気になる方法・時期・疑問の解決の手助けを目指して

気になるあれこれ。。

美容

日焼け止めは効果がない 効果的な方法 正しい知識で日焼け予防

投稿日:2019年6月18日 更新日:


UV対策の必須アイテムと言えば“日焼け止め”ですが、「塗ったのに焼けてしまった」、
「せっかく高価な日焼け止めを買ったのに効果がない」と感じている人は多いのではない
でしょうか。

紫外線がお肌に及ぼす影響は、シミ・しわ・乾燥などのお肌の老化だけではなく皮膚がん
のリスクも高めてしまいます。

それを予防するための対策としては、お肌を日差しから遮断させる方法が一番と言われて
います。日傘を差したり、帽子やサングラス、アームカバーなどで肌の露出を少なくする
方法です。

しかし、現実的に常にそのような格好をして外出はできませんよね。

野外でのスポーツやアウトドアはもちろん、日常の通勤やお出かけには「日焼け止めを塗
ること」は最も手軽な予防策であることは確かです。

焼かないためには、できるだけお肌の露出を抑えた上で、日焼け止めの効果を最大限に
生かしましょう。

今回は、「日焼け止めにはなぜ効果がない?」「乾燥肌は日焼けしやすい?」「正しい使
用方法は?」など様々な疑問についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ日焼け止めに効果がないと感じるのか

「日焼け止めを塗っていたのに焼けてしまった」など効果がないと感じる人が多いのか。
その原因は次のように考えられます。

日焼け止めを塗る量が足りていない

本人は十分だと思っていても、実は足りていない人が意外に多くいます。
日焼け止めの正しい量はお肌1㎠につき2mgです。

例えば、顔の大きさが400㎠だとすると、0.8gの日焼け止めが適量となります。
0.8gは乳液タイプの日焼け止めの場合、1円玉2枚くらいの大きさが目安ですが、
暑くなればなるほど1円玉2枚くらいの量を使っている人は少ないはずです。

この量を守れば、日焼け止めのUVカット効果はきちんと発揮され、さらに塗りムラや塗
り忘れによる部分的な日焼けも予防することができます。

塗った日焼け止めが汗や皮脂などが原因で落ちてしまっている

せっかく日焼け止めを塗っても、汗と一緒に取れてしまったり、汗をぬぐった際にタオル
やハンカチなどの摩擦で取れてしまいます。

また、日焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」は時間と共に効果がなります。
良く「2~3時間おきに塗り直すべき」と言われているのはこのためです。

効果の低い(SPFやPAの数値が低い)日焼け止めを使用している

日焼け止めに表示されているSPFやPA値の見方は後ほど説明しますが、SPFだけでは不十
分なので必ずPA値もチェックしましょう。

一般的な目安としては、日常生活の買い物などで使用する場合にはSPF10~20、PA++
くらいのもので十分ですが、長時間外で過ごすような場合にはSPF30~50、PA++++
が必要と言われています。

数値が高ければ紫外線防御力は高くなりますが、その分お肌にかかる負担は大きくなり
肌荒れを起こす原因にもなるので注意が必要です。

日焼け止めを塗るタイミングが間違っている

外出する直前に日焼け止めを塗っている人は多いのではないでしょうか?

日焼け止めを塗った直後はまだ日焼け止めがお肌に定着していないため効果を発揮するこ
とができません。
外出の30分前に日焼け止めを塗ることがベストなのです。

お肌の保湿が足りていない

「乾燥肌は日焼けしやすい」とも言われていますが、乾燥によってお肌にすき間ができて
ダメージを受けやすい状態になるため、紫外線が奥まで入り込み日焼けしやすくなってし
まいます。

日焼け止めを塗るとお肌が乾燥してしまった経験がある人も多いように、多くの日焼け止
めに含まる紫外線吸収剤によってカサついてしまうことがあります。
こうした悪循環を防ぐためにも毎日の保湿ケアはしっかり行なうことが大切です。

最近では、保湿力がある日焼け止めや紫外線吸収剤を使用しないノンケミカル処方の日
焼け止めも多く販売されています。
敏感肌の人やお肌が荒れている時にはそういった製品の使用をおすすめします。

スポンサーリンク

日焼け止めの効果的な使い方

ポイント

・たっぷり適量を塗り、お出かけ直前ではなく30分前を目安に塗る。
・2~3時間おきに塗り直しをする。
・紫外線防御力(SPFやPA値)の適した日焼け止めを選ぶ。
・UVアイテムの重ね塗りする。

日焼け止めだけではなく、日焼け止め効果のある化粧下地やファンデーション、フェイス
パウダーなどを重ねて使用すると、紫外線を予防する効果がより高くなります。

ただし、SPF30の下地とSPF30のファンデを使用した場合、足してSPF60の効果になる
わけではありません。

しかし、日焼け止めをブロックする層がいくつにも重ねられることで、単品で使用する時
以上の効果は発揮されるということです。

適切な量をムラなく顔に塗る方法

【塗る順番】
1.化粧水
2.乳液
3.日焼け止め 
4.化粧下地 
5.ファンデーション
6.フェイスパウダー

日焼け止めと化粧下地の塗る順番は、ファンデーションのノリや持ちを良くする“化粧下地”
としての効果を生かすには、日焼け止めを先に塗り、その後に化粧下地を塗りましょう。

化粧下地としても使える日焼け止めを使用する場合や、UV効果の高い化粧下地を使用す
る場合はどちらか一方でも大丈夫です。

【塗り方】
1.手のひらに日焼け止めを1円玉1個分とります。
2.おでこ、鼻先、両頬、あごの5点に日焼け止めを乗せる。
3.内側から外側に向かって、優しく丁寧に均一になるように広げていきます。
4.もう一度1円玉1個分を手のひらにとり、重ねづけをする。
紫外線の当たりやすい部分(鼻、頬の高い位置からこめかみまでのWゾーン)などは
厚めに重ねて塗ります。
※鼻の下や耳の横など塗り残しのないように気を付けましょう。

日焼け止めをムラなく体に塗る方法

ムラがないように塗るには、手のひらに取ってから塗るのではなく、日焼け止め容器から
直接お肌に出す方が効果的です。

腕や脚の場合、スーッと一直線上に日焼け止めを出し、手のひらを使って円を描くように
ゆっくりと広げていきます。

日焼け止めの選び方

hiyake uva uvb 250

地表に届く紫外線は「UVA(A波)」と「UVB(B波)」に分けられます。
そして、日焼け止めにはSPFとPAの表示が書かれています。

UVA(紫外線A波)

UVAは、曇りの日でも雨の日でも降り注いでいて、窓ガラスをも透過するため避け
られない紫外線です。
お肌の表皮よりも深い真皮にまで届き、お肌に蓄積的なダメージを与え、やがて
シワ・たるみを引き起こす原因となります。

UVB(紫外線B波)

UVBはお肌に与える作用が強く、短時間で皮膚の表皮に炎症を起こしメラニン
色素を増やしてお肌を黒くします。
メラニン色素が沈着することでシミやそばかすの原因となります。
皮膚がんの発生原因にもなる紫外線です。

 PA

UVA(紫外線A波)を防止する効果を表します。
「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階の「+」マークで表示され、数が
多いほど効果が高いことを示します。

SPF

UVB(紫外線B波)を防止する効果指数を表します。
数値が高いほど効果は高く、最大「50+」と表示され、SPF50以上の効果がある
ことを表します。

日焼け止め効果の時間

日本化粧品工業連合会の実験ではSPF1でUVBを20分カットできると結果が出ています。
SPF1を基準い計算をするとSPF50ではUVBを約16時間カットすることのなりますが、

実際は時間がたつほど塗りムラができたり、日焼け止めの量は減っているので塗り直しが
ない状態での約16時間カットは難しいはずです。

紫外線防止効果(SPF・PA)の目安

SPF10~20/PA++  日常の買い物や散歩
SPF20~30/PA+++ 屋外でのレジャー
SPF30~50、PA++++ 屋外で長時間過ごすスポーツやレジャー

SPFの数値が高くなるほど効果は高くなりますが、その分お肌にかかる負担は大きくなり
ます。このように、利用するシーンによって日焼け止めを使い分けることでお肌への負担
を減らすことができます。

紫外線を防御する成分の特徴

日焼け止めには「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」という原料が使われています。
この2つの成分にはそれぞれ下記のような特徴があります。

紫外線吸収剤

紫外線のエネルギーを熱や赤外線に変換して放出することで、お肌が紫外線を吸収して炎
症を起こすのを予防することができます。

透明なので白浮きせず、高い紫外線防御力がある利点がありますが、お肌への負担は大き
く、湿疹などの症状があらわれる人もいます。

また、効果が働いている内に構造が徐々に壊れる(効果がなくなってくる)ので塗り直し
が必要です。

紫外線散乱剤

光を反射させる粒子を含む成分(二酸化チタンや酸化亜鉛)によって、紫外線をはね返し
日焼けを予防します。

これはファンデーションの色材にも使われる成分なので色は白く、塗ると白浮きしてしま
うのが欠点ですが、刺激が弱く長持ちする点が優れています。

紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めは「ノンケミカル」と表示されます。
敏感肌の人やお肌への負担を抑えたい人はこちらのタイプの日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めの種類

クリームタイプ

しっとりとした保湿力があり、化粧下地として使えるものも多くあります。
しっかりお肌に密着するため落ちにくい性質があります。

ミルク(乳液)タイプ

伸びが良く、比較的お肌に優しいタイプのものが多くあります。

ローションタイプ

化粧水のように液状でサラサラとしていて伸びが良く気軽に使えますが、落ちやすくなり
ます。

ジェルタイプ

さっぱりとみずみずしくサラッとしているのでベタつき感が苦手な人におすすめです。

  

スプレー

塗りにくい背中や首の後ろなどに便利です。髪の毛やストッキングの上からも使えます。

シートタイプ

持ち運びに便利で、サッと濡れるのでお出かけ先での塗り直し用として持っておくと便利です。

パウダータイプ

ベタつかずサラサラに仕上がります。持ち運びにも便利です。

 

飲むタイプ

活性酸素の発生を予防する作用によって体の内側から紫外線対策ができます。
ただし、日焼けそのものを防げるわけではないので注意が必要です。

上記の日焼け止めには顔・からだ用、顔用などがあります。そして日焼け止め効果のある
化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーも多く販売されています。
こちらでは最強、プチプラ、使いやすい、敏感肌での日焼け止めおすすめを

日焼け止めは効果がないと言わせない!おすすめの日焼け止めご紹介

今では1年中使う事が多い「日焼け止め」 数字や + の数には種類があり、数値が大きく+が多い物を購入すれば良いと感じて 購入しても、どうも日焼けしている気がすると感じている人は多いかもしれません。 海 ...

こちらでは日焼け止め効果がある化粧下地、ファンデーション、パウダーのおすすめを紹介
しています。ぜひ参考にしてもらえればと思います。

日焼け止めは効果がない!効果がある 塗り直しも簡単な日焼け止めは

日焼け止めはどうも苦手、日焼け止めを使うと化粧がヨレやすいような気がする。 日焼け止めの大切さはわかってはいますが、まだまだ日焼け止めが苦手、めんどくさいと 感じている人は多いかもしれません。 そして ...

お肌のシワやシミの原因は“老化によるもの”というよりも、“紫外線を浴び続けること”に
よる「光老化」が8割だと言われています。

お肌を焼かないためだけではなく、お肌を光老化から守りシミやしわを作らせないために
も、一年中日焼け止めを塗る必要があります。

秋から冬にかけては、保湿力がありお肌にやさしい刺激が弱いタイプのものを塗るなど、季節
によって使い分けると良いと思います。

日焼け止め対策を怠っていた人も、使い方を間違えていた人も、UV対策の大切さを再認
識し未来のお肌に備えましょう。

-美容

Copyright© 気になるあれこれ。。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.