ではご

記事を読む

職場のめんどくさい女性おばさんのうざい特徴は

仕事をする場所、仕事をしてお給料をもらっている職場で 「気持ちよく仕事をさせてください」と思わ

記事を読む

新陳代謝を上げる方法は!新陳代謝とは

最近なんだかしんどい、夜眠れない、手足がとても冷える、肌の調子が良くない もしかしたら新陳代謝が低

記事を読む

髪の静電気対策には!突然の静電気にも安心

取っても取っても顔にまとわりつく髪の毛 急いでトイレに駆け込み髪を濡らしてどうにか静電気を 取ろ

記事を読む

染み抜き方法は!ボールペン等ペンマジックの染みには

学校や仕事だけではなく家庭でも何かを記入する時や宅配のサイン等何かと使う事が 多い「ボールペン」や

記事を読む

赤い小さい虫の駆除方法は!赤い小さい虫とは

いつの頃から窓やベランダで見るようになった「赤い小さい虫」 寒い冬が終わり暖かくなる、窓を開けて過

記事を読む

トイレの結露対策は!トイレタンクの結露には

雨が多い日や梅雨の季節だけではなく、台風が多い9月頃から冬の寒さを感じる 11月頃に入るとトイレの

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. […]     天然成分の日焼け止め効果と時間の参考に     「日焼け止め効果の時間は!選ぶべき日焼け止めは」 […]

  2. […]     天然成分の日焼け止め効果と時間の参考に     「日焼け止め効果の時間は!選ぶべき日焼け止めは」 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

ラップタオル子供のおすすめ 男の子女の子のラップタオルは

ラップタオルとはプールの授業やスイミング教室、自宅でのお風呂上りに

リネンシャツ洗濯は自宅がいい!しわにしない洗濯方法は

春がすぎたあたりから多く販売されるリネンシャツ、年々暑くなる夏には

スカート 種類 レディースの定番からトレンドのデザインは

1年中、季節関係なくレディースファッションに欠かせないのがスカート

ヨガマットのおすすめ!初心者向き人気ヨガマットをご紹介

ヨガを始めようと思った時に必要なもの、それはヨガウェアとヨガマット

壁紙の汚れ落とし方カビが発生した場合の方法は

湿度が高くなるとカビが発生やすくなります。カビは早めに処置をしない

→もっと見る